バドミントンのスマッシュでの握力の使い方

バドミントンのスマッシュでの握力の使い方スマッシュの打ち方
バドミントンのスマッシュでの握力の使い方
この記事は約2分で読めます。

バドミントンのスマッシュでどのタイミングで握力を使えば良いのでしょうか。

このような質問をメルマガ読者さんからいただきました。
今回は、バドミントンのスマッシュでの握力の使い方について解説させていただきます。

スマッシュで握力は必要か

スマッシュを打つときに強いショットを打てない場合に
見直してもらいたいのが握力です。

当然タイミングで打つことが大事です。
なのでスマッシュは握力がなくても打てます。

しかし、今よりもスマッシュの強化を目指すのであれば
握力の部分を見直していただきたいと思います。

 

握力の使い方

握力はスマッシュのときにだけ握り続ければ良いものでもありません。

握力を入れる場所と握力を抜く場所があります。

握力の使い方を覚えてバドミントンでスマッシュを速く打てるようにしていきましょう。

なぜずっと握力をいれていてはダメなのか

握力をずっと入れている場合と瞬間で握力を入れている場合の
シャトルの飛び方で簡単な実験をしてみたいと思います。

バドミントンのスマッシュ時に握力の使い方について考える
  • 握力をいれたままの状態でインパクトを迎える
  • インパクトの瞬間に握力を使う

この2つをためしてみました。

結果でみればわかりますが、インパクトの瞬間に握力を使うほうがはずみました。

なので、インパクトの瞬間に力をいれる方がシャトルに力が伝わるのがわかります。

スマッシュでの効率的な握力の使い方

上の動画でわかるようにスマッシュでの効率的な握力の使い方としては、
スマッシュを打つ瞬間に握力を使うことの方が、
ずっと握力を使い続けているときよりも良いことがわかります。

まとめ

つまりずっと力んだ(握力をずっと使っている)状態ではスマッシュも速く打てることもなく、遅くなることがわかります。

インパクトの瞬間に握力が使えて打てるようにしてみましょう。

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンのスマッシュでの握力の使い方について解説させていただきました。

【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習-30の方法
ここではスマッシュの最速の打ち方と練習を30項目にわけてお伝えしていきます。 部位にわけた話・トップ選手の打ち方・指導者のDVD・スマッシュの練習方法など 多岐にわたりお伝えしていきます。 バドミントンスマッシュの打ち方 初...

コメント

タイトルとURLをコピーしました