ダブルスで狙われた時に初心者でもできるかわし方

ダブルスで狙われた時に初心者でもできるかわし方

 

ダブルスで自分だけを狙われる。こういったシーンが1ラリーでもあるかと思います。

また、レベルの差が開いたダブルスやレシーブ力が低い方を狙う。など戦略的に狙われることがあるかと思います。

その場合に、ダブルスで初心者さんにもできるかわし方を考えてみました。

 

ダブルスで狙われる原因

 

繰り返しになりますが、バドミントンのダブルスでは相手の弱点を狙うか、自分の有利な展開に持っていくか。

この方法が一番勝てる方法です。

そして、その弱点から崩すことがバドミントンの攻略になり、楽しさでもあります。

しかし、実際に狙われるときついし、大変です。

バドミントンの初心者さんでもこのようなことが起きて、相手に申し訳がないと思うこともあるかもしれません。

 

しかし、これが事実狙われているとしたら、何か弱点を相手が見つけたか。また、攻略のために狙われていると考えるべきです。

この時に対処をしておけば、そのままズルズルといき勝負が決まってしまうなんてことは少なくなります。

ぜひ、1つでも攻略方法を身につけてやられないラリーをダブルスで発揮していただきたいと思います。

 

狙われた時のかわし方

 

ダブルスで狙われた時のかわし方としては、弱点で狙われることが多くなると思います。

その時には、できる限りクロスで返球すること。

これが基本になります。

なぜクロスに返球が狙われた時のかわし方になるのか?

これは、できる限り遠い場所から相手に打たせることで、例えばスマッシュであれば、距離がある分失速して遅くなるし、距離が長い分スマッシュなどのショットは失速分沈みますので、ネットに引っ掛けてしまったりミスに繋がります。

また、遠い場所に打つよりは正面のストレートに打つ方がリスクが減ルため正面に切り替えて攻撃をしてくる相手もいるでしょう。

なので、できる限り狙われたらクロス方向へとロビングなどをあげるといいです。

 

またスマッシュなどで狙わられるのが苦手な場合には、ドライブなどで返球してスマッシュを打たせないようにするのも1つの方法です。

 

初心者が狙われやすい場所

 

初心者が狙われやすい場所は、中級者、上級者でも苦手な場合が多いです。

つまり取りにくい場所は必ずどんな人にでもあるということですね。

 

それでは狙われやすい場所を挙げていきましょう。

  • 利き手の肩口
  • バック奥
  • 右寄りに構えている人の左側へのショット
  • 左寄りに構えている人の右側へのショット
  • 足元

このような場所が狙われやすいです。

特に利き手の肩口は、上級者でも苦手な人が多いです。

このような場所を狙われた場合の対処としては、構える位置です。

 

大げさな話、右側に構えていれば左側に来たショットには対応が遅くなりますよね。

それを、構えている位置をもう少し左側にすれば、左側にきたショットにさっきよりも対応が早くなります。

このようにちょうど良い場所を探すというのは大切です。

 

狙われないようになるためには

 

狙われないようになるには、これは究極な話かもしれませんが、相手が打ってきたショットに対してきちんと対応していくということが重要です。

なので、少しでもレシーブを上達させていくこと。

 

前の章でもお話をしたように、レシーブのラケットのポジションなどを確認していくことなどで、初心者でも取れるショットも出てくるのでぜひ試していただきたいです。

 

また、フットワークでカバーできるものも多いです。

フットワークさえ間に合っていれば対応できるショットもあります。

 

現状で後ろに下がってから打つショットなどが弱い場合などには、見直しも必要です。

フットワークに関しての関連記事はこちらをご覧ください。

→ バドミントンの【重心移動】は頭1つ分!1.5倍のフットワークを体感しよう!

→ バドミントンのフットワークを速くする【簡単】リアクションステップ・トレーニング・練習方法

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか。

今回は、ダブルスで狙われた時に初心者でもできるかわし方について解説していきました。

 

配球によっても狙われにくくなることをお伝えしてきました。

 

また、狙われる原因として今回課題に出したのは2つ

 

  • ラケットのポジション
  • フットワーク

でしたね。

この2つを克服していくことで狙われにくくなります。

 

また、文章は苦手で視覚的に学びたい方もいるかと思います。

その場合には、スゴバドでおすすめしているDVD教材などをご覧いただくのも良いかもしれません。

 

8大特典がついているバドミントンDVDはこちらからご覧ください。