バドミントンスマッシュのサイドアウトを劇的に減らす方法

バドミントンスマッシュのサイドアウトを劇的に減らす方法

 

今回はメルマガ読者さんから頂いた、バドミントンのスマッシュがサイドアウトしてしまうので直したいというご質問からサイドアウトを減らす方法を解説していきたいと思います。

今回解説するサイドアウトを減らす方法が全てではなく、他にも色々な方法があるかと思います。

参考、応用として見ていただけると嬉しいです。

 

スマッシュのサイドアウトになる原因をまずは探って見ましょう。どのような時にサイドアウトのミスが増えているのでしょうか。

 

 

バドミントンのサイドアウトが増える理由

 

バドミントンのスマッシュでサイドアウトが増える理由を考えていきましょう。

特に考えられるのが、コースを狙いすぎているということです。

そして、その他にはどのようなことが考えらえれるでしょうか。

併せてみていきましょう。

 

  • サイドラインすれすれを狙っている
  • 力みすぎている
  • スマッシュの打点に入れていない

このようなことが考えられます。

それでは1つ1つ確認をサイドミスの原因をみていきましょう。

 

サイドラインすれすれを狙っている

 

サイドラインすれすれを狙っているためにサイドアウトが多くなってしまっています。もちろんサイドラインすれすれに決まればとても素晴らしいことです。

しかし、サイドアウトしてしまうことで、相手に点数を一点与えてしまうことになります。

 

力みすぎている

 

スマッシュを打つ時に力みすぎているためにサイドアウトしてしまう場合です。

コースを狙う場合には、特に力みすぎていると、サイドアウトになることが多くなります。

 

力まずにあなたの狙いたいコースを定めてサイドアウトを減らしていきましょう。

 

スマッシュの打点に入れていない

 

スマッシュの打点に入れていないのに、無理にコースをついてサイドアウトになることも多いです。

いつもスマッシュを打っている場所から少しずれた場所でのコントロールは難しいものです。

例えば、体が動きながらコースを狙うのとサイドアウトになることも多いです。

 

できる限りスマッシュの打点からサイドのコースを狙えるとサイドアウトは減ってきます。

 

 

スマッシュのサイドアウトを劇的に減らす方法

スマッシュのサイドミスを劇的に減らす方法

スマッシュのサイドアウトを減らす方法を解説します。上の画像を使っていきます。

ダブルスのサイドラインは赤ラインです。

ここにスマッシュを打つと半分はアウトに繋がります。

この時にダブルスのサイドライン(赤ライン)ではなく、緑ラインを狙ったらどうなるでしょうか?

スマッシュのサイドミスを劇的に減らす方法

 

上の画像は先ほどのコートを拡大したものです。

ここでも赤ラインはダブルスのサイドラインになります。

そして、ダブルスのサイドライン(赤ライン)をすれすれに狙った場合、確率的に半分はアウトしてしまうことになります。

例えばチャンスショットでスマッシュをサイドに決めたい時もあります。

その時に半分サイドアウトになるのは非常に勿体無いですね

 

それでは、この時に少し内側の緑ラインを狙って打っていったらどうなるでしょうか。

スマッシュのサイドミスを劇的に減らす方法

 

そうですね。理屈で言えば緑のラインを狙うとアウトしにくいということがわかります。

このように少しスマッシュのコースをサイドではなく、内側にしていくことで、サイドアウトが劇的に減ることがわかります。

もちろん理論上です。

これと同じようにシングルスでも考えていただければサイドアウトは減ります。

 

さてここまでをみ・・・

『いやいや、私はちゃんとスレスレを狙わずに内側を狙っているのにサイドアウトが減らないし、こんな方法通用しないよ!!』と思っている人もたくさんいるでしょう。

 

まず、今現状で、内側を狙っているのにサイドアウトをする人は次のことを考えてコースを狙ってみてください。

 

サイドの内側を狙ってもサイドアウトが減らない人の狙うコース

 

サイドの内側を狙ってもサイドミスが減らない人の狙うコース

内側を狙っているのに、サイドアウトしたり、狙ったコースに行かない人は、まだマトが大きいと考えてください。

真ん中を狙ったとしても、オレンジの丸のように幅が非常に大きいということになります。

これを確認する方法としては、ノックなどで、筒倒しなどをしてみると良いです。

 

筒の周りに多くシャトルがあるひとほど、この上の円の青丸に近い人、つまりコントロールの精度が高い人と言えるでしょう。

 

上級者全員がコントロールが良いか?というとそういう訳ではありません。

しかし、狙った所にコントロールができている人ほど安定して勝てたり、良い成績を残しやすい、サイドアウトが少ない。ということになります。

この丸が出来るだけ小さいものになることで、狙ったコースからずれることが減るので、サイドアウトは減っていきます。

 

サイドアウトを減らす練習

 

サイドアウトを減らす練習としては、先ほども出した筒倒しのノックなどが有効です。

その時に工夫して欲しいのは、前の章でお伝えしたあなたの『丸』があります。

その丸を縮めるためにあなたの丸よりも少し小さめの丸の範囲に筒を置いて行ってみてください。

 

そして、小さめの丸でもサイドアウトが減ってきたら、さらに小さめの丸でチャレンジするようにしてください。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は、バドミントンスマッシュのサイドアウトを劇的に減らす方法について解説をしてきました。

 

スマッシュのサイドアウトの原因はこの3つでしたね。

  • サイドラインすれすれを狙っている
  • 力みすぎている
  • スマッシュの打点に入れていない

この3つを解消するためには内側を狙っていくことです。

 

しかし、それでもサイドアウトをするとしたら、コントロールできている範囲が広いからということになります。

このコントロールの幅を縮めて出来るだけ狙った所へ打てるようになることが大事です。

 

もちろんこれだけがスマッシュのサイドアウトを減らす方法ではありません。

色々な方法を試してサイドアウトを減らしてみてください。