バドミントン初心者のフレームショットが起きる3つ原因と【自宅での改善方法】

 

バドミントン初心者のフレームショットが起きる3つ原因と【自宅での改善方法】
バドミントン初心者のフレームショットが起きる3つ原因と【自宅での改善方法】

『バドミントンでフレームショットを少なくする方法はありますか?』

バドミントンの初心者さんで多く頂く質問です。

 

実際に、部活や練習場所で行う方法などは他のサイトでも色々と載っていると思います。

 

 

なので、今回は『自宅でフレームショットを改善する』

そして、コッソリ上達しちゃいましょう。

 

 

フレームショットや空振りをする3つの理由

まずは『なぜフレームショットや空振りをしてしまうのか?』

この理由がわからないとフレームショットは直りません。

 

なので、まずは原因を一緒に考えていきましょう。

 

まず、フレームショットになってしまう原因をいくつかあげていきます。

  • スイングが一定ではない
  • 最後までシャトルをみていない
  • 打つ瞬間も動いている

 

スイングが一定ではない

 

スイングが安定していない為に、フレームショットになったり空振りすることになる。

 

バドミントンという競技はラケットでシャトルを当てる競技なので、どうしても手でシャトルを触るのとは違い、距離感をつかむのに慣れることが大事です。

 

最後までシャトルをみていない

 

初心者のうちはどうしても、相手の動きが気になり、シャトルを当てる前に相手の方をみてしまう場合があります。

 

そうするとラケットがシャトルをしっかりと捉えることができなくなりフレームショットになったり、空振りに繋がってしまいます。

 

打つ瞬間も動いている

 

バドミントンで打つ瞬間も身体全体が動いたままだと、どうしてもフレームショットや空振りをしてしまいます。

 

打つ瞬間は身体がブレないようにしっかりと止まった状態で打てるようにしましょう。

もちろん、間に合わない時などは動いて打つ事もありますが、あくまでも基本は『止まって打つ!』です。

 

自宅でできるバドミントン初心者フレームショット改善方法

 

まずは自宅でできるフレームショットの前にこの画像でフレームショットや空振りをしない考え方をイメージしてください。

自宅でできるバドミントン初心者フレームショット改善方法

 

上の画像であるように動いた状態だとミスをしてしまう原因を自分から作っていることがよくわかると思います。

 

そのミスを減らす為には、基本は止まる!ということです。

 

 

それでは、自宅で行えるフレームショット改善方法を解説していきます。

 

自宅にあるものでフレームショットをなくす

 

自宅に新聞紙やいらなくなった雑誌を丸めボールをつくります。拳より大きくて良いので丸めます。

 

ラケットを持ってその丸めたボールをラケットの真ん中に当てる練習をします。

イスに座って当てたり、座ってでも良いです。

 

 

*慣れてきたら、ボールの大きさを徐々に小さくしてみてください。

 

雑誌や新聞紙を丸めたボールを投げる

 

雑誌や新聞紙を丸めたボールなら投げても家財道具を壊す事もないでしょう。

真っすぐ投げられる様に練習しましょう。

スイングの安定を意識してください。

イスに座ったり床に座ったままでもやれると思います。

 

タオルで素振り

タオルの先の片側を結びその反対を持ち素振りします。

電球や割れ物などには注意しましょう。

天井に当たりそうな場合には、イスや床に座りながらでもできるでしょう。

 

 

まとめ

フレームショットをなくす方法をいくつかご紹介させて頂きました。

あなたがもし今フレームショットや空振りで悩んでいて試せそうなことがありましたら、是非参考にしていただけると嬉しいです。

 

また、このほかにも関連記事がありますのでご紹介させていただきます。

 

 

関連記事

⇒ バドミントンの緑のあれを使うとミスが減る