『歯』で力が入る??バドミントンのショットを強烈に

 

『歯』で力が入る??バドミントンのショットを強烈に
『歯』で力が入る??バドミントンのショットを強烈に(出典:YouTube)

先日、歯医者に行き、の治療をして来ました。歯の治療をして1週間食事をする時も治療した側の歯が痛かったので思いっきり噛めずにいました。

そんな中、バドミントンの練習に行ったのですが、ここで感じたのが、シャトルを打ってもいつもよりも力が伝わりにくい。そう感じました。

そこで、歯と運動について調べてみましたので、あなたと共有して行きたいとおもいます。

 

バドミントンと歯の関係

バドミントンと歯の関係についてこちらではお伝えしてきます。

バドミントンではそこまで歯に関係がないように思いますが、実は大きな役割があります。

私が体験した中で、1番気になったのは、虫歯になったときでした。虫歯になったため歯を思いっきりかのことができず、スマッシュなどのときに、力が入りませんでした。

そこで今回のようにバドミントンと歯の関係がきなりました。

私が感じた中では、強いショットを打つときに力を入れてうつことになりますが、力が分散していいように思いました。

専門的な歯医者さんのサイトなどを確認すると、運動と歯の関係について書かれているサイトを多く見つけることができました。

その中で気になったのは、力だけではなく、バランスやタイミング自体が悪くなることがあると言うものも見つけました。

それでは次に歯に力が入ることでバドミントンで有利なことについて考えていきましょう。

歯に力が入ることでバドミントンで有利なこと

 

歯に力が入るメリットはスマッシュやクリアなど遠くへ飛ばしたり強く降ったりするショットの時に活かされます。

また歯を強く噛むことで、体が安定するということも言われています。その理由として体が安定することで、力が入りやすい状態を作り出すことができます。

なのでバランスの悪い選手などは、歯の状態があまりよくないことも考えられます。皆さんもご存じのイチロー選手は、いちにちに歯磨きを誤解もするそうです。

またトップアスリートは、歯を気にする人が非常に多いです。

つまりそれだけ歯の状態がバドミントンにも関係してくることがわかります。

 

 

バドミントンで歯にかかる負担

バドミントンで歯にかかる負担
バドミントンで歯にかかる負担(出典:YouTube)

それではバドミントンで歯にかかる負担と言うものはどれぐらいかかるのでしょうか。

一般の人とアスリートの違いを確認するとこれだけの違いがあります。

一般人→90kg.f

アスリート→150kg.f

このように歯にかかる負担は非常に大きいものだということがわかります。

バドミントンでは特に力を入れる場面が多いのでそのようなときに歯に大きな負担がかかっているということです。

バドミントンに必要な歯の役割

 

バドミントンで歯が必要だということはわかっていただけたかと思います。歯が丈夫でないと力も入らず、体幹も悪くなってしまいます。

そんなバドミントンでも一番歯に悪いと言われているものがあります。

実はスポーツドリンクは非常に歯には悪影響です。とは言え、水分を補給したり、栄養を補給しなければならないのだからそれは仕方ない部分です。

なので、バドミントンをしながら歯のケアはして行くようにしましょう。

野球のイチロー選手が1日に歯を5回も磨く理由も、歯に対してこう言った理由があるかもしれません。

 

まとめ

 

『歯』で力が入る??バドミントンのショットを強烈に!!について記事にしてきましたが、いかがだったでしょうか。

とてもおもしろいですね。

歯を強く保ち、バドミントンのショットの強化にもつなげて行きたいですね。

最後までご覧くださりありがとうございました。