バドミントンスマッシュが遅い理由を改善して上達に繋げよう

バドミントンスマッシュが遅い理由を改善して上達に繋げよう

 

バドミントンのスマッシュが遅い理由を考えていきましょう。スマッシュが遅いのには必ず理由があります。

そのを改善して上達していけばスマッシュは速くなります。

特にバドミントン初心者はスマッシュを打つときに空振りをしたりフレームショットになったりします。またしっかりとラケットに当たったとしてもスマッシュが遅いと感じてしまうことが多いかと思います。

中級者のひとは周りが上達してスマッシュが早くなってきているにもかかわらず、ワタシだけなぜ早くならないのか。感じてしまうこともあるでしょう。

そうならないように今回はすましが遅くなる理由を考えて、調達できるように改善していきましょう。

 

スマッシュが遅い3つの理由

 

スマッシュが遅い理由にはどのようなことが考えられるでしょうか。今回は3つの理由を挙げていきます。

その中で改善できる部分があれば試していただきたいと思います。

 

  • スイングが遅い
  • 足の入れ替えができていない
  • フットワークが間に合っていない

 

以上の3つになります。

スマッシュが遅くなるのには、この他にも原因がある場合がありますが、まずは色々な部分を見ていくことで、あなたに合う理由が見えてくると思いますので、1つ1つ確認して、スマッシュの遅くなる理由を探してほしいと思います。

 

それでは今回挙げた3つのスマッシュの遅くなる理由を細かく見ていきましょう。

 

 

スイングが遅い

 

 

スイングが遅くスマッシュが遅い理由となっている場合があります。

スイングを早くするためには、スイングスピードを上げていくことでスマッシュ力が上がります。

それでは次にスイングが遅い理由を考えてみましょう。

 

力がある人は、力でスイングしてもある程度のスマッシュの速さは得られると思います。

しかし、それでは非常に勿体無いです。

また、力が弱い人は力のある人と同じことをやると余計にスイングが遅くなります。

 

ではどうすればいいのか。

それは、テイクバックをしっかり取り、ラケットを振るのですが、力を入れるのはシャトルがラケットに当たる瞬間だけにしましょう。

インパクトの瞬間のみ力を入れる意識を持つことで、スイングが遅くなることが減ります。

インパクトの瞬間にグリップを握ること、その時にお腹にも力を入れる意識でいるとよりいいです。

 

関連記事

→ バドミントンスマッシュ初速を引き上げていく方法

 

 

足の入れ替えができていない

 

足の入れ替えができていないため、スマッシュが遅くなっている可能性があります。

足の入れ替えをすることで、重心移動ができるので、シャトルを強く返球することができるようになってきます。

 

基本的な体重移動である足の入れ替えは・・・

軸足(ラケットを持っている側の足)に重心を全部乗せて、斜め前でシャトルを捉えられる位置で軽く屈伸ができればより良いです。

シャトルが落下してくたら、スイングをはじめ斜め前にあるシャトルを捉えてスイングしていきます。

この時に足の入れ替えをして軸足ではない方の足に体重が移動して、軸足がさらに前にくるようにするとしっかりと体重移動ができます。

 

関連記事はこちらからどうぞ

→ バドミントンのスマッシュは足の入れ替えだけで速くなる?

 

 

フットワークが間に合っていない

 

フットワークが間に合っていないためにスマッシュが遅い理由になっている場合があります。

その場合には、フットワークを強化していく必要があります。

特にバドミントン初心者では、このフットワークが遅いためにスマッシュも遅い理由になっている場合があります。

 

そして、フットワークが遅くてなぜスマッシュが遅くなるのかと言うことですが、打点に間に合わなくなるためです。

 

スマッシュを速く力強く打つためには、打点がとても大事になります。

なので、フットワークが間に合っていない場合には、スマッシュが遅くなります。

 

関連記事

→ バドミントンの【重心移動】は頭1つ分!1.5倍のフットワークを体感しよう!

 

間に合わない時のワンステップという方法

 

また、間に合わない時には、ワンステップで飛びついてスマッシュを打つことで、打点にしっかりと入る方法もあります。

右利き、左利きの場合でもワンステップで出す足は変わりません。

フォア奥ににシャトルが飛んできた時のワンステップの方法は、右足で蹴って右足で着地をします。

バック側にきた時のワンステップの方法は、左足で蹴って左足で着地します。

 

これを行うことで飛びついてスマッシュが打てるので、低い弾道などで足の入れ替えができない時やフットワークが間に合わない時はワンステップを使ってみてください。

 

→ ジュニアバドミントンで【フットワーク】を強化する練習メニュー

 

 

スマッシュの総合記事はこちらからご覧ください。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】