バドミントンはミス狙いでラリーしている人が強い?

世界ランキングに入るプレーヤーをみていて思うのがミスをしないこと。逆にミス狙いでラリーをしている感覚に陥りますよね。

例えば、ヘアピンの練習でもネットに触ってから落ちるようにネットイン狙いで練習をしているなどとも聞くこともあります。そしてネットインしたら相手のミス狙いとなるのでしょうね。

今回は、バドミントンのミス狙いにポイントをあてて解説していきたいと思います。

 

バドミントンでミス狙いできる場所は

バドミントンでミス狙いできる場所は

バドミントンでミス狙いができる場所はいくつかあります。

ミス狙いとは取りにくい場所を狙いにいくという意味とラリーをして相手がミスをするまで粘るという意味もあります。

まずは1球でミス狙いができるコースです。

 

 

肩口でミス狙い

例えばこちら側が攻撃できているとしたら、相手の取りにくい場所へうつことでミス狙いができます。

その1つがこちらです。

バドミントンでミス狙いできる場所は

レシーバーの肩口を狙うというものです。

レシーバーの利き手側の肩口を狙うことで、レシーブがやりにくくなります。

このコースを狙って攻撃をすることで、ミス狙いで攻めることができます。

 

注意点としては、ミス狙いとして、肩口を狙うので、打球が高くなります。

強く打ちすぎたり高すぎると、バックアウトになってしまい、こちらのミスになります。

また、高くなってしまった時にドライブで切り返されて、攻守が逆転することにもなりますので、注意が必要です。

 

次はダブルスの時のみ有効なミス狙いです。

 

レシーバーの真ん中でミス狙いショット

レシーバーの真ん中でミス狙いショット

 

レシーバーとレシーバーの真ん中を狙うことで、ミス狙いしていきます。これはお互いに手を出しにくい場所で、またお互いに手を出せばラケット同士が接触してしまうため非常に難しい処理なのです。

 

なので、ミス狙いをしやすい場所ということになります。

 

2本以上でミス狙いをするためのコース

 

2本以上でミス狙いをする意味はあるのでしょうか?

これは、2本目以上のショットの時に相手の体勢を崩してから確実に決めたい。そのような時に2本以上でミス狙いをしていくのが良いかと思います。

 

レシーブの強い相手の場合には、1本のショットでは決まらないことが多くなります。

初心者のうちはスマッシュがある程度速ければ、それだけで点数が取れる時もあるかもしれません。

しかし、周りも上達していくと、今度はスマッシュを打つだけでは通用しなくなることの方がほとんどです。

 

このような時に2本以上で相手のミス狙いをして欲しいと思います。

 

それでは、2本以上のミス狙いを見ていきましょう。

 

ミス狙いの2本以上のラリーとは

ミス狙いの2本以上のラリーとは

先ほどの応用とも言えますが、2本目でより相手を崩していきたい時にこのようなコースへと振り分けていくことができます。

1球目では、レシーバーの足を動かしてから触らせるためのショットを打ちます。

この時に相手のレシーバーが右足を1のコースへ向けて足を出してくれれば2でミス狙いのショットを打った時により崩れてくれます。

また1のコースが甘くレシーバー寄りにいった場合には、レシーバーは左足を少しスライドさせてレシーブしてくることになります。

その場合体勢が崩れていないので、2にミス狙いのショットを打っても崩れないことが多くなります。

 

 

そしてこちらも先ほどの応用になります。

ミス狙いの2本以上のラリーとは

 

正面からみて右側のサイドを狙い1へスマッシュを打ちます。

そうすることで、レシーバー2人の間が大きく広がります。

 

そこで2のコースへミス狙いのショットを打つことでより触りにくくなります。

 

ミス狙いか攻め切るか

 

初心者のうちはなかなかコースを狙いたくても狙えないものだと思います。また、体が勝手に反応して来たシャトルに対して何も考えずに打ってしまう。ということあるでしょう。

1つの壁だと思うのですが、もし、『この頃スマッシュが決まらなくなってきたな』『いつも勝ててた人に巻けるようになった』と感じているのであれば、あなたのバドミントンを見直す時期にきているのかもしれません。

 

その時に、強引に攻め切るのも1つの方法ですが、今回の解説のようにコースを狙うということを覚えていくと、なかなか上げてもらえない相手、レシーブの良い相手と対戦した時により安定して勝ちにいくラリーができると思います。

 

最初はうまくミス狙いなショットが打てなくてもそれが当たりまえです。

なんども練習して習得して欲しいと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンはミス狙いでラリーしている人が強い?ということで解説をさせていただきました。

 

ミス狙いができるコースとして2つご紹介させていただきました。

  • レシーバーの肩口
  • レシーバー同時の間

でしたね。

どちらも1本でミス狙いをするのではなく、2本以上で組み立てていくことでより決まりやすいショットになることをお伝えしました。

 

初心者の方には難しいこともあると思いますが、意識して基礎打ちなどの時に練習をして相手のミス狙いをして見てはいかがでしょうか。