【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンが上手くなる5つの上達練習

サーブレシーブでのフォアハンドバドミントン初心者練習メニュー
サーブレシーブでのフォアハンド
この記事は約6分で読めます。

 

バドミントンが上手くなる5つの上達練習

バドミントンが上手くなる5つの上達練習

あなたはバドミントンの上達練習は何か行なっていますか?

上達するための練習はいくつもありますが、その中でも上達するための練習を行なっているでしょうか。

そして、その上達するための練習を今回は5つご紹介していきたいと思います。

上達するポイントとして大きく分けて・・・

  • フットワーク
  • ラケットワーク

に分けることができます。

どちらも反復練習でまずは動きを覚えていくことがとても重要になります。

動きを覚えたらそこからは応用で練習にバリエーションを増やしていく必要があります。

 

まずはフットワークを身につけるための練習方法をご紹介していきたいと思います。

 

フットワークを基本とした3つの上達練習

シャトル置き

 

シャトル置きは、シャトルを拾い、反対側にシャトルを運んだり、入れ替えたりしていく練習になります。

少しわかりにくいので、図で説明していきます。

シャトル置き

シャトル置き

青が選手になります。

選手は6点に置かれたシャトルの1つを拾い、シャトルがある5点へと移動します。

5点のうち1点にいき、そこに置いてあるシャトルと先ほど拾ったシャトルを入れ替えます。

 

このようなことを10回繰り返すなどして、全面での動きを覚えていきます。

シャトル置きの良い点は、シャトルを拾うために沈み込む動作です。

 

しっかりと沈み込むこむことを覚えるようにできる練習方法です。

これは手打ちで腕だけ、手だけで打たずに体全体でシャトルを迎えるための癖をつけるためにとても役立ちます。

 

手打ちや横着して打ってしまうと、シャトルが思っている方向へ飛ばなかったり、体全体でシャトルを打てないので、力が入らなかったり、力み過ぎてしまう。このようなことが起きる可能性があります。

なので、今手打ちになっている人はシャトル置きを練習に取り入れてみてください。

関連記事

→ バドミントンの手打ちはNG!体重移動と腰の回転で決定率を上げる

 

指示フットワーク

 

指示フットワークとは、選手の前に指示役の人がいて、その指示に従って、フットワークをしていく方法です。

この指示フットワークの効果は自分の思っていない方向へ指示を出された時に、反応して動く練習になります。

なので、フットワークのみではなく、指示フットワークを行うことで、フェイントなどに引っかかり、急な反応をしなくてはならない時の応用力を身に着けることができるようになります。

 

指示フットワークの他に、逆指示フットワークというのがあり、指示を出された反対に動く上達練習もあります。

 

指示を出されただけではなくて、その上で逆に動かなければならないので、とても大変ですが、こちらもフェイントにかかっても、その後に反応が素早くできる上達練習になるので、こちらも取り入れていきたい練習ですね。

 

関連記事

→ バドミントンの12種類の【ディセプションショット】を覚えよう

 

 

手投げキャッチフットワーク

 

手投げしたシャトルをキャッチするフットワークが手投げキャッチフットワークです。

選手はラケットを持たずに、センターポジションに立ちます。

 

その目の前にトスをする人が立ちます。

 

4方向や6方向などで行い、1点へシャトルをトスする人が投げます。

選手はそれをキャッチして、キャッチした場所からトスした人へ利き手で投げ返します。

 

選手から受けたシャトルをまた4角、または、6角の1点へシャトルを投げ、選手がとる。

これを繰り返します。

10往復〜行うと良いです。

 

 

この練習の効果としては、実戦で追うシャトルを手でキャッチすること、またラケットワークにも関係する利き手で返球する動作が簡単な形で行えます。

 

選手のレベルに合わせて、柔らかく投げたり、低めに厳しく投げたりとできるのがいいですね。

また、バドミントンが未経験の親御さんも一緒に行うことができますので、ぜひ、親子で上達練習として、導入してみてはいかがでしょうか。

 

ラケットワークの2つの上達練習

手投げでサイドハンドストロークの練習をする

サイドハンドストロークの練習をしていきましょう。

下から手投げで体のフォア横へトスします。

 

それを選手はまっすぐ打ち返す練習をしていきます。

これは、バドミントンのラケットワークを覚えるのにサイドハンドストロークが簡単に打ち返しやすいからです。

 

サイドハンドストロークを覚えれば、その応用でオーバーヘッドストロークも覚えていきますので、その第1歩というところでしょうか。

 

反復練習でタイミングも合わせやすくなります。

根気よくこの練習を行なっていただきたいと思います。

 

関連記事

→ バドミントン【上達DVD】8つの特典付!?の評価と口コミ初心者が3カ月で・・・有田浩史の“ゼロから始めるテクニック” !

 

手投げでスマッシュ練習

 

次に手投げされたシャトルをスマッシュで打つ練習をしてみてください。

真正面からトスをすると選手の打ったシャトルが当たることがあり危険ですので、少し横にズレたり、ネットを挟んだり、怪我にならないような工夫をしてください。

この練習はオーバーヘッドストロークのラケットワークを覚えるために必要な練習です。

タイミングを合わせて打つことができるようになると、フットワークを使った後にラケットを振る動作も合わさり、実戦に近い形ができます。

 

ぜひ、こちらも根気よく練習していただきたいと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンが5つの上達練習ということでお伝えさせていただきました。

参考になる練習はありましたでしょうか。

 

初心者向けの練習になりますが、フットワークなどは上級者でも大切な部分です。

やはりしっかりとフットワークができている人は安定しています。

 

ミスが多い人などはこうした初歩的な見直しをしていくのも良いことだと思います。

関連記事

→  【8特典付き】小平ジュニア『バドミントンジュニア上達の極意』DVDの評判と口コミ

→ バドミントン初心者の5つの【凡ミス】の多い人が失敗しない・減らす方法

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました