バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!

 

バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!
バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!

ペース配分をバドミントンでもしていますか?

バドミントンの試合などで、前半はガンガン得点していくのに、21点間際で急失速して試合に負けてしまう。

そんな人を見かける事があります。

 

ペース配分をしていれば勝てた試合だった

 

よく聞くセリフですが、実際に負けたのには理由が必ずあります。

でも、そんな勝てた試合をしっかりと勝てるようになるとワンランク上の試合でも勝てる試合が増えると思います。

 

ペース配分とは

マラソンなどではよく聞く言葉ですが、バドミントンにも存在しています。

出だしから全力で点数を稼ぐ、これも大切です。

そして、最後までやりきる体力これも大切です。

 

学生さんは体力を付けて、フル稼働して勝ち込める力をつけるレベルであればそうするべきです。

 

 

しかし、バドミントンをしている人が全てその状況まで追い込んで行う事が正しい事かというと少し違うと私は思っています。

バドミントン愛好家だって、自分の体と相談して勝てる工夫をしても良いと思いませんか?

 

カンタンなペース配分の取り方

カンタンなペース配分の取り方
カンタンなペース配分の取り方

 

ラリーとラリーの間

ひとつはラリーとラリーの間の数秒を上手に使う事です。

 

上手にいつもより水分補給や呼吸を整える事で次のラリーを安定させることができます。

 

 

サーブの間合い

サーブでの間合いでペース配分を行います。

 

 

特に自身にサーブ権がある時に少しの間合いで調整していくと良いでしょう。

 

 

 

ラリー展開の変化を使う

私はこの方法がとても苦手なのですが、単調にならないようにラリーをすることでペース配分を行います。

 

例えば、攻め続けると疲れます。なので、大きな展開に持っていってペース配分をしていきます。

 

 

女性のほうがこうしたラリーの変化を上手に使う人が多い気がします。

 

見習いたいものですね。

 

 

バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!まとめ

バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!まとめ
バドミントンでの【ペース配分】で単純な負けを減らす!まとめ

 

いかがでしたか?

そのままの勢いで大失速を起こす人は、少しの意識で勝てるステージが広がるかもしれません。

勿論ペース配分がすべてではありません。

ですが、それぞれのステージで勝てる方法を考えるということはとても面白いと思いませんか?

 

みなさんが今まであまり意識されていなかったら、試してみてはいかがでしょうか?

 

また、こちらのペースでゲームを進めていくことで、相手のペースを崩しやすくなるということもできます。

 

ゲーム中に相手にどうしても合わせてしまう人はこのようにペース配分を使いながら、あなたのペースでゲームを進めてみてください。

 

関連記事

バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション