バドミントン初心者ダブルスを手取り早く勝てるようにする上達方法

バドミントン初心者ダブルスを手取り早く勝てるようにする上達方法

バドミントン初心者ダブルスを行う場合、全く動き方がわからない同士で組むことになったり、経験者と組むことになったりと、状況により自分が何をすればいいのか??となることが多いです。

今回はバドミントンの初心者ダブルスで上達するための方法やコツをお伝えしていきます。

 

初心者ダブルスの組み合わせパターン

 

初心者ダブルスで出場する場合、多くの場合、指導者から組むように促されたり、代表の方が組み合わせを考えて組むことが多いかもしれません。また、社会人であれば、バドミントンサークル内で話をしたり、気の合う仲間同士でダブルスを組むこともあるかもしれません。

その中で組み合わせはいくつかのパターンがあります。

  • 初心者と初心者がペア
  • 初心者と経験者がペア
  • 初心者と中級者がペア
  • 初心者と指導者がペア

大会により、難しい組み合わせもあるかもしれませんが、だいたいこのような形です。

この組み合わせにより、バドミントンの試合に出場することになります。

初心者と初心者の組み合わせの場合、2人ともどうやって動けばいいのかがわからない場合があります。その場合の動き方もお伝えしていきたいと思います。また初心者と中級者経験者のの組み合わせの場合、どうしても初心者が狙われるケースが増える場合があります。

初心者が狙われた場合、どのように対処をしていけばよいでしょうか。

まずは、試合までに時間がなく手っ取り早くダブルスの形をため作って見ましょう。

 

 

時間がない場合の手取り早いダブルスの動き方

 

時間がない場合の手っ取り早いダブルスの動きは、矛盾していますがダブルスのローテーションを行わないことです。

つまり半面をそれぞれがまもる形を作るわけです。

 

半面で前後動くことでコートの半分を1人の人が守り、もう半分をペアが守ります。

2人の間についてはやはりコートの真ん中で切り分けて考えるといいでしょう。

 

もちろんこれは、即席ダブルスの場合、時間がない場合に限ります。この方法で行けば、バドミントン初心者の個人力をあげていくことで、コート内をカバーすることができるようになります。

この場合、ローテーションとかを考えずにすむので、ダブルスなのですが、基本的には反面シングルスを行うイメージです。

半面の動き方またはシングルスの動き方については関連記事をご覧ください。

関連記事→ バドミントン初心者が試合で勝てるようになるためには?

 

次の実際にダブルスを初心者が覚えていくべきローテーションについて解説していきたいと思います。

 

初心者ダブルスで覚えるべきローテーション

 

初心者がブルズで覚えるべきローテーションはトップ&バックとサイドバイサイドこの2つになります。

  • トップ&バックは前と後ろで攻める方法
  • サイドバイサイドは横に並び守る方法

この2つの方法をマスターすることでローテーションができるようになります。

トップ&バックでは、相手に攻撃をすることになりますが、相手もずっと攻撃されたくないので、守りから攻撃できるような体制を作ってきます。

その時にトップ&バックからサイドバイサイドになって守る必要があります。

この時に動き方が変則になることからローテーションで対応していく必要があります。

 

実際のローテーションの方法や考え方については、関連記事をご覧ください。

関連記事→ バドミントンダブルスの【ローテーション】戦術とフォーメーション

 

次にバドミントン初心者ダブルスでのサービスの重要性について解説して行きます。

 

 

初心者ダブルスでのサービスの重要性

 

初心者ダブルスでのサービスの重要性についてですが、サービスはミスをしても1点相手に入り、逆に浮いてもサービスがネットを越えればラリーが続くことになります。

特にバドミントン初心者ダブルスにおいては、最初のサービスから3ラリー程度でラリーが切れてしまうことが多いので、サービスがしっかり入るとそれだけでも勝てるようになります。

また、サービスが沈められて、相手がプッシュなどを打てないように入れられるようになればなおさらよくなります。

なので、初心者ダブルスにおいてサービスはとても重要ということがわかってもらえると思います。

また、フォアとバックでサービスがありますが、どちらでも良いのですが、おすすめはバックハンドでのサービスです。

理由は、ラケット面を最初から体の前に作り、ラケット面を変えないでそのまま打てるので、初心者にも扱いやすいからです。そのため練習して、覚えやすいのであとは細かなコントロールを念入りに練習していくことで上達していくことができるかと思います。

サービスの打ち方などは関連記事からご覧ください。

→ 【バドミントン】のロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントン初心者ダブルスを手取り早く勝てるようにする上達方法について解説していきました。

 

 

また例えば、その練習方法としては・・・

 

  • 憧れている人・上手な人の真似をして素振り
  • ユーチューブやDVD教材などでイメージを付ける
  • 鏡を見て素振り
  • 動画に撮る

などの方法があります。

 

その中でも参考にする人がいない・・・と言うことであればこちらのDVD教材を参考にして見てください。

随時新しいものはこちらでご紹介しております。

バドミントンDVD教材

バドミントンDVDを視聴して評価