バドミントンの動体視力トレーニング鍛え方(動画テストあり)

 

バドミントンの動体視力トレーニング鍛え方(動画テストあり)
バドミントンの動体視力トレーニング鍛え方(動画テストあり)出典画像:YouTubeより

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントン動体視力トレーニング鍛え方(動画テストあり)というお話をしていきます。

動体視力を鍛えていくことで広い範囲を目線を動かさずにシャトルに触れることが可能になります。動体視力を鍛えるメリットとしては、広範囲で視線がブレないので、ミスが減ります。

動体視力の鍛え方や方法などを解説していきたいと思います。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントンと動体視力

バドミントンでは動体視力は関係するかどうか。インターネットの中では、動体視力は関係ないとしているサイトもあったり、重要だと言っているサイトもあるので、実際にバドミントンに動体視力は必要なのかわからないと思う。そこでスゴバドは更に調べてみました。

バドミントンの動体視力は必要

 

 

 

視覚情報処理能力の相関性という研究をみつけました。視覚情報処理能力の相関性はバドミントンだけではなく、その他のスポーツにも関係してくる。よって、バドミントンには動体視力は重要で必要なものということがわかります。野球のイチローなども動体視力が長けていることはよく知られていることでしょう。野球の場合も投手が投げる球の目が見える事でどう曲がってくるか見えるわけです

勿論、これは動体視力のみが絶対とは言いません。しかし、これをバドミントンに当てはめると、相手が打ってくる瞬間のラケット面などがある程度見える様になれば、フェイントの効いたショットにも対応出来る様になります。

 

バドミントンの動体視力トレーニング鍛え方

これは、バドミントンを続けることで動体視力は向上するようですが、このページに訪れてもらったということは、動体視力向上できる鍛え方をすぐに手に入れたいですよね。バドミントンの鍛え方と同じですが、動体視力トレーニングの鍛え方も継続する事が大切です。継続して行う事で動体視力トレーニングの効果も変わってきます。

今すぐ始められるバドミントン動体視力トレーニングは下のゲームでも鍛えられます。慣れてくると先に進める様になります。是非、この鍛え方で継続して動体視力トレーニングをしてみてください。

 

 

動体視力トレーニングの鍛え方

こちらも同じ様な動体視力トレーニングになります。左から右に流れる文字を読んでいきます。これは、踏切で電車が通るのを待っていて、電車の中の人を見る訓練に似ています。日常でもこうやって動体視力を鍛える事ができます。信号待ちでも、車が通る時に、車のナンバー、運転手の特徴、何人乗っているか。などを次々に見ていくなど、自分んで工夫すれば日常でも動体視力のトレーニングは可能だと思います。

 

 

動体視力を鍛えるのには、その他に日常でも可能です。

日常で出来るようになる動体視力の鍛え方

 

例えば散歩をしている時は、友人と待ち合せをしているときに、車が走っています。車の中に何人人が乗っているかや車のナンバーを通り過ぎるまでに覚えてみたり、すれ違った人のボタンの数を数えたりと色々やれる事もあります。またこうした練習をしていると周辺視野なども鍛える事ができます。

⇒ バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニング

なにも体育館の中だけがトレーニングできる場所なのではなくて、色々な場所でもトレーニングができます。次に体育館でできる動体視力の鍛え方です。

 

シャトルを使った動体視力の鍛え方

 

黒ガチョウの羽を使用したシャトルがあります。そのシャトルは全体的に黒くコルク部分のみが白いのです。なので、とてもシャトルが小さく見えます。そして、スマッシュなども、体感速度が速く感じます。なので、動体視力や集中力を増幅させる練習にもってこいです。

また、とてもリーズナブルで意外に頑丈なので、一度つかってみてください。

 

バドミントンに多くのアスリートが取り入れるビジョントレーニングを導入する

バドミントンに多くのアスリートが取り入れるビジョントレーニングを導入する
バドミントンに多くのアスリートが取り入れるビジョントレーニングを導入する

 

多くのプロアスリートたちをビジョントレーニングで上達させてきた特別視機能研究所 代表 内藤貴雄先生

米国オプトメトリック協会スポーツビジョン部会会米国公認オプトメトリスト。
日本では数少ないドクター・オブ・オプトメトリーの称号を持つ。
92年「特別視機能研究所」を設立。

テレビ出演・著書も多くだされています。(詳細は公式サイトで確認できます)

という経歴の方です。

  • 運動神経に自信がない方
  • 子供の運動神経を引き上げたい方

などに適しています。

 

ビジョントレーニングに興味のある方はこちらから公式サイトをご覧ください。

ビジョントレーニング