バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

こんにちは。スゴバドです。「サーブ苦手〜」わかります。でもコツを覚えると・・・

今回はバドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類(ダブルス編・シングルス編)というお話をしていきます。
2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

 

バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類
バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる初心者から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントンのサーブ(サービス)とは

 

 

バドミントンの発祥の地はイギリスです。イギリスでは紳士のスポーツとして生まれたバドミントン。

その中で、サーブと言うのは、相手に敬意を払う意味合いで、サーブをするのです。
サーブ=サービスをしますよー。ということなのです。

 

そして、このサーブ(サービス)は言わば相手に対するプレゼントなので、下から打ちます。(テニスのサーブの様に上から打つ事はバドミントンではないです)

由来は上記の通りですが、ラケットと技術の進歩により今ではサーブをどうやってサーブレシーブすれば沈められるか、サーブを打たれない様にするにはどうすればいいのか?

という発想に切り替わってきています。

 

*サーブのルール変更

現状のサーブは腰より下で

 

サーブのルールは現状では変わりがないですが、近いうちにルールが改正されることになりそうです。

現状のルールではサーブを打つときに腰の高さより下で打つことになります。

 

世界選手権などのサーブの高さが115cmに変更

 

国際大会などのサーブではすでに115cmより下で打つというルールでサーブをしています。

このルールが実施されていることを考えると、近いうちにルール変更は有りそうですね。

 

ただし、ジュニアの大会では見送りになるかもしれません。

115cmはとにかく子供にとって高い位置です。。。

 

関連記事

バドミントンのサーブが115センチルール適用になった!

 

次はサーブのコツ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇