【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球フェイントショットの打ち方
この記事は約4分で読めます。
バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の魅力

 

スポンサーリンク

バドミントンのテクニックと技術にはフェイント・必殺技・変化球があります。

フェイントは相手を騙す技術・テクニックの事を言います。

例えば右に飛ぶと思っていたものが、左に飛んだり、前に落としてくると思ったものが、ロブだったり、そういったフェイントを打てる技術、テクニックがあれば、相手はそれを警戒して選択肢が増えるでしょう。

また必殺技と呼ぶかはわかりませんが、同じように急所を突くようなショット、これもフェイントのようなものですかね。

があれば相手を翻弄することができます。

速いスマッシュなんかも必殺技のひとつですね。

関連記事

バドミントンスマッシュ最速打ち方と練習方法(安定、打点、角度、速度、筋トレ)

また、変化球はスピンヘアピンと言い、回転がかかったショットがそれにあたります。

この変化球スピンヘアピンはくるくるとシャトル自体が回るので、打つ方としては狙いが定まらなかったり、して、とても打ちにくいものです。

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の使い方

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の使い方

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の使い方

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の使い方は多用するものではありません。

あくまでも、オプション的な役割なのがこういった技術だったり、テクニックなのです。

必殺技を決めるために必殺技ばかりを打っていれば、いずれ相手は慣れて必殺技ではなくなるでしょう。

そして、テクニックや技術の必要なものは、それだけショットを安定させるのが難しいです。

変化球のスピンヘアピンにしても同じです。

練習を繰り返し行うことで安定したショットにしあげるものです。

 

関連記事

バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

 

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の動画

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球の動画をここでは紹介します。

時の人 桃田選手のスピンヘアピンショット

大きな大会で繰り広げられるテクニック、技術が凄いですね。

 

 

 

田児選手とピターゲードのテクニック感服です。

 

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球を実践

バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球を実践する為にはまず、そのテクニックや技術を出すまでの過程がとても大切です。

基本ができなければフェイント、必殺技、変化球は打てないのです。

つまり、バドミントンの基本フットワークです。

足で追いついてシャトルの下やヒットする前にセット出来なければこういったフェイントや変化球は打てません。

しっかり追いついているからこそ滞空時間を作り、相手の思っている逆を突くことが出来るのです。

そして、実践で行う時には多く使用すると相手は楽になります。

テクニックや技術は必殺技としてとっておくほうが相手にとっては嫌われるでしょう。

「能ある鷹は爪隠す」

わけですね。

ギャラリーを湧かせることのできるフェイントや必殺技や変化球。

そのテクニックや技術を習得するためにもまずは安定したショットの練習が必要なのです。

お互いに頑張ってまいりましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球ということでお話をしてきました。

 

フェイントの種類は色々ありますが、基本となる動きは基礎にあります。

早く打点に入れているので、フェイントができるので、まずはしっかりと基本の動作を身につけて行きましょう。

また、フェイントを行うだけではなく、色々なショットを同じ場所から繰り出すことで相手は悩みます。

 

相手を惑わすためにも、1つのことだけではなく、色々なショットを同じ場所から出せるようにしていきましょう。

 

関連記事

バドミントンのフットワークを速くする簡単リアクションステップ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました