動けないからこそ【コースを狙う】バドミントンを考える!

 

動けないからこそ【コースを狙う】バドミントンを考える!
動けないからこそ【コースを狙う】バドミントンを考える!

動けない人が狙うことで勝てるのがバドミントンの楽しみでもあります。

動ける人はどんどん動いてバドミントンをするのも1つのスタイルです。

ただ、動けない人は『ダメ!』って決めつけるのはいかがなものかな??

と私は常に思います。

バドミントンのスタイルは100人居たら100人違って良い!!

バドミントンでは、色々なプレーヤーが居て良いと思います。

そうじゃないとつまらないです。

もちろん基本に忠実にセオリー通りに行えば一定の所までは上達するでしょう。

 

しかし、私のように『おっさん』になれば今までの様に速く動けなくなったり、ケガをすれば今までのように思い通りに行かない人もいます。

動けない人は上達できない?

じゃあその人たちはバドミントンで上達できないのでしょうか??

答えは『できます!』

バドミントンでの楽しみ方は人それぞれ。

上達できる方法も人それぞれ。

現状に合った上達方法を探れば必ず上達できます。

今回は動けないからこそ『コース』を狙うバドミントンについて考えてみたいと思います。

もちろん、このことが全てではありませんが、動けない人や今までのようにできなくなった人でも、バドミントンを嫌いにならないで欲しい。

まだまだ上達できる希望を見つけて欲しいという気持ちで記事を書かせていただきます。

動けないならロビングから変えていく!

今までの様に動かなくなり、コースを考えるようにすることはとても大切だと感じます。

今回はダブルスでのロビングからの予測について解説します。

返球の予測の前に・・・

2つの確認です。

1、予測しやすい場所にしっかりと打つこと

2、立ち位置

この2つができると予測もペアとのコンビネーションも良くなります。

まずはセンターへロビングを上げない様にすること(当然浅い球を極力減らす)これが大事です。

理由はダブルスでは重なりやすい場所に打たれることでミスが多くなることなどが挙げられます。

ロビングはどこに上げるのが良い?

ロビングはどこに上げるのが良い?
ロビングはどこに上げるのが良い?

では、どこにうてば良いかというと、両サイドにロビングが良いでしょう。

Aさんをあなたとします。

その場合、しっかりとサイドの穴を埋めるサイドバイサイドを作るのが条件です。

番号で言うと1番の部分は穴を小さくします。

対戦相手の後衛がスマッシュを打ってきます。

その時に1番タブーなのは何番でしょうか?

答えは3番です。

3番に打てばカウンターがとても早く打たれるので、攻防の逆転の可能性が出てきます。

ここに打ってくれる相手なら楽でしょう。

よって、あなたのパートナーのBさんの張りは大きく4番側になります。(もちろん3番も可能性として残しておきます)

対戦相手の後衛がスマッシュを打ちやすいのはどこ?

対戦相手の後衛がスマッシュを打ちやすいのはどこ?
対戦相手の後衛がスマッシュを打ちやすいのはどこ?

では、あなたの立ち位置A1番と2番では相手の後衛はどちらに打ちやすいでしょう。

これは2番です。

2番は内側に入りサイドミスも減ります。

そして図のようにAさんの位置にいるとストレートでのミス(1番)が増えます。

理由は、Aさんとサイドラインの間を狙おうとするからです。

なので、相手の返球を動かす様な立ち位置にいることで2番に打たれる確率を増やし、予測として2番の張りを強くして1番にシャトルがきたらカウンターを待ってやろう!というレシーブしながら攻撃のすることが考えられるようになります。

このように、立ち位置とロビングコントロールで予測を読みやすくすることができます。

*相手の後衛の位置が反対サイドでも同じ事です。

攻めるときは?

攻めるときは?
攻めるときは?

攻撃はこの反対のことを行えば狙えるコースは2番が安定したショットを繰り出せるコースになります。

そして、そのコースをねらっていくうちに、パートナーの立ち位置を崩していくことで、パートナー側のサイド4番に狙って決めていくことが可能です。

また攻めるときには、比較的左右に振られないのも、2番のコースです。

サイドに狙うと振られる幅も広くなるので、予測の付きやすい2番を狙う事で安定した攻めやローテーションが可能になります。

まとめ

いかがでしょうか?

ひとつの方法として考えていただくとバドミントンも楽しくなると思います。

 

その他には相手のクセからの予測もあります。ドロップの時にだけテイクバックが少ないとか、クリアを打つ時にだけ大振りになるとか、ドロップの時にだけフォロースルーがない、クリアの時だけ足を運ばないとかクセなので、試合の中で見つけたり、ビデオなどを取り覚えて行くと良いでしょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。