バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのこと

 

バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのこと

ミスショットが多くて悩んでいます。という人や、ミスショットが少なければ強いのにねと周りから言われる人結構いるんですよね。

例えばスマッシュを打てばすごく速く手に負えない。でもミスショットをしてしまう。本人としては、なぜミスショットをしてしまうのか?とよくわからない場合も多いです。

今回は、ミスショットが多い人で、もう一度見直しをして欲しい部分を3つのテーマから改善して行きましょう。

 

  • ブレるからミスショットをする
  • 打った後の力みがミスショットの原因に
  • 意外と知られていないスマッシュをミスショットをしない方法

 

 

ブレるからミスショットをする

 

バドミントンでは、動きながら打つとブレることからミスショットに繋がることがあります。

ミスショットの原因はブレることからというのが非常に多いです。

なので、できる限りブレない状態を作ること、そして、ブレた時でも安定させて行くことが重要になります。

まずブレないようにするには、打つ瞬間はなるべく止まることが重要です。

また、上からのショットの場合には、止まるというのは難しいと思います。

この場合には、できる限り頭が上下しないようにして、シャトルを当てることが大事になります。

 

そうすることで、シャトルが安定してミスショットになりにくくなります。

また、横からのショットや下からのショットでは、軸足(右利きならば右足)を止めてシャトルの方向につま先を向け打つことで安定します。

ミスショットにならないようにできる限り足を止めて打てるように早めに打点まで動きましょう。

 

 

 

打った後の力みがミスショットの原因に

 

意外に多いのがこのシャトルを打った後の力みで、ミスショットの原因で多い症状です。

シャトルに当たった後に力が入りすぎていて、そのままシャトルのコントロールができなくなります。

なので、そうならないように、シャトルにインパクトした後は、力を抜くようにしましょう。また、どれくらい力を抜くの??というようなことがよく言われますが、ラケットを飛ばさない程度力を抜いてください。

力みが出ることで、ラケットの振った方向へシャトルは飛んで行きやすくなり、コントロールが難しくなります。なので、できる限り狙った方向へコントロールできるように打った後の力みを減らして行きましょう。

 

意外と知られていないスマッシュをミスショットをしない方法

意外と知られていないスマッシュをミスショットにしない方法というのがあります。

というか、人それぞれでミスショットしやすい人とミスショットが出にくい人がいます。それでもこれから話すことを理解しているかどうかでミスショットになりやすい人もミスショットが減ってきますので、ぜひ覚えて欲しいです。

 

バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのこと
バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのこと

 

スマッシュを打つときの話ですが、実は身長により有利不利は分かれます。

上の画像で青いラインは身長の低い人がスマッシュを後ろから打ったときにコート内にインするために入れなければならない枠になります。

緑のラインでは、身長の高い人がスマッシュを後ろから打ったときにコート内にインするために入れなければならない枠になります。

この2つを比べるとわかると思いますが、身長の高い人がスマッシュを打つ方が有利なのはわかりますよね。

枠を意識してスマッシュを打つことで、インしやすくなる。ということになります。

ただなんとなくスマッシュを打つのではなくて、こうした枠を意識してスマッシュを打てるようにしてみてください。

また、お分かりかもしれませんが、ジャンプをすることでこの枠が広がることも想像がつきますよね。

ちなみに枠の上側に行ってしまうと、バックアウトしてしまうということになります。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのことについて解説してきました。

注意して欲しい3つとは。

  • ブレるからミスショットをする
  • 打った後の力みがミスショットの原因に
  • 意外と知られていないスマッシュをミスショットをしない方法

でしたね。

わたしはこれができていないかもしれない。という感じで自分に合っている場所から改善してみてください。

その他のスマッシュの改善方法についてはこちらの記事を読んでいただけると嬉しいです。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】