【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンリバースカット打ち方のコツ(動画あり)

バドミントンリバースカット打ち方のコツ(動画あり)フェイントショットの打ち方
バドミントンリバースカット打ち方のコツ(動画あり)
この記事は約2分で読めます。

 

こんにちは。スゴバドです。「試合でリバースカットを打たれてとれなかったから、私も覚えたい!」このように負けから学ぶ事って多いですよね。

リバースカットは基本オーバーヘッドストローク(上からのショット)の時に行うテクニックで、ラケットのスイングとは反対方向に飛んで行くテクニックの1つになります。

今回はリバースカットのコツ(動画あり)というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

→ 自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンリバースカット打ち方のコツ(動画あり)

バドミントンリバースカット打ち方のコツ(動画あり)

リバースカットとは

 

【バドミントン】「左利き」リバースカットの打ち方の比較(スロー再生あり)

リバースカットは通常のカットと逆に飛ぶフェイントの入ったカットの事です。

ラケットの振り抜きと反対に飛ぶ事からリバース(反対や逆の意味)カットと呼ばれています。

上手に使えばこのリバースカットだけで何種類ものショットを覚える事が出来ます。

リバースカットの基本的なものは、オーバーヘッドストローク(上からのショット)から繰り出されるものになります。

しかし、それはあくまでもリバースカットの基本であり、サイドストローク(横からのショット)からでもアンダーストローク(下からのショット)でも繰り出すことができます。

まずはリバースカットでも簡単なオーバーヘッドストローク(上からのショット)で試してみてください。

次は簡単なリバースカットのコツ

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました