バドミントンの【ラウンド】はコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方

 

バドミントンの【ラウンド】はコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方
バドミントンの【ラウンド】はコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方

こんにちは。スゴバドです。「ラウンドショットを上手に飛ばしたいけど力が伝わらない」そんなときは・・・

今回はバドミントンのラウンドはコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

ラウンドに追い込まれてもスマッシュやクリアをしっかり返したい!

ラウンドに追い込まれたときは、しっかり返せないとそのまま決定打になってしまったり、甘いショットになります。

 

ところが、ラウンドに追い込まれてもスマッシュやクリアが奧までしっかりと返球できたら、とても有利な展開になります。

 

なので、まずは返球がしっかりできる身体を作らなければいけません。

その為に必要なトレーニングを紹介しましょう。

ラウンド強打に必要なインナーマッスルを鍛える

 

ラウンド強打に必要なインナーマッスルを鍛える
ラウンド強打に必要なインナーマッスルを鍛える

ラウンドを強打したいのならまず体幹をしっかりさせる必要があります。

 

表向きの筋力だけでは体幹はしっかりと鍛えることができません。内側の筋肉(インナーマッスル)を鍛えることにより体幹が強くなり、ラウンドに打たれても崩れにくいバランス力も手にいれることができます。

 

インナーマッスル関連記事

バドミントン体幹トレーニングメニュー。効果と鍛え方。(ストレッチ系・インナー系)

 

次の動作として必要な動きがテイクバックになります。

 

テイクバックが必要なワケ

テイクバックはバドミントンでラウンドに追い込まれた時に行なわないと奧までしっかりとシャトルを打つことができません。ラウンド奧でのスマッシュもパワーの伝わったシャトルが飛びません。

 

テイクバックは射的で言う所の構えですね。

 

この構えがあって、その後の腕の使い方でパワーを最大限に発揮できるのです。

テイクバックは打つ瞬間に行なう人もいますが、それだと自分の打ちたいタイミングで打つことが難しくなります。

 

上級者になればなるほど、コンパクトにラウンド奧に入る前からテイクバックが終わっていて、シャトルが到達している時には、「あとは振るだけ!」の状態ができているのです。

 

テイクバックは打点に入ってからだと遅い

なので、テイクバックは打点に入ってから始めると間に合わないことが多くなります。

ラウンドにしっかり足が運べているのに、空振りをしたり、シャトルがフレームに当たりやすい人。もしかしたら、テイクバックの問題かもしれませんね。

 

仲間やコーチにお願いして、見てもらったり、動画で確認してみてください。

バドミントン上達法。練習中や試合のフォームや打ち方を動画で映そう

 

次にラウンドだけではないのですが、腕の使い方もとても大切です。

ラウンドでの腕の使い方

ラウンドに限ったことではないのですが、体幹も良い、テイクバックまでしっかりとやれていて奧までショットが飛ばないのであれば、腕の使い方を見直して見ましょう。

 

腕は基本的にムチのように使えるのが理想です。

バットのような棒をフルイメージではなくて、しなるムチをイメージしてもらい、しなりでシャトルを打つことを意識できるのがいいです。

 

ラウンドに追い込まれるとどうしても腕の使い方も硬くなりがちです。

 

そうした時に力んで打つと腕の使い方が硬くなり、普段は良いショットが打てていても、打てなくなります。

 

力をぬいてリラックスした状態からインパクトの瞬間だけパワーを伝えると、あまり力がなくても奧までしっかりクリアを飛ばしたり、スマッシュがしっかり速く打てるようになります。

まとめ

ラウンドに追い込まれると振りになるのは、そこからのショットが甘くなるからなのですが、ここでラウンドに強くなると、逆に相手を追い込むショットが打てるようになります。

 

つまり、得意な場所にラウンドがなるわけです。

 

基本は、ラウンドをしっかり返せるようになることですが、応用ではラウンドに追い込んだからそこには打ってこないだろうなと相手が思う場所に返球コースを作って練習してみてください。

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンのラウンドはコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方ということでお話をしてきました。