バドミントンでスマッシュが打てない人の3つの改善点

バドミントンでスマッシュが打てない人の3つの改善点

バドミントンでスマッシュが打てない人、打ちたいのになかなか早くならない人の改善点として、大きく分けて3つに分けて解説していきます。バドミントンでは、スマッシュは大きな武器になります。そのスマッシュが打てないなんて・・・というあなた。バドミントンスマッシュの改善点を見つめ直して、スマッシュが打てるように直していきましょう。

バドミントンでのスマッシュの役割

バドミントンのスマッシュは決定打の一つで役割としては攻撃です。しかし、それだけではないということを理解して、スマッシュを使うことで、あなたのバドミントンのプレーの幅も大きくなります。

バドミントンのスマッシュは決定打になりますが、相手を崩すための武器にもなります。あなたがスマッシュを打って、甘い返球がくれば、次のショットは決定打になりやすいです。

また、スマッシュがくることを警戒してもらえれば、相手の反応が遅くなり、有利にラリーを展開することが可能になります。

このように、スマッシュの役割としては、攻撃だけではなく、相手の足を止めるための役割だったり、有利にラリーを展開できる役割があることがわかりましたね。

それでは次にどのようにしていけば、スマッシュが打てない人が上達するのかを解説していきます。

 

 

スマッシュが打てない人が直すべき3つの箇所

 

スマッシュが打てない人の直す箇所として大きく分けて3つでご紹介します。

  • スマッシュのタイミングがわからない
  • スマッシュの打点が低い
  • ラケット面が上を向いている

この3つがよく聞く悩みです。どうしたら改善できるのでしょうか。

1つ1つ確認して行きましょう。

 

スマッシュのタイミングがわからない

 

スマッシュが打てない人の中でお多いのは、打つタイミングがわからない人。

スマッシュのタイミングがわからない人の多くは、打点が定まっていない場合や、フォームが一定ではない人に多いです。

タイミングとしては、横から見ると頭よりやや前で打てると良いです。そのスマッシュのタイミングを測るためには、吊るしシャトルなどを置いて、それを打つ練習が良いです。

スマッシュのタイミングがわかるように練習してみてください。

タイミングがつかめるとスマッシュも早くなり、きちんと沈めることができるようになってきます。慌てず、雑にならないように吊るしシャトルで練習をしてください。

 

 

スマッシュの打点が低い

 

スマッシュの打点が低くてスマッシュが打てない、入らないという方も多いです。また、素振りではスマッシュの打点がしっかりと高いところにあるのに、実際にシャトルがくると打点が低い状態になる場合もあります。

この場合には、やはり吊るしシャトルは有効ですね。

シャトルを吊るして、ラケットにシャトルを当てるイメージを吊るしシャトルでつけていくことで安定した振り抜きができるようになります。また、素振りの時は打点がしっかりできている人で、実際にシャトルがくると打点が下がる人は、まだまだシャトルへの振り抜きの練習をおこなってください。

吊るしシャトルなどで打点に飛んでくるイメージをつけて遠い位置で触れるように何度も何度も繰り返してください。

それくらい癖をつけて高い打点を意識しないと、打点が低いままの格好悪い打ち方が癖になり、今度は直すのに時間がかかってしまいます。

なので、スマッシュの打点は気にしてみてください。

 

ラケット面が上を向いている

 

ラケットの面がシャトルが当たる瞬間に上を向いている場合にもスマッシュが打てなくなります。面が上をみているので、シャトルは上に飛んでしまいます。スマッシュの打点が低い場合に、ラケットの面が上を向いている場合が多いです。距離が出せずにネットに引っかかってしまうからです。

なので、まずはスマッシュの打点を改善して高い位置で当てられることが一番。それができている方はラケットの面をシャトルに当たる瞬間に上を向かないようにしていきましょう。

それがなかなかできないから困ってる。と思います。

高い打点が作れるのであれば、あとは手首を少し入れるようにしてみてください。

まずは素振りで試してみてください。

手首を少し入れると、ラケットの面が少しだけ下向きになります。そうなることで、スマッシュが打ちやすい状態になります。

また面が沈む方向になっているので、打点から下に向かうような形になり、スマッシュを打った時にスマッシュが沈みます。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンでスマッシュが打てない人の3つの改善点について解説させていただきました。

ポイントは3つです。

  • スマッシュのタイミングがわからない
  • スマッシュの打点が低い
  • ラケット面が上を向いている

このようなことを意識して、スマッシュの改善に繋げてもらえれば嬉しいです。また、その他のスマッシュの記事は関連記事よりご覧ください。

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】