レディースバドミントンのダブルスの【サーブまわり】と相手を崩す3つのコースとは
レディースバドミントンのダブルスの【サーブまわり】と相手を崩すコースとは
レディースバドミントンのダブルスの【サーブまわり】と相手を崩す3つのコースとは

こんにちは。スゴバドです。「レディースのバドミントンて上手な人たちほどミスをしないけど・・・どうすれば相手を崩せるのかな?」それは・・・

今回はレディースバドミントンのダブルスのサーブまわりと相手を崩すコースとはというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

 

レディースバドミントンのダブルスでは、なぜ相手を崩すことが重要なのか。

レディースバドミントンでは、上手なひとほどミスをしません。これはレディースバドミントンだけでなく、ジュニアにも学生にも一般にも言える事ですが、特にレディースは上手です。

 

なぜ、レディースはミスの量が少ないのか。それは、男性のようなショット力がないというのも、ひとつのポイントです。男性のような強力なショットがないので、ラリーが続きます。

 

ラリーが続くのでミスをしたら負けてしまいます。それなので、レディースバドミントンではミスをしないことが重要になります。そう考えると、レディースバドミントンでは、ミスを誘えないと相手が崩すことができません。

 

 

レディースバドミントンでダブルスでミスを誘う方法

レディースのダブルスで相手のミスを誘うには・・・

  • 二人の間に打つ
  • 前後に揺さぶる
  • 返球しにくい場所を狙う

 

などがあります。

二人の間に打つ

レディースダブルスでは2人の間を狙う事はとても重要になってきます。

2人の間を狙う理由は、2人とも手を出してもらいたいから。

あとは、お見合いといわれる、お互いに見合わせてしまうことが起きやすいからです。

 

お見合いはそのまま得点になるし、2人とも手を出してもらえれば、返球が浅くなったりして、有利にラリーが進みます。

前後に揺さぶる

レディースバドミントンのダブルスでは大きく揺さぶることも戦略のひとつです。

スマッシュを打って強打があることを相手に伝えます。そしてクリアを打って、前にドロップを打つ事で、対戦相手は大きく動く事になります。

これが、同じフォームからスマッシュ・クリア・ドロップが打てると更に効果が大きいです。

返球しにくい場所を狙う。

レディースバドミントンのダブルスではラウンド奧などが特に有効です。

フォア奧に対戦相手がいた場合などにはラウンド奧の返球がとてもあいてを苦しめて、ミスを誘ったり、返球があまくなることがあります。

 

あとは、高めの肩口を狙ったスマッシュもなかなか効果的です。狙ったりコースをつけるコントロールが必要になりますが、とてもレディースバドミントンには有効な手段です。

レディースバドミントンのダブルスサーブでのポイント

レディースのダブルスでは、サーブがとても重要です。

もし、あなたが主導権(サーブ)を打てるなら、対戦相手にもよりますが、大抵の場合はロングサーブもとても有効な手段です。

 

フットワークが追いついていないレディースの選手もいるので、そうしたときにロングサーブで相手揺さぶる事も積極的にやりましょう。

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

今回はレディースバドミントンのダブルスのサーブまわりと相手を崩すコースとはということでお話をしてきました。