バドミントンの試合中の配球(ダブルス攻撃編)

バドミントンの試合中の配球(ダブルス攻撃編)

『バドミントンのダブルスの試合でどこに攻撃をしてよいのかわかりません』

『パートナーと攻撃のときによく重なります。仕方ないのでしょうか』

とこのようなお問い合わせがよくきます。

 

今回はバドミントンダブルスの攻撃方法を解説していきます。

 

バドミントンの攻撃では沈めるもの、または上げさせるためのショットを打っている時が基本的に攻撃になります。

代表的な攻撃方法の前にショット別にみていきましょう。

  • スマッシュ
  • ドライブ
  • ドロップ(カット)
  • プッシュ
  • ヘアピン

 

というものがあります。

クリアも攻撃になる場合もありますが、今回は省きます。

 

スマッシュ

スマッシュは攻撃の中でも最大の武器になります。

スマッシュはバドミントンの中でも華があるショットなので、速く打ちたい。決め球にしたい。

という人が多いです。

また、スマッシュが打てることで、実際には、スマッシュだと思わせて、ドロップを打つと相手を崩せるショットになりとても効果があります。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】

 

 

ドライブ

 

ドライブはコートを3分割(前、中央、後)した中央の攻撃によく使われます。

スマッシュが沈めるショットに対して、ドライブは平行または少しだけ傾け沈めるイメージです。

ドライブは中央くらいからの展開で使われるため、素早く相手を押さえ込むように打つショットになります。

ドライブがコンパクトに打てると攻撃のバリエーションが増えてきます。

→ 【バックハンド】でドライブ!バドミントンのラケット持ち方(握り方)練習

 

 

ドロップ(カット)

 

ドロップやカットはコートの後ろから打つショットで、ネット前に落としていくショットです。スマッシュなどを待っている相手が足を止めているときに落としていくショットになります。

スマッシュと同じフォームで打てると相手は迷い遅れたり、ノータッチになる可能性がある。

また、面を切ることで、スイングとは反対にシャトルを飛ばすことができたりもする。

 

→ バドミントンの【ドロップ】とカットの打点と練習方法

 

 

プッシュ

 

プッシュは前衛で行うショットで、ネット前に浮いてきたりドライブがきたときに、押し込むように打つショットです。

また、プッシュはネット前で押し込む前衛のスマッシュのようなものなので、決定率も高くなりやすいです。

ただ、スマッシュと違い、次の返球が来ることを考え、コンパクトにしていく部分で、スマッシュとは大きく違います。

 

押し沈めると言った表現の方が合うのでしょうか。

それがプッシュです。

→ バドミントンの【プッシュ】打ち方のコツと練習法

 

 

ヘアピン

 

ヘアピンはネットとも呼ばれ、ネット前から相手のコートのネット前に返すショットになります。

最短のショットになります。

ヘアピンを浮かずに沈めることができれば、相手が上げてくれます。

上げてくれれば、パートナーが打つことができます。

そのように相手に攻撃をさせないためのショットとも言えます。

 

→ バドミントンのクロスヘアピンの打ち方(初心者編)

 

それでは次にバドミントンでのダブルスの攻撃について解説していきたいと思います。

 

バドミントンでのダブルスの攻撃

 

バドミントンのダブルスでの攻撃方法は、こちらが沈めていくショットを多く打たなくてはいけません。

そのためには、浮いてきたり、上がって来るショットをいかに沈めていくショットで返球していくか。

これが重要になります。

なので、上げさせるショットを打つことで、相手が上げてくれて、こちらが攻撃できるのです。

 

オープンスペースを利用した攻撃

 

その一つにオープンスペースを利用した攻撃方法があります。

これは、相手のコートに大きく開いたスペースがある場合、そこにシャトルを置くことで、相手は慌てているので、ひとまず上げて逃げようとします。(そうでない場合もあります)

 

なので、そのような時にはスマッシュなど攻撃ができる形になります。

これがオープンスペースを利用した攻撃方法です。

 

二人の間を狙った攻撃

 

 

またダブルスは2人なので、2人の間を狙った攻撃が有効です。

2人の間を狙うとミスに繋がったり、するので、比較的チャンスが大きくなります。

 

攻撃できる時に攻めていきましょう。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンの試合中の配球(ダブルス攻撃編)についてお話をしてきました。

お役に立てる情報はありましたか。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。