【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンスマッシュなどの親指の使い方

スマッシュを打つときに親指の位置スマッシュの打ち方
スマッシュを打つときに親指の位置
この記事は約2分で読めます。

 

今日はとてもマニアックな部位をせめて行きたいと思います。親指です。

親指の使い方でバドミントンの上達できることを考えて行きましょう。親指でラケットに伝わる力の加減や次への対応が変わってきます。

それでは早速、親指に注目してバドミントンをみていきましょう。

 

スマッシュを打つときに親指の位置

バドミントンスマッシュなどの親指の使い方

 

スマッシュを打つときに親指の位置が人差し指よりも下になっている場合左の画像のように握りこぶしを固めたような握り方になります。

一見すると力が入りそうな状態に見えますが、回内運動がうまくできなくなります。

回内運動がうまくできなくなるというのは、右側の画像に比べて、同じように回内運動をしたとき、ラケットの振り幅が小さくなってしまい、ラケットにパワーが伝わりにくくなってしまうのです。

 

画像でみるとこのようなイメージになります。

スマッシュを打つときに親指の位置

 

左側の図のように握りしめているとラケットに力も入りにくく、右側の図のように親指を添えるようにグリップを握ると振り幅も広くなり、力も伝わりやすくなります。

 

なので、右側の図のような持ち方をして行くと、小さな力で力強いショットが打てるようになります。

 

できれば2つの持ち方をしてみて試していただくと非常にわかりやすいと思います。

 

 

 

アタックから防御へ瞬時に切り替えるときの親指

 

バドミントンのスマッシュを打った後のリターンで足元に落とされると返球がうまく行かなかったり、ノータッチになることが多くなります。

 

これは1つには、スマッシュを力んでしまい、その後の動きが固まってしまう場合に起きてしまいます。

特にレシーブが上達する中級者さんクラスになると、スマッシュ1本で決まらずに、レシーブで崩れてしまう。

 

このようなケースも増えてきます。

 

その場合には、やはり親指の意識すると対処が変わってきます。

次は親指のスライドについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました