バドミントンのフットワークを速くする簡単リアクションステップ

 

 

    • フットワークがもっと速くなれたら」
    • 「綺麗なフットワークがしたい!」
    • 「リアクションステップてなに?」

このようにバドミントンで誰もが悩むのがフットワークです。

ジュニアフットワーク強化⇒ 浪岡ジュニアDVDの口コミ・レビューは?実践して効果はあるのか?

フットワークとは

バドミントンのフットワークを速くする簡単リアクションステップ
バドミントンのフットワークを速くする簡単リアクションステップ

今回はバドミントンのフットワークを速くするリアクションステップ・トレーニング・練習方法というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

今回は中級者以上を中心にお話させてもらいますが、初心者の人もすぐに必要になる部分なので、一読してもらえると嬉しいです。

それでは早速フットワークについて解説をしていきたいと思います。

 

 

 

フットワークでの足運び

フットワークはバドミントンの中ではとても重要な部分で、いわゆる足運びの部分を指します。

 

日常で使う様な前進の時は左足、右足と交互に動かしますが、バドミントンでフットワークを行なうには、交互に動かさない場合もあります。時には両足同時に着地させたり、時にはカニ歩きの動作を入れたり、すり足を使ったりします。

 

一見特殊に思えるフットワークですが、1番大切なことは、自分にあった歩数を覚える事です。

身長が低い人と身長の高い人が同じ歩幅でフットワークを覚えていては無駄があったり、歩数が足りなかったりします。

 

そのフットワークを補うのが、カニ歩きだったり、すり足だったりします。

 

通常通りにフットワークを右、左、右と出していては、到達点まで時間がかかってしまいます。今より速いフットワークができる様になる為には、自分自信の工夫も必要になります。

 

フットワークをYouTubeのスローでみる

 

次にYouTubeの動画でフットワークをみていきましょう。

動画でみるとわかりやすい人もいると思います。

 

また、スローモーションだとわかりやすい人も多いのではないでしょうか。

リン・ダンのフットワークが右利き用にアップされていたスローモーションありのフットワーク特集です。

 

では次にフットワークを素早くするメリットについて考えていきましょう。

どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

フットワークができるメリット

 

 

フットワークができるメリットをあげていきましょう。

  • 追いつかないショットにも届くようになる
  • ダブルスではコートカバーができる
  • 無理なく打つことができるようになるので、ミスが減る
  • 追いついてから打つショットが多くなるため、体の負担が減る

このようなメリットがフットワークにはあります。

では、逆にフットワークができて困ること。デメリットは何でしょうか。

 

フットワークができるデメリット

 

 

  • ライバルに妬まれる

 

・・・考えて見ましたが、上記のことくらいしか、思いつきませんでした(笑)

なので、デメリットよりもメリットが多いフットワークを覚えていきましょう。

 

世界ランキングに入る選手たちのフットワーク

 

この頃は日本人が世界ランキングの上位に入る事が多くなりとても嬉しく思います。

しかし、海外の選手たちもとても魅力的なプレーをして、観客を魅力します。

 

この源とも言えるのが、フットワークです。

 

特に世界ランキングの男子シングルスで活躍する桃田選手(2019.9時点世界ランキング1位)や女子シングルスでは山口選手・奥原選手(2019.9時点でランキング5位以内)のフットワークは見ていただきたいです。

関連記事⇒ バドミントン【最新版】BWF世界ランキング男子・女子(シングルス・ダブルス)

 

 

ジュニアでのフットワーク

ジュニアの為のフットワーク(歩数・考え方)

 

子供のフットワークと大人のフットワークの歩数について同じ歩数で教えた方がいいのか?それとも子供のからだに合わせた歩数で教えた方が良いのか?ジュニアの指導者や保護者の人は非常に悩ましい問題だと思います。ここではジュニアのフットワークについて歩幅と考え方について「スゴバド」個人的な意見でお話させて頂きます。

大人の3歩フットワークを行なう所を子供にも3歩で教えるとします。そうするとジュニアにはコートのスミまで届きません。

でも「それでいい」と考えています。ジュニアでフットワークが届かなくてもいい??と思う人もいると思います。例えばあなたの携帯電話を学校の屋上から落とすことにします。落ちればバラバラ壊れます。データー復旧も厳しいでしょう。

次はジュニアでの歩数の考え方

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇