バドミントン3つの【ミックス初心者のパターン】男子、女子それぞれの役割

 

バドミントン3つの【ミックス初心者のパターン】男子、女子それぞれの役割
バドミントン3つの【ミックス初心者のパターン】男子、女子それぞれの役割

あなたは、バドミントンのミックスのパターンはありますか?またどのように取り決めなどをされていますか?

今回は3つのミックスパターンを考えて見ました。

勿論これが全てではありません。あなたの参考になれば嬉しいです。

 

ミックスの世界選手権を見ていると、女子のレシーブも凄く、男子がスマッシュを打っても決まらないこともたくさんあります。勿論勉強になることもたくさんありますが、今回は初心者の方からでもできるミックスのパターンということで考えていきたいと思います。

 

ミックスダブルスのパターン1、女子を狙う

 

ミックスのパターンとして、女子を狙うことが良くないとかではなくて、相手のダブルスの中での欠点を狙うと捉えてください。

勿論、レシーブが上手な女子もいますが、基本的には男子のスマッシュをあまり受けていない女子の場合には、攻撃の時に女子を狙って打っていきましょう。

1つのメリットとしては、前衛のパートナーもある程度女子に打つことがわかっていれば、前衛を張りやすい。こんなメリットもあります。

また、女子を狙うと言っても、女子寄りな場所を狙うと男子との重なりが増えたりします。

 

ミックスダブルスのパターン2、男子の前にドロップ

ミックスでパップアンドバックがベースでの対戦相手の場合に特に有効です。

ミックスダブルスでは、トップアンドバックで女子が前、男子が後と役割分担をしているペアもいます。その場合、女子が前にできるだけ早く入りたいものです。

女子を下げるチャンスとしては、こちら側がサービスを打つ場合です。

相手の女子がレシーバーであれば、ロングサーブを打ち、後ろに下げます。

 

一時的にですが、相手はサイドバイサイドになります。

その時に例えば、男子寄りのセンターへドロップをすると、女子は前に入ろうとするし、男子も触りに行こうか迷います。

また、ローテーションをしてくる相手の場合にも、同じようなことができます。

ローテーションだとしても、できる限り女子が前に入るパターンができているペアの場合に有効です。

 

ミックスダブルスのパターン3、真ん中を使う

 

ミックスダブルスでのパターンとして、有効なのは真ん中の使い方です。

特にサイドバイサイドになるペアが対戦相手の場合に、センターへ打つことで、重なりが多くなります。

また、これはスマッシュやドロップなどの攻める際だけではありません。クリアで1本立て直したい場合などにも、非常に有効です。

 

ミックスダブルス日本代表の渡辺・東野ペア

 

ミックスダブルスで世界大会で活躍していて、世界ランキングにも入っている渡辺・東野ペアですが、東野選手は後衛からもジャンピングスマッシュをするし、私たちには全く参考にならない!

そのように思いがちですが、そうではありません。

渡辺選手がより打ちやすいチャンスの時にはしっかりと避けて、男子に強打を打たせる場面も多くあります。

 

世界大会になるとスピードが異次元でただただ凄いと思って終わってしまうこともあるかもしれませんが、それではもったいないです。

 

女子であればどのような態勢でいるのかだけをみているだけでもとても勉強になります。

男子であればチャンスがある時どのようなプレーをしているのか確認していくと良いです。

 

バドミントン3つの【ミックス初心者のパターン】男子、女子それぞれの役割まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、バドミントン3つの【ミックス初心者のパターン】男子、女子それぞれの役割について解説させていただきました。

 

実際にミックスをすると、うまくいかないこともたくさんあると思いますが、1つ1つ繰り返し練習をして、上達をして行けたら良いですよね。

ミックスでは、今回の記事で書いていないパターンのミックスペアも沢山いると思います。

例えば、男子よりも、女子の方がレシーブが強いとか、女子の方がコートカバーができたりなどなど・・・

 

なので、その対戦相手によってこちらのパターンも変えていかなければならないと思います。そう考えると、まずは1つのパターンでも覚えて、対戦相手によって狙う人を変えていくのも良いでしょう。

また、個人ではフォアが苦手な人、反対にバックが苦手な人もいます。その場合には苦手な側にショットを集めると相手からの返球が甘くなったり、ミスに繋がる場合もあると思います。

 

なかなか奥が深いミックスですが、楽しみながら上達できると良いですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。ミックスの関連記事はこちらからどうぞ

関連記事→ バドミントン【ミックス】ダブルスのコツ(戦術)