バドミントンスマッシュ初速を引き上げていく方法

バドミントンスマッシュ初速を引き上げていく方法

 

バドミントンのスマッシュの初速は世界ギネスに載った最高493km/hでヨネックスのラケット、ナノレイZ-スピードでタン・ブンホン選手(マレーシア)が出した記録です。

スマッシュの初速が上がるとどのようなことが起きて、どのようなメリットがあるのか。

今回は、バドミントンスマッシュ初速を引き上げていく方法について考えていきましょう。

 

バドミントンのスマッシュの初速とは

 

バドミントンのスマッシュの初速とは、スマッシュを打った瞬間の最初の速度になります。

また相手の手元に届く時の速度を終速と言います。

 

そして、初速と終速の差は大きく変わります。

理由は、シャトルは特殊な形状をしていて、コルクから羽の先端まで開いていく形になっているので、打つ瞬間の速度がかなり早く、相手の手元ではかなり失速してしまうのです。

 

つまり相手に速いスマッシュを打ちたいのであれば、スマッシュの初速を上げていかなければ、スマッシュは速くならないということになります。

 

次にスマッシュの初速を上げていくメリットについて触れていきましょう。

 

初速を上げていくメリット

 

スマッシュの初速を上げていくと4つのメリットが生まれます。

 

  • スマッシュが速くなる
  • 終速も速くなる
  • 取りにくいスマッシュになる
  • 重いスマッシュになる

このようにスマッシュ全体がよくなることがわかります。

スマッシュが改善されていけば、決定率も上がったり、相手のレシーブも崩れやすくなります。

 

それでは、もう少し細かくみていきましょう。

 

スマッシュが速くなる

 

初速を上げていくことで、スマッシュが速くなります。

スマッシュを速くするためには、初速を引き上げる必要があります。

 

最初にスマッシュが当たった時により初速が速ければスマッシュが速くなるということになります。

終速も速くなる

 

初速が速くなるということは、終速も速くなることになり、相手のレシーバーにスマッシュが届く時にはとてもとても速く感じられることになります。

終速が速くなることで、よく言われる手元で伸びるショットがこれにあたります。

終速が速いととてもレシーブしにくくなります。

 

 

取りにくいスマッシュになる

 

初速が速くなると、スマッシュ全体の速さも上がります。

なので、非常に取りにくいスマッシュになります。

初速が上がることで、スマッシュが打たれた瞬間から相手のレシーバーに届くまでの時間も短くなるため取りにくいスマッシュになります。

 

重いスマッシュになる

 

スマッシュの初速が速くなると重たく感じるのは、レシーブを食い込ませて取らせることができるようになるからです。

スマッシュが打ってから相手がレシーブするまでの時間が短くなるために、いつものレシーブの位置よりも体に近い場所で取らせることができるので、重たいスマッシュになります。

 

 

初速が上がらない人の共通点

 

スマッシュの初速が上がらない人の共通点ということでここでは見ていきましょう。

スマッシュの初速が上がらない原因を3つ挙げていきます。

 

  • 大振りになっている
  • 力が入りすぎている
  • 打点に入れていない

 

それでは細かく見ていきましょう。

 

大振りになっている

 

スマッシュの初速が上がらない理由の1つに大振りになっていることが考えられます。

大振りになると初速を上げることができるインパクトの瞬間にしっかりと力を伝えることができなくなります。

 

理由は、大振りしている間に力が入ってしまうためです。

初速を上げるために大振りにならないようにしていきましょう。

 

 

 

力が入りすぎている

 

スマッシュの初速をあげようとして力が入りすぎている可能性があります。

シャトルがラケットに当たる瞬間に力が最大限に伝わることで初速は上がります。

 

シャトルを打つ前から力が入りすぎていることで初速が遅くなっているかもしれません。

 

 

打点に入れていない

 

初速の速いスマッシュを打つためには、打点に入れる方がシャトルに力が加わりやすく、スマッシュの初速も速くなります。

打点に間に合うように動いていきましょう。

 

 

初速を上げていく方法

 

スマッシュの初速を上げていく方法としては、コンパクトに力まずに打つこと、そして打点にできる限り入ることが重要になります。

なので、打点に入るためにはフットワークの強化が必要です。

関連記事はこちらからどうぞ

バドミントンのフットワークを速くする【簡単】リアクションステップ・トレーニング・練習方法

 

そして、次にコンパクトにインパクトの瞬間に打つことが重要になります。

グリップをインパクトの瞬間に握りこむこととシャトルがラケットから離れたらなるべく早く力を抜くことも初速を上げていくことになります。

 

また、その時にお腹に力を入れると、グリップの握りも強くなります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンスマッシュ初速を引き上げていく方法について解説してきました。

 

スマッシュの初速を上げていくメリットは

 

  • スマッシュが速くなる
  • 終速も速くなる
  • 取りにくいスマッシュになる
  • 重いスマッシュになる

でしたね。

この4つのメリットはスマッシュの決定力を上げて相手を崩すスマッシュが打てることに繋がります。

また、初速が遅い人の共通点も上げていきましたね。

 

  • 大振りになっている
  • 力が入りすぎている
  • 打点に入れていない

 

改善することでスマッシュの初速を上げていくことになります。

速いスマッシュが打てるように練習していきましょう。

 

また、スマッシュの打ち方や練習方法についてはこちらの関連記事をご覧ください。

色々な方法を載せています。

バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】