バドミントンのプッシュ打ち方の3つのコツと練習法

プッシュをミスしないで決定打へ

今回はバドミントンのプッシュのコツと練習法というお話をしていきます。

バドミントンのプッシュは前衛で一番強いショットです。最前線で打てるショットになるので、決定打にもなりやすいのがプッシュになります。

プッシュの打ち方や練習方法を覚えて、ダブルスで前衛に強いプレーヤーを目指しましょう。

 

バドミントンのプッシュ打ち方のコツと練習法
バドミントンのプッシュ打ち方のコツと練習法

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンのコツ|プッシュとはどんなショット?

 

バドミントンのコツ|プッシュとはどんなショット?
バドミントンのコツ|プッシュとはどんなショット?

バドミントンでプッシュとは自分のネット際に浮いた球に対して相手コートへ力強く押す(プッシュ)ショットの事です。つまりバドミントンでプッシュの役割は詰め寄った時のショットになります。また、プッシュは決め球になりやすいショットになります。

スマッシュと同じく沈める球、強打できる球がいかに出来るかがプッシュの質になります。もう一つ加えると、プッシュ次のリターンもネット際にいるために早く戻って来ます。ですから、プッシュは大振りにならないようにしましょう。

関連記事

バドミントンの【コツ】打ち方が上手くなる練習メニュー

 

バドミントンのプッシュのコツと打つときに気をつける事

 

バドミントンのプッシュのコツと打つときに気をつける事
バドミントンのプッシュのコツと打つときに気をつける事

この章ではバドミントンのプッシュを打つ時に気をつける事についてお話します。前の章で説明をしていますが、ネット際と伝えていますが、実際にネット際スレスレに立ってプッシュをすると次のリータンへの対応が間に合わなくなります。

では、どうすれば良いのでしょう?

 

 

実際に試合ではショートサービスラインにいてラケットを出せば大体のシャトルは沈められます。なので、目安はショートサービスライン辺りにポジション(立ち位置)にして練習してみましょう。

プッシュの構え方のコツ

プッシュの構え方のコツ
プッシュの構え方のコツ

そしてプッシュの打ち方のコツには、構えるところでもコツがあります。

ラケットの上げる場所。

これが重要になります。

上の画像のようにラケットを立てて待つことで次の対応がしやすくなります。

 

関連記事

バドミントンのレシーブ力を簡単上達させる構えと足の位置

 

プッシュの構え方のコツ右利きの場合

 

右利きの場合右ひじを身体と同じ場所に置いていると左側にシャトルが来た時に身体の前で捉えることができません。右ひじの位置を右前に持ってきます。

すると右側からプッシュは当然の事、左側からのプッシュもフォアハンドである程度カバーできる様になります。

 

次はプッシュの構えのコツになります。

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇