バドミントンスマッシュが切れるのを防ぐ方法

バドミントンスマッシュが切れるのを防ぐ方法

バドミントンのスマッシュが切れるために、重たいスマッシュが打てない。このような質問がありましたので、今回は、スマッシュが切れる原因と、スマッシュが切れないように打つためにはどのようにしていけば良いのかを考えて行きましょう。

スマッシュが切れて威力がない原因

 

スマッシュの威力がなく、音で言うと『ボソッ』と言うあたりの時には、大抵の場合、面が切れる為に威力もなくなってしまいます。

 

スマッシュが切れる場合には、このポイントを確認してみてください。

 

  • シャトルがラケットに当たる瞬間の面
  • 手首
  • 打点が横からみて後気味

このようなことからスマッシュの時に面が切れるので、威力もなくなり、速度も遅くなり、ショットも軽くなります。

スマッシュが切れないようにする為に今回はこの3つのポイントを確認して行きましょう。

 

 

シャトルがラケットに当たる瞬間の面

スマッシュを打つ時にラケットの面が斜めになってしまうとカット気味になり、面が切れるのでスマッシュが切れてしまいます。

なので、当たる瞬間にラケット面がしっかりとまっすぐ当たるようにラケット面を作り当てましょう。

 

初心者の人は回内運動など気になるとなかなか面が切れることも多くなります。

 

その時は、一度回内運動のことは忘れ、まっすぐラケットを出す練習をしてみてください。

 

手首

 

スマッシュを打つ時に手首を無理に使おうとして、ラケットの面が切れることがあります。

また、無理に手首を使う必要もありません。

手首を痛める原因にもなります。

コースを付くコントロールにも影響を及ぼすので、どちらかと言うと手首をこねるのではなく、グリップを握ることを意識すると良いと思います。

 

 

打点が横からみて後気味

打点が横からみて後ろ気味なので、自分のフラットな打点に来る前に後ろでシャトルが当たっている為面が切れてしまっている可能性があります。打点の場所でしっかりと打てるようにすることで、スマッシュの時の面が切れることがなく打てると、スマッシュの速度や重たさも変わってきます。

 

自分の基本の打点を今よりも拳1〜2個分前で捕らえられるといいですね。

 

 

スマッシュが切れるのを防ぐ方法

 

スマッシュの切れるを防ぐ方法として、初心者さんはまずはまっすぐ面を出して当てることを覚えると良いです。

ラケット面にフラットで当たる感覚を覚えることが重要です。

そこまで力がいらなくても、弾き返す感覚を身につけて欲しいです。

 

また、すでにまっすぐ出してフラットで当てることができている方は、インパクトの際に手首に力を入れすぎないこと、回内運動をしても、当てる瞬間にラケット面をフラットに出して、面が切れていないかを確認して、スマッシュを打ってみてください。

まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンスマッシュが切れるのを防ぐ方法について解説をしてきました。

スマッシュの時に面が切れる原因としては

 

  • シャトルがラケットに当たる瞬間の面
  • 手首
  • 打点が横からみて後気味

 

という3つの原因が考えられます。

初心者さんはラケットをまっすぐに出して、面にフラットに当てらるように練習して行きましょう。

また、回内運動をしてスマッシュのインパクトをして切れる方は、インパクトの瞬間の意識を変えていきましょう。

繰り返しただ打つだけではなく、意識をして繰り返すだけでも時間短縮で習得できるかと思います。

根気よく頑張っていただきたいと思います。