【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

前衛でプッシュが遅れてしまう人が1つだけ気にすれば良いこと

前衛でプッシュが遅れてしまう人が1つだけ気にすれば良いことプッシュの打ち方
前衛でプッシュが遅れてしまう人が1つだけ気にすれば良いこと
この記事は約4分で読めます。

バドミントンのダブルスでの前衛はすぐに抜かれてしまい、振り遅れてしまったり、うまくタイミングが合わない。このようなことがおきやすい場所でもあります。

 

なぜ、前衛で間に合わないショットが多くなるのか、前衛を上達させるために方法について解説させていただきます。

前衛で振り遅れる理由

 

前衛で振り遅れる人の特徴はおお振りしてしまう人。

このように言われますが、実際に何がおお振りになっているのかよく分からない。というのが現状ではないでしょうか。

その中で、おお振りになるのは、振り遅れるタイミングで入っているので、間に合わずに振り遅れているから大振りになってしまっているのではないでしょうか。

 

それでは、次に大振りになっている人が行なっているスイングについて考えていきたいと思います。

 

 

大振りになっている人のスイング

 

大振りになっている人のスイング

大振りになっている人のスイング

 

シャトルが来るときにこのように待っていませんか?

もしもこのような待ち方をしているのであれば、前衛では間に合わないことが多くなるでしょう。できればラケットを出すだけの状態で待ちたいものですね。

するとどうなるのかわかるように良い例と悪い例を画像で並べてみました。

 

プッシュの良い例・悪い例

 

プッシュの良い例・悪い例

プッシュの良い例・悪い例

 

プッシュの良い例は右側、悪い例は左側になります。

右側の良い例を見るとわかりますが、構えてだすだけとなると2番でプッシュが打ててしまいます。

 

反対に、左側の悪い例を見ると、構えていないために3番にならないとプッシュが打てません。

これが徐々にずれだすと・・・

 

自ずとミスに繋がるのがわかりますね。

良い例では、3番までに次のプッシュが打てる状態が完了しているのですね。

 

なので、次にプッシュが来ても返球しやすくなります。

 

 

関連記事

→ バドミントンでサービスレシーバーの構えから返球を考える

 

前衛で止めるメリット

 

バドミントンのダブルスでは、前衛が絡んで止められることでどのようなメリットがあるのでしょうか。

バドミントンでは、後衛からの強烈なスマッシュが相手にはとても脅威になりますが、スマッシュだけで決め切ることはなかなか難しいです。

 

そこで後衛のスマッシュを生かしてくれるのが、前衛でのプッシュです。

相手のレシーブが甘くなったところを更に追い込みをかけるように、スマッシュの位置よりも早くプッシュを前衛で打つことで相手が逃げられない状態を作るようにします。

 

関連記事

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習方法

 

後衛のみがスマッシュを打っているリズム

 

後衛のみがスマッシュを打っているリズム

後衛のみがスマッシュを打っているリズム

 

このように、スマッシュがきて、ロビングで返球するこのような1、2、1、2・・・と繰り返すので、比較的にレシーバーもリズムよくロビングができることになります。

 

 

では、これに前衛が絡んでくるとどのように変わってくるのでしょうか。

 

後衛から前衛が絡んだワンツー攻撃のリズム

 

後衛から前衛が絡んだワンツー攻撃のリズム

後衛から前衛が絡んだワンツー攻撃のリズム

 

当然常に前衛が絡める訳ではありませんが、2のロビングの弾道が低くなったときに前衛が絡めることになります。

スマッシュとレシーブを繰り返している際は『いち、にーい、いち、にーい』この繰り返しになりますが、そこに前衛がプッシュできると『いち、に、さん』とリズムが崩れ、レシーバーからするととても速く返球が来るため準備がお遅くなります。

そうすると前衛でプッシュで決まる確率も高くなったり、相手がミスをしてくれるチャンスも増えてくるのです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、前衛でプッシュが遅れてしまう人が1つだけ気にすれば良いこと。ということでお伝えしてきました。

 

ラケットの構えだけでもこれだけ時間短縮ができて、プッシュが効率よく打てることがわかりました。

そして、前衛が後衛に絡んでプッシュできることの大切さも一種にご説明させていただきました。

 

少しの意識で上達できることだと思います。

是非とも活用していただければ嬉しいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました