バドミントンにインターバルトレーニングを取り入れよう!

バドミントンにインターバルトレーニングを取り入れよう!トレーニングの方法
この記事は約6分で読めます。

バドミントンにインターバルトレーニングを取り入れよう!

こんにちは。スゴバドです。「インターバルトレーニングはとても有効だけど・・・」

今回はバドミントンにインターバルトレーニングを取り入れようというお話をしていきます。2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

今回はバドミントンのインターバルトレーニングについて解説していきます。

バドミントンとインターバルトレーニング

バドミントンとインターバルトレーニング

バドミントンとインターバルトレーニング

 

インターバルトレーニングとは、長距離で走るトレーニングとは別に、短距離で全速力で行うトレーニングのことを言います。バドミントンは以前から持久力が必要と言われていて、長距離走る事を行う練習を多く取り入れている所も多いと思います。

別の観点から、バドミントンは各ショット瞬間的に力入れて打つ事から瞬時にパワーの出せる短距離が適しているのでは?と考えられる様になり、インターバルトレーニングを取り入れる場所も増えてきました。

実際に、他のスポーツを見ていても学校の部活で坂道を短距離でダッシュしてインターバルトレーニングを行っている所もみられます。

バドミントンはインターバルトレーニングのみを行えば良い

バドミントンはインターバルトレーニングのみを行えば良い

バドミントンはインターバルトレーニングのみを行えば良い

バドミントンはインターバルトレーニングだけ行っていればいいんだ。とする社会人コーチもいらっしゃいます。

バドミントンは1ラリー自体は動き続けは必要なものの、バスケットのストップ&ダッシュの要素が多くあり、私個人としては短距離だけ長距離だけではなくて、複合的にインターバルトレーニングも取り入れながら、長距離もやっていくべきかなぁと思っております。(色々なご意見お待ちしております)

 

*つい最近ではインターバルトレーニングを行うことで持久力も上がる事が分かってきている様です。

 

インターバルトレーニングの効果で瞬発力を増幅させよう

インターバルトレーニングの効果で瞬発力を増幅させよう

インターバルトレーニングの効果で瞬発力を増幅させよう

インターバルトレーニングの効果は速筋を鍛える事にあります。速筋を鍛える事により、瞬時にパワーを出せる様になるのが特徴です。また、もうひとつインターバルトレーニングの効果は、疲れにくい身体を作れる様になると言う事です。

バドミントンは無酸素運動としてよく知られていますが、瞬時に動き、瞬時でスマッシュなどを打つなど、バドミントンにとって重要な要素が含まれていることがわかりますね。

また、短距離とも違い、バドミントンでは、ストップアンドゴーを繰り返してラリーをすることから疲れにくい体つくりは必要になるので、インターバルトレーニングが適していることがわかります。

 

インターバルトレーニングはダイエットになるのか?

インターバルトレーニングはダイエットになるのか?

インターバルトレーニングはダイエットになるのか?

インターバルトレーニングはダイエットになるのでしょうか。

運動として、ダイエットにもっとも効果が高いのは有酸素運動とされています。

インターバルトレーニングは、瞬発力を養う運動と瞬時に動き続けても疲れない体作りを行うためのものなので、ダイエットに向いているとは言いにくいです。

しかし、バドミントンは無酸素運動になるので、ダイエットに適してはいないのでそれよりは効果があるのではないでしょうか。

残念ですが、本格的なダイエットのためのインターバルトレーニングとして考えた場合には向いているとは言えないというのが答えになりそうです。

 

 

バドミントンとインターバルトレーニングの発想

 

バドミントンの動きに似せてインターバルトレーニングを取り入れていくことがとても重要になるかと思います。

 

インターバルトレーニングを取り入れて乳酸を逃がせる様な身体を作る事で、バドミントンと同じ時間配分ができるという考えです。

ラリー→数秒の休憩(インターバル)→ラリー→数秒の休憩(インターバル)→ラリー→数秒の休憩(インターバル)→ラリー・・・

と1セットは21点取るまで最大30点取るまでラリーとインターバルの繰り返しです。

つまりこの試合に見立てて行うトレーニングがインターバルトレーニングというわけです。

選手やあなた自身が行う場合、試合を「意識」している練習なんだ。

 

 

ということも話ながら取り組めば、選手やあなたの意識改革になりますし、ハードな練習なので試合の時にもあれだけインターバルトレーニングを行ったから負ける訳がないという自身にも繋がります。

インターバルトレーニングの方法

インターバルトレーニングの方法

インターバルトレーニングの方法

ここではインターバルトレーニングの方法について解説します。
例)200m x 15本 行きに全速力の70~80%で走り、帰りは軽くジョグして元の位置に戻り。を繰り返す。距離や回数や頻度は選手やあなた自身で増やしたり減らしたりしてみてください。

インターバルトレーニングの注意点

心肺機能はは中学生くらいから成長するので、その時期位から取り入れるのが良いとされています。

しかし、インターバルトレーニングの注意点があります。

インターバルトレーニングは負荷を瞬時にかけるトレーニングです。

やり過ぎや無理は故障の原因になります。

特にコーチや監督が取り入れを検討する場合は、自身で試してみるとか、チームメイトと相談して行う事が望ましいです。

インターバルトレーニングで故障が出そうな場合、速やかに選手は休ませましょう。

まとめ

 

今回はバドミントンにインターバルトレーニングを取り入れようということでお話をしてきました。

その他のトレーニングとしては、体幹トレーニングの記事などをご覧ください。

体幹トレーニング

 

バドミントン日本代表(ナショナルチーム)の練習方法

日本代表(ナショナルチーム)の練習方法

上記でお話をしてきたように、インターバルトレーニングなど、実践に近いトレーニングで感覚を普段から養うことが大切だと言うことが重要なことがわかりますね。

日本代表(ナショナルチーム)の練習方法

日本代表の練習でも、同じように実践に近い練習を取り入れられています。私は直接教わったりした訳ではありませんが、日本代表の現役コーチをしている方がDVDを出していることから、日本代表の練習方法を知ることができました。

日本代表(ナショナルチーム)の練習方法

私たちが日本代表の練習を知ることができる世の中になったのですね。

ぜひ、この機会に通常では知り得ない練習方法を、あなたの練習にも取り入れてみてください。

ただし、シングルスの練習方法になります。ダブルスの練習メニューなどはないのでご注意ください。

 

日本代表(ナショナルチーム)の練習方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました