【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しよう

バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しようバドミントン上達
バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しよう
この記事は約6分で読めます。

 

バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しよう

バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しよう

バドミントンはラケットの角度を見るとどのようなショットが出せるのかわかります。

大げさな話、ラケットを下から出してスマッシュは絶対に打てません。

実際の試合になるとこのようなことをあまり考えないで試合していることも多いのではないでしょうか。

 

今回は、ラケットの角度で相手がどのようなコースに打ち分けられるのかを考えていきましょう。

 

 

ラケットの角度

ラケットが上向きの場合

ラケットが上向きの場合

ラケットが上向きの場合

ラケットの角度が上向きの場合には、スマッシュやドライブなど強打がくる可能性が高くなります。

ラケットの面が上向きになると・・・

  • 攻撃的なショット
  • 柔らかいショット
  • クリア

と多彩なショットが来る可能性があります。

強打だけと判断がつけば楽ですが、その他にも前後に振れるショットが打てるので、張らなくてはならない場所が多くなります。

 

ラケット面がやや立っている場合

ラケット面がやや立っている場合

ラケット面がやや立っている場合

 

ラケット面がやや立っている場合には、同じくドライブのように強いショットが来る可能性がありますが、角度があるスマッシュのようなショットは絶対にきません。

 

なので、上半身で処理できるものがほとんどとなります。

相手がこのような態勢で打ってきたのに、ラケットを下げてしまっていては振り遅れてしまうばかりでなく、広い範囲を守って、来ない可能性が高い場所のレシーブも想定している事になるので無駄が多くなります。

この場合には、ラケットをリストスタンドして、なるべく上半身に集まるシャトルの処理に徹しましょう。

 

このときに範囲を広く取ろうとせずに、自分の体の近くの処理をしっかりとできるようにしていくと安定感のあるプレーができます。

また、守りから攻めへと変わるチャンスを作るタイミングも逃しにくくなります。

 

下からラケットで触った場合

下からラケットで触った場合

下からラケットで触った場合

 

下からラケットで触った場合には、相手はロビングや落としてくるまたはプッシュレシーブのようなショットが多くなります。

つまり守りにつかなくてはならない状態になっているという事です。

 

このような場合には、相手が落としてくることも多くなるので、前に詰めて相手がネット前などに落とせないように潰して置くことで、ロビングを上げてきたり、前衛でも穴になっている場所を狙うしかなくなるという事になり、コースの限定もしやすくなってきます。

 

積極的に守りから攻撃に転じるチャンスになったとも言えます。こうした場面ができたらためらわずに積極的にチャンスを広げて攻めていって欲しいと思います。

 

スマッシュを打たれた時の反応

 

スマッシュを打たれた場合には、頭の上から下までが狙われる範囲になってしまいます。

これは、全身を狙われてしまう事になり、広範囲で守備をしなければならなくなります。

 

つまりできる限りこの状態から打たせないことが重要になりますね。

もちろん、大きくロビングをすることもときには大切ですが、その場合にも『ただ打たせる』のでなくて、打たせるけれども打ちにくい場所へロビングするとか、ラウンドの奥を狙うとか、相手が楽に打てない場所へ返球していくことも大事だということがわかります。

 

身体が伸びている時に打てるショット

 

身体が伸びきっているときに打てるショットはとても限定されています。

なので、ジャンプをした=強打とは限らないのです。

 

身体が伸びきってしまっていると強打は打てないので、前に落とすしかできなくなったり、ショットも甘くなる力が入らないことが多くなります。

そのため、身体が伸びきったような状態に見えたら、ネット前に潜り込みチャンスを伺うのも1つの戦略になります。

 

ハーフショットの返球などラケットの角度が大事

 

相手にハーフショットを狙われたときに、やはりラケットの角度を見ておくのが大事になります。

ノーロブで相手の穴をついていくときにハーフショットをこちらが出します。

 

そのときに相手が間に合っていてラケットが立っている状態であれば、強打がくる可能性〜前に落としてくる可能性まであります。

これが、ラケットが斜め上になったり横になれば、強打の確率は減っていき、可能性としては、こちらが守りから攻めに変われるチャンスを作ることができるかもしれません。

 

そして、下からラケットが出てきた場合には、前に落とすか上げてくるかしかできないことが多くなるため、ネット前に一人が張り付きにいき、もう一人は後衛のチャンスを伺うこともできます。

 

関連記事

→ バドミントンのノーロブとは?身長が低くても強くなれるダブルス

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンでは相手のラケットの角度でコースを考えて上達しようということで解説をさせていただきました。

 

ラケットの角度には大きく分けて

  • 斜め上
  • 斜め下

このように分けることができるかと思います。

上から打たれるショットは強打も打てて柔らかいショットも打てます。

それぞれの特性から次にくるショットを予測していくことで、試合を有利に展開していくことおができると思いませんか。

ぜひ、活用してあなたの上達に役立てていただければ嬉しいです。

 

 

関連記事

→ 『ゼロから始める!ダブルスのフォーメーションと攻防』

→ 初心者が3カ月で・・・有田浩史の“ゼロから始めるテクニック” !

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました