バドミントンで追い込まれた時やる3つのこと

 

 

バドミントンで追い込まれた時やる3つのこと
バドミントンで追い込まれた時やる3つのこと

こんにちは。スゴバドです。「追い込まれた時にここを打たれると本当にきついな・・・」

今回はバドミントンではやられてきついことをやるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

追い込まれてキツい事

あなたがバドミントンの試合の最中でキツい事はなんでしょうか?

シングルスならば、ラウンド奧に何度もドリブンクリアを打たれてる時でしょうか?

 

それともダブルスで、スマッシュを連続で打たれいて、いきなりドロップがきたときでしょうか?

そんな時に「追い込まれた時にここに打たれるのはキツいよなぁー」とおもってますよね?

実は相手も同じ事をされたらキツいんです。

 

 

よほど、シングルスの時に、4隅をしっかり狙われている方が楽だったりします。

 

 

ダブルスの時もスマッシュを連打されているほうが、動かないので慣れてくれば取れてしまうので、その方が楽だったりします。

 

 

それよりも、同じ事を繰り返し狙われたり、スマッシュを待っていたのに、ドロップが来る事の方が辛いのです。

 

 

あなたの苦手がメリットに変わる

なので、あなたが「ここは苦手だなぁー」て思ったら、そのまま苦手にしないで、「私が苦手な所を狙えば、相手も嫌なんだ」と考えてください。

 

まず、そう考えられるだけで、あなたのレベルアップになっています。

 

そして、それがメリットと感じられる様になれば、ただ、シャトルを打つのではなくて、考えて相手コートに打てる様になります。

 

バドミントンの戦術

バドミントンでの戦術は実は私たちの苦手意識から思いつくものが沢山あります。

バドミントンの戦術では、

 

  • わたしたちが苦手に思う事を相手にもしていくこと。
  • わたしたちが苦手な部分を克服していく。
  • わたしたちの得意な所をのばしていく。

 

この3つからバドミントンでの戦術は強化されていきます。

 

 

また、順番はどのように進んでいっても良いです。

 

苦手なことに嫌々取り組むならば、あなたの得意な事に多く時間を使ってみるのもいいです。

苦手な事を行なったご褒美に、ゲーム練習をしてみたりとプランをたてるのも良いでしょう。そのゲーム練習ではあなたの苦手なショットやコースを相手にしてみる事を「意識」しておこなってみてください。

 

そのほかにも多くの戦術や考え方があります。

 

あなたにあったものを取り入れてみてください。

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

次はトレーニングや練習が辛くて辞めたいとき(追記)

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇