バドミントンで【鋭角】に沈む+体感速度を上げるにはズバリ体重

 

バドミントンで【鋭角】に沈む+体感速度を上げるにはズバリ体重
バドミントンで【鋭角】に沈む+体感速度を上げるにはズバリ体重

こんにちは。スゴバドです。「スマッシュが沈まない」そんな時には・・・

今回はバドミントンで鋭角に沈む+体感速度を上げるにはズバリ体重というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

バドミントンのスマッシュを鋭角に沈めるメリット

スマッシュが鋭角に沈めることにメリットはあります。

その前に少しだけレシーブのお話をしていきます。

レシーブをする時に距離的に難しい場所というのは、目の場所から遠い場所が難しいと言われています。

一番ミスが少ないのは、身体の真正面胸元ですね。

そこから、目から離れていくごとに、距離感のズレからミスが多くなります。

 

なので、スマッシュを鋭角に沈めることで、相手がレシーブをミスしやすい場所に打つことができます。

 

スマッシュの体感速度を上げるメリット

スマッシュの体感速度を上げるメリットも同じようにあります。

 

特にスマッシュの体感速度が速いと相手が感じたならば、それ以外の緩いショットとの差(緩急*かんきゅう)が付くので、相手はリズムが取りにくくなります。

 

体感速度を食い込まれる感覚を相手に感じて貰えれば、最高です。

 

それでは、次に体感速度や鋭角に沈めるようなスマッシュを打つにはどうすればいいのかを解説していきます。

 

体重を利用すること

体重を利用すること
体重を利用すること

例をふたつ出します。

  • スマッシュを下がりながら打つ時
  • スマッシュが甘くて前に向かいながら打つ時

どちらが体感速度があるでしょう?

 

そして、やられて恐いのはどちらのショットでしょうか?

 

おそらく、みんな前に向かいながらスマッシュを打たれるほうが嫌だと思います。

 

つまり、体重が乗っているので、体感速度も速くなります。

 

これが前後の体重移動を利用した体感速度の上がるスマッシュが打てるようになります。

 

鋭角に沈むスマッシュを打つには

 

鋭角に沈むスマッシュを打つには、上下の体重移動を使う必要があります。

そうしたことでより沈みやすくなります。

 

男子であればジャンプすることで上下の体重移動が可能です。

 

女子であれば、腕の振り上げと打点が重要になります。

 

打点は身体より前で、練習であれば、ネットに引っ掛ける打点から徐々に打点を高くしていきます。

自分のポイントを覚えそこで当てることを意識してください。

 

腕の振り上げも肘から打つ瞬間までラケットを出さない感じで打つ瞬間にラケットが移動して体重が乗るのがベターです。

ジュニアにも必要な体重を使うこと

ジュニアでは身体的に成人に比べて、力だけで奧まで飛ばすことが難しいです。

その為にも体重移動が必要です。

その他にもジュニアに役立つ記事がありますので、ごらんください。

まとめ

この記事で一番勘違いしてほしくないことは体重を増やしましょーと言うことではありません。体重を移動する時にシャトルを打ちましょうということです。

 

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

まとめ

今回はバドミントンで鋭角に沈む+体感速度を上げるにはズバリ体重ということでお話をしてきました。