【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

バドミントンの【ディセプションショット】を覚えようフェイントショットの打ち方
バドミントンの【ディセプションショット】を覚えよう
この記事は約8分で読めます。

 

バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

バドミントンではフェイントをディセプションと呼びます。

検索をしていっても、バドミントンではフェイントの方が浸透しているので、ディセプションとはあまり聞かない人の方が多いかもしれません。

認知度では、フェイントですが、今回はあえてディセプションと呼び記事を進めていきたいと思います。

 

 

目次

ディセプションの種類

ロブのディセプションショットの方法

 

ロブでのディセプションは、シャトルが当たるインパクトの瞬間に面を切ることで反対方向へシャトルを飛ばすディセプションショットと、面を一度高い打点で作りヘアピンに見せかけてから、ロブを打つ2段階のディセプションショットの2つがあります。

 

ヘアピンのディセプションショットの方法

 

ロブのディセプションショットと方法は同じですが、面を切り、ラケット面が向いていく方向と反対に2段階の打点を作り、2回目で面を作りヘアピンをする2つの方法があります。

 

ネット前でのディセプションショットの方法

 

ネット前では、ネット前に落とすふりをしてクロスやロビング、また方向を変えていくディセプションショットがあります。

これも面を切っていくディセプションショットと2段階に分けて打点を作り2度目以降の打点でディセプションショットを打つことで効果が出てきます。

 

カットのディセプションショットの方法

 

カットでのディセプションショットでは、カットを打つふりをして、通常面ではなく、その裏側の面に当ててリバースショットにするディセプションショットがあります。

また、カットを打つふりをして、クリアなどを打つことができます。

この場合には、2段階の打点を作り、テイクバックから振りを一度止めて再度動かしたところでクリアなどに変更していきます。

 

クリアのディセプションショットの方法

 

クリアのディセプションショットはカットの方法と同じで、クリアを打つふりをして、カットやスマッシュを打つことでディセプションショットになります。

 

プッシュのディセプションショットの方法

 

プッシュでのディセプションショットは、面を切ることで、飛んでいく方向を変更することができます。

また、プッシュを打つふりから、遅らせて打つことでロビングやヘアピンにするディセプションショットがあります。

 

サーブのディセプションショットの方法

サーブでのディセプションショットはコルクの位置を変えていくことで方向を変えていくことができるので、スイングとは逆の方向へと飛ばすことディセプションショットにすることができます。

 

ドライブのディセプションショットの方法

 

ドライブでのディセプションショットの方法は、ラケット面を切り、ラケットの振り抜きとは反対方向に打つことができるディセプションショットとドライブを打つフリをして、その後にロビングにするディセプションショットの2つがあります。

2つ目の方法としては、最初に1つ目の打点を作り送らせてからロビング(低め)を面を立てて打ちます。

 

ドロップのディセプションショットの方法

 

ドロップでのディセプションショットは、面を切りラケットの振り抜きとは反対に打つディセプションショットと、ドロップを打つフリを高い打点で作り、その後にヘアピンを打つディセプションショットになります。

 

スマッシュのディセプションショットの方法

 

スマッシュでのディセプションショットは、リバースで打つスマッシュの他に、ジャンプをしてジャンプスマッシュに見せかけて、クリアやドロップなどを打つディセプションショットなどがあります。

 

 

サーブレシーブでのディセプションショットの方法

 

サーブレシーブでのディセプションショットはいくつかの方法があります。

面を切りシャトルを飛ばす方向と反対にラケットを持っていくことで、逆にシャトルを飛ばすように見せかけるディセプションショットやシャトルを引きつけてから、クロスに持っていく方法。

打点を2つにして、2回目の打点で方向に変化を加えるディセプションがあります。

 

レシーブでのディセプションショットの方法

レシーブでのディセプションショットはいくつかの方法があります。

面を切りシャトルを飛ばす方向と反対にラケットを持っていくことで、逆にシャトルを飛ばすように見せかけるディセプションショットや懐を大きくして、通常は体から遠い位置でレシーブするところを引きつけてから、クロスに持っていく方法。

また、上半身を例えば、右側に持っていき、ラケットは反対に(この場合左側)残し身体の上半身とは反対にシャトルを送る方法などがあります。

 

ディセプションの打ち方

ディセプションのコツと仕方

 

ディセプションの基本的なコツは2つの打点を作る方法と、面をきるディセプションが大きく分けて行いやすいディセプションではないでしょうか。

その他にも方法がありますが、この2つの仕方を覚えて行けばどのようなショットでもディセプションは使えます。

 

フォアとバックのやり方

 

フォアとバックに関してもディセプションのやり方は変わりはありません。

 

ディセプションの練習方法

 

2段階で行うディセプションでも、面を切るディセプションでも、練習は一人でできます。

シャトルを軽く天井に投げ、それをすくう練習。

 

これがディセプションの基本練習方法です。

つまり、初心者のうちから行なっているシャトルに慣れる練習がそのままディセプションを生むことになるのです。

 

 

試合でのディセプションショット

シングルスでのディセプションショット

 

シングルスでは、まず足が追いついていなければ、ディセプションは使えません。

そして、次にラケットを高い位置でセットできるかどうかです。

特に2段階でのディセプションに関して言えば、1段目の打点作りはとても重要になります。

 

それができなければ、2段でのディセプションはなかなか試合中に実現しません。

 

ダブルスでのディセプションショット

 

ダブルスでは、早い展開の中でディセプションを出すことになります。

構えに加え、シングルスと同じで、フットワークが間に合っていないとディセプションが行えません。

どちらにしても基本が大事だということがわかりますね。

 

ディセプションの動画

YouTubeでのスロー動画

ユーチューブでの動画では、スロー動画なども提供してくれている人がいます。

ユーチューブの画面で『バドミントン スロー フェイント』などで探してみてください。

 

この時にディセプションではなくフェイントで検索すると良いかと思います。

 

スゴバドのYouTube版にも是非登録をお願いします。

バドチューブ

 

 

 

面白いディセプション

空振りしてから打つ

 

空振りをしてから打つディセプションもあります。

私はこれがどうしてもできないのですが、やれたら面白そうですよね。

 

手首だけでできるディセプションショット

面をきる時にディセプションの方法がわからない人も多いです。

ラケットを包丁のように縦に切ることで、面は自然に切れるのです。

この時に必要なのは、手首だけです。

 

その反対に包丁を引く、ボックスティシュからティッシュを引くような動きもあります。

このようなことでもディセプションショットは生まれます。

 

 

フットワークを使うディセプションショット

 

フットワークを多めにして足を例えば左側に大きく出すとその先に相手は来るものだと考えます。

そこでラケットだけを残して、反対に出していきます。

これだけでもディセプションショットになります。

 

 

初心者はディセプションショットを練習するべき?

 

先ほどもお伝えしたように、ディセプションショットの基本は、一人でもできる練習です。

シャトルを天井に軽く投げて、それをすくう練習です。

 

これがディセプションの基本になりますが、さらにいうとバドミントン初心者にはとても大事な基本。

フットワークやラケットワークをまず最初に身につける必要があります。

 

もちろん、遊び心がありとても楽しいものですが、実戦で使うにもまず基本ができていなければ、ミスが増えてしまいます。

なので、早めに基本的な部分を覚えてから色々とディセプションを楽しんでもらえたら良いかと思います。

 

ディセプションに対応する対策

バドミントンのディセプションに簡単に引っかからない様にするには?

 

反対にディセプションに引っかからないようにするにはどうすればいい?

このような質問も多くいただきます。

 

これは、

  • ラケットの面を見ることと
  • 簡単に動かないこと
  • リラックスをして待つこと

言葉でいうと簡単なのですが、なかなか難しいことだと思います。

ディセプションが得意な相手と対戦したら、まずは先に動かずに待つ。

そして、癖を掴むのも1つの作戦だと思います。

 

 

以上ディセプションについて解説させていただきました。

最後までありがとうございました。

 

関連記事

→ バドミントンテクニック・フェイント・必殺技・技術・変化球

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました