【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

【サービスプッシュ】の後の立ち位置とその後の対応(ダブルス編)

【サービスプッシュ】の後の立ち位置とその後の対応(ダブルス編)プッシュの打ち方
【サービスプッシュ】の後の立ち位置とその後の対応(ダブルス編)
この記事は約2分で読めます。

サービスプッシュの後はどこにいれば良いの?』サービスプッシュの後の立ち位置やその後の動き方について解説していきたいと思います。

ダブルスでサービスプッシュをする時の注意点

 

ダブルスでのサービスプッシュはとても有効打になることも多いショットです。

その為に、絶対にサービスプッシュを決めよう!とすると勢いをつけてみたものの、返球に対応できなくなる場合もあります。

相手のサーブの状態を見ながら、詰めるのか、次のショットを待つのかという判断するのも良いでしょう。

 

とにかく、なんでも詰めるというのは逆に大きな穴ができてしまい、失点にも繋がりますので注意していきましょう。

 

 

サービスプッシュの後の対応

 

サービスプッシュをした場合、返球が来ると考えるのが普通です。

その時にはサービスプッシュ後の対応を考えていきましょう。

カンタンにで申し訳ないですが、画像のような形で移動が好ましいです。

【サービスプッシュ】の後の立ち位置とその後の対応(ダブルス編)

【サービスプッシュ】の後の立ち位置とその後の対応(ダブルス編)

これはあくまでも基本です。

プッシュを打ったあと勢いがあまり前に詰めすぎる人もいますが、それだと次のショットが待てなくなり不利です。

なので、体勢が崩れるまでプッシュにこだわることはなく、沈めて押すこともプッシュだと認識してもらえればいいかなとおもいます。

次はサービスプッシュ後ろに半歩〜1歩下がった所で待つ理由について

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました