【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンでサービスレシーバーの構えから返球を考える

バドミントンでレシーバーの構えから返球を考えるバドミントン上達
バドミントンでレシーバーの構えから返球を考える
この記事は約6分で読めます。

 

バドミントンでレシーバーの構えから返球を考える

バドミントンでレシーバーの構えから返球を考える

バドミントンのダブルスでサービスしたあとレシーバーの返球コースがわかったらとても楽だと思いませんか。

今回は、レシーバーの構えなどポイントを絞りどのように対処していくと、3本目に前衛で捕まえやすくなるのかを考えていきたいと思います。

 

 

レシーバーの部位をみる

レシーバーの位置

レシーバーの位置

レシーバーの位置

レシーバーの位置が大きくフォアよりであったりバックよりであったりする選手がいたら、極めてスペースの少ない側に苦手意識がある可能性があります。

その場合には、狭いコースにサービスを出して相手の出方を見てみるのも良いでしょう。

その中で、例えばストレートしか返球ができないのであれば、3球目に前衛でストレートを張って潰しましょう。

3球目の前衛で予測して潰せるようになると、次に同じところにサービスがきた時、相手は選択肢が狭まります。

そして、同じように返球コースの選択肢が少なければロビングを上げてきたりと無難なことしかできなくなります。

 

関連記事

→ バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

レシーバーの構え

レシーバーによってはラケットを高く構えていたり、大幅にフォア側に体を開き構えている人もいます。

その構えによってサービスを出す場所を変えていくと返球コースも限定できる場合があります。

例えば、ラケットを大きく横にフォア側を開けて構えている人がいた場合、反対側のバック側に打つことで、大きくラケットを動かすため打てる場所が決まってくるので、3本目の限定がしやすくなります。

 

レシーバーの握りを見る

レシーバーの握りを見る

レシーバーの握りを見る

サービスを打つ時にレシーバーのグリップの握りにも注目して見ましょう。

上の画像の青丸の部分に注目してみましょう。

サービスを打つ前に、相手の人がどのような握り方をしているのかをみて、フォアで打ちたいのか、バックで打ちたいのかをみておきましょう。

例えばフォアの握りをして待っている人にバック側に出すことで、予想していたコースとは違うので、対応を遅らせる効果などが期待できます。

 

 

レシーバーの足

 

レシーバーの足には、重心をどこに置いているかがわかります。

重心が大きくまえにある人はショートサービスを待っていて前に詰めることを意識しています。そのためロングサービスに対して準備が遅くなる傾向になります。

 

重心が中心よりもやや前にある場合にはショートサービスに対してもロングサービスに対しても対応ができるようにしている人かと思います。

また、後ろに重心がある人の場合には、ロングサーブを警戒してるというアピールで、ショートサービスを張っているという人もいました。

 

レシーバーの足の出し方で強弱をつける

足に関してはこの他にもあり、サービスレシーブの際に右利き(左利きはカッコ内)の場合、左足(右足)を出してショートサービスに対応する人と右足(左足)を出してショートサービスに対応する人、またはそのどちらも使い分ける人がいます。

 

ショートサービスに素早く反応できる足は、右利き(左利き)の場合、左足(右足)です。

勢いをつけてプレッシャーをかけられるのは、右足(左足)になります。

 

このことを生かすサービスの方法としては、右利き(左利き)で右足(左足)を出す場合、早めの球足の長いショートサービスが有効になります。

理由は、サービスレシーバーがより早いところでタッチをしようと前に詰めてきているところに、こちらから早いサービスを出すことで、シャトルに触る瞬間に詰まります。

そすると強いサービスレシーブが打てなくなったり、食い込まれたためにミスショットになる可能性があります。

 

 

ラケット面をみる

レシーバーがラケット面を正面に向けて振り抜いくる場合、素直に面通りの方向へ飛んでくるプレーヤーがレシーバーの場合には、ラケット面の出てくる方向を3本目前衛で押えていきたいですね。

前衛で捕まえることができると有利に展開できることが多くなります。

 

 

1点をはる

 

サービスレシーバーからシャトルがきた時に、広い範囲で守らない方が良いでしょう。

理由としては、前衛を抜けるのはレシーバーとの距離が短く一瞬なので、広い範囲でシャトルに触ろうとしても、触れません。

なので、1点はる場所を決めて3本目の処理をしていく方がミスも少なくなります。

 

レシーバーの狙いからみる返球コース

 

 

 

レシーバーの狙いからみる返球コース

レシーバーの狙いからみる返球コース

 

全て右利きと考えていきます。

サーバーがサービスを出し、レシーバーが2のコースへドライブで返球します。

その時にレシーバー前衛(青)はどのコースを張っているのでしょうか。

 

これはあくまでも1つのケースですが、前衛(青)はクロスにドライブでひっぱられる3本目をストップすることを意識しています。

後衛(青)はフォアなので強いショットで攻めることが可能になります。図で表すと下の図のようになります。

レシーバーの狙いからみる返球コース

レシーバーの狙いからみる返球コース

このようにレシーバーだった陣営は、次の4打目にまだ攻め続けられるように配置しています。

3打目の処理としてオーソドックスな返球は3の赤矢印の2箇所になります。

 

そこで、赤陣営が切り抜けられる方法としては、ラウンド奥へ引っ張ることか、前衛のストレートまたはハーフストレートに返球することなどが考えられます。

また、ラウンド奥へはよほど態勢がよくないと奥へあげることが難しくなります。

しかし、このような場面はダブルスでは非常に多いシーンだと思いますので、想定してあなたが返球できるコースを考えていくといいですね。

 

また、2打目のプッシュコースを潰すように赤の前衛がプレッシャーを与えていくと、この時点でもラリーが変わってくるかもしれません。

 

関連記事

→ バドミントン必勝法ダブルスでの前衛(立ち位置やプッシュの打ち方)

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンでレシーバーの構えから返球を考えるということでお伝えさせていただきました。

これが全てではありませんが、色々アレンジして、バドミントンに大切なサービス→サービスレシーブ→3打目で得点できるようにしていきたいですね。

 

関連記事

→ 埼玉栄高校【バドミントン部】の練習方法

→ 『バドミントンのサービスが浮いて困る』どうしたらいいですか?

→ 初心者が3カ月で・・・有田浩史の“ゼロから始めるテクニック” !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました