バドミントン【初心者】が感じる3つの悩み『どうして?』

もうバドミントンの初心者と呼ばれるにはバドミントン歴が長くなりました。

スゴバド管理人です。

ところで、バドミントンの初心者さんは 、『なぜ?』『どうして?』という悩みがあります。

 

今回はそのなかでも多く質問がくる内容を3つあげて解説させて頂きたいとおもいます。

 

バドミントン初心者の3つの『どうして?』

バドミントン【初心者】が感じる3つの悩み『どうして?』
バドミントン【初心者】が感じる3つの悩み『どうして?』

よく来る質問で多いのは・・・

 

  • シャトルに当たらない・フレームショットになる
  • フットワークが難しい
  • クリア・スマッシュが強く打てない

 

この3つです。

ではバドミントン初心者が難しいと思われる3つの『どうして?』を掘り下げてみてみましょう。

 

シャトルに当たらない・フレームショットになる

バドミントンを始めて最初の難関かもしれません。

どうしてもシャトルを手で打つわけではなくて、ラケットで当てるため、とてもシャトルを当てる事が難しく感じます。

 

ではどうしたら良いか?

この部分ですが、まずはシャトルにあたる感覚を養う必要があります。

 

シャトルを上に投げて、落下してきたシャトルを当てられる人はそれで当てる練習をしてみてください。

 

その方法だと難しい!という人はボロボロになったシャトルで構いません。

シャトルにヒモを付けて、そのシャトルを吊るして当てる。

このようなことで初心者のうちからラケットの感覚・シャトルの感覚を掴むと良いです。

 

もの足りない!と感じたあなたにはこちらの関連ページをご覧頂きたいです。

⇒  バドミントン初心者のフレームショットが起きる3つ原因と【自宅での改善方法】

⇒  バドミントンで【空振り】は力みから!遠心力を使い力を抜く

 

 

 

フットワークが難しい

 

バドミントンのフットワークは普段の生活では使わない動きなので、とても困る人が初心者には多いです。

 

フットワークでは特に後ろに下がる動作が難しく感じるようです。

この時に取り入れてほしいのが、『チャイナステップ』です。

 

このチャイナステップを導入すると動きをスムーズにしてくれます。

またバドミントンの動作での移動で早いと言われているのは、『カニ歩き』です。

 

後ろに下がる時に正面を向いたまま、左、右、左、右と移動していては後ろになかなか移動できません。

そんな時には『カニ歩き』で改善できます。

バドミントンでは、なにも正面をずっと向いていることはありません!

横に身体が向いても良いのです。

 

 

チャイナステップに関しての関連記事はこちらからごらんください。

⇒ バドミントン【チャイナステップ】で瞬発力が劇的に向上する!動画で効果的に取り入れよう。(種類・メニュー)

 

 

クリア・スマッシュが強く打てない

 

クリアが奥まで飛びません!スマッシュを速く打ちたいです!

このようなご相談も頂きます。

 

よく身体の動きを連動させれば良い!と言いますが、なんのこっちゃ??ですよね。

 

では逆に1つの動作だけで飛ばしてみることはできますか?

 

例えば、手首だけでシャトルを飛ばす!

これはできそうですが、あまり力が伝わらないでしょうか??

 

次は肩をぐるっと回して、シャトルを当てる!

これもなんとかできそうですか?

 

 

この2つをくっつけるとそれぞれの動作をやるよりも、より力が入ります。

このように、2つ以上の動作をつなげて行うことで今よりもスマッシュが速くなったり、今よりもクリアが奥まで飛ぶ様になります。

 

もし、今あなたがあまり奥まで飛んでいないな・・・

と感じているのであればそのような『パーツ』の連動が足りていないのかもしれませんね。

 

その部分を加えてみると今より良いショットが打てるはずです。

関連記事

⇒ バドミントンのオーバーヘッドストロークのフォアとバックを覚えよう。動画あり

 

まとめ

バドミントン【初心者】が感じる3つの悩み『どうして?』いかがだったでしょうか?

スゴバドによく来る質問を記事にしてみました。

この他にお悩みやご質問がある場合は私で宜しければお答えしたいと思っております。

コメント欄からでもお答えします。

お時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。

 

また、『技マニュアル』をご覧頂くと各ショット別に解説もしておりますので、ご活用ください。

無料登録はこちらからでもできます。

バドミントン初心者短期上達法
バドミントン初心者短期上達法