バドミントンスマッシュの2種類のコントロールで上達しよう

バドミントンスマッシュの2種類のコントロールで上達しよう

 

バドミントンのスマッシュコントロールはとても難しいですよね。

コントロールがずれたり、思うように行かない時は何が原因なのでしょうか。また2種類のコントロールをマスターしてスマッシュを上達させていきましょう。

スマッシュコントロールが悪くなる原因

 

スマッシュコントロールでミスに繋がることが多い人は何かしらの原因があります。

その原因がまず何なのかを考えていくと良いです。

 

そこでまずは、どのようなことでスマッシュのミスに繋がりコントロールが悪くなっているのかを考えていきましょう。

 

  • 力みすぎ
  • 大振り
  • 打点に入れていない
  • 腰の回転
  • フォロースルー

 

このように5つの原因が考えられます。

スマッシュコントロールの原因を細かくみていきましょう。

 

力みすぎ

 

力みすぎが原因でスマッシュコントロールが悪くなっている可能性があります。

スマッシュを打つ時力が入りすぎていて、例えばネットに引っかかってしまったり、思うようにコントロールできない可能性があります。

 

インパクトの瞬間だけ力を入れるようにして、力みすぎにならないようにしていきましょう。

 

大振り

 

スマッシュコントロールができない原因に大振りになっている可能性があります。

大振りをしてしまうことで、フォームが崩れることがあります。

また、大振りをすることで、インパクトが遅れてバックアウトやインパクトが早くてネットに引っ掛けてしまうことがあります。

大振りになるとタイミングを掴むのが難しくなるのですね。

 

なので、大振りをなるべくしないようにして、コンパクトにスマッシュを打つことを心掛けましょう。

 

 

打点に入れていない

 

打点に入れていない場合に、スマッシュコントロールが悪くなる場合があります。

打点に入る為には、フットワークをして、打点したでスマッシュを打てる態勢にならなければコントロールが難しいです。

あまり動かなくて良い時にコントロールはできてるのに、大きく動かされた時にコントロールができていない場合には、打点に入れていない可能性があります。

打点に入れるようにフットワークを強化していくのが良いでしょう。

 

こちらはフットワークの関連記事になります。

バドミントンのフットワークを速くする簡単リアクションステップ

 

 

 

 

 

腰の回転

 

腰の回転がインパクトに合ってないなくて、左右のコントロールができていない場合があります。

また逆に腰の回転が使えていなくて腕だけでスマッシュを打っていてコントロールができていない可能性もあります。

 

腰の回転を使う時にお腹に力を入れるようにしてみるとインパクトの時にしっかりとスマッシュに力が伝わり、コントロールもしやすくなります。

 

 

フォロースルー

 

フォロースルーとは、スマッシュを打った後のラケットの振り抜きになります。

フォロースルーがあなたの打ちたい方向にできていない場合、それが原因でコントロールがうまく行かない可能性があります。

また、フォロースルーができていない場合、スマッシュコントロールができない原因になっている可能性もあります。

どういうことかというと、スマッシュを打った後にフォロースルーをせずにラケットを止めてしまう場合スマッシュコントロールができない原因になっている可能性があります。

 

その場合には振り抜きを意識しましょう。

 

スマッシュの2種類のコントロール方法

 

それではスマッシュを2つの種類のコントロールに分けてコントロールする方法について考えていきます。

 

まずコントロールには

 

  • 高さに対するコントロール
  • 左右に対するコントロール

 

この2つがあります。

高さに対するコントロール

 

高さに対するコントロールは特に力みや打点を意識していくことが大事です。

打点が間に合わない場合や振り遅れるとバックアウトすることになります。

 

また、打点によって実際にはスマッシュが入る場所が実は決まっています。

こちらの関連記事を読んでいただきたいと思います。

バドミントンでミスショットが多い人にもう一度見直して欲しい3つのこと

 

身長によっても打点は変わります。

わかりやすく言えば、身長の低い人ほど、横から見て真上に近い位置でスマッシュを打たないとネットを超えない可能性があります。

また、コートの一番後ろから打つときは横から見て真上に近い状態でインパクトを迎えること、そして、ハーフコートに近くほど、打点は前にする方が沈めることができます。

 

 

左右に対するコントロール

 

左右に対するコントロールはフォロースルーや腰の回転などでスマッシュコントロールは改善されます。

特にフォロースルーはスマッシュ打ちたい方向に振り抜くことでコントロールがしやすくなります。

 

今、あなたがフォロースルーを意識できていないようであれば、一度練習で試して欲しいと思います。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

 

今回は、バドミントンスマッシュの2種類のコントロールで上達しようについて解説してきました。

まずはスマッシュコントロールがきかない原因について上げてきました。

  • 力みすぎ
  • 大振り
  • 打点に入れていない
  • 腰の回転
  • フォロースルー

この5つがスマッシュコントロールのミスの原因ということがわかりましたね。

 

そして、もう1つ。

 

スマッシュコントロールには2種類あることをお伝えしました。

  • 高さに対するコントロール
  • 左右に対するコントロール

 

こちらの2つでした。

また、この2つのスマッシュコントロールを改善させるための方法を解説させていただきました。

 

スマッシュは速いだけで、ミスをしていては相手に得点を与えてしまいます。

なので、スマッシュコントロールが必要になってくるわけですね。

 

この他にもスマッシュを上達させる方法はあります。

こちらがスマッシュのまとめのような関連記事です。

 

ぜひご覧ください。

【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習-30の方法