素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)

素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)バドミントン初心者練習メニュー
素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)
素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)

素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)

素振りは、バドミントンで競技として始めるときに1度は誰でも行うもの。バドミントン初心者としては、これ以上につまらないものはないかもしれませんね。

私も素振りがとても嫌いでした笑

ところがバドミントンが上達するに連れて素振りの大切さが大きくなってきました。

なので、今回は素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)ということを解説していきます。

素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)

素振りで短期間上達3つの方法(バドミントン初心者編)

 

  • なぜ初心者の人ほど素振りをすることが重要なのか
  • バドミントンの素振りで身につくことはどのようなことなのか
  • 素振りの回数はどれくらい?
  • どのような素振りの練習方法があるの?

 

などを解説していきたいと思います。

 

バドミントンの素振りとは

バドミントンの素振りとは

バドミントンの素振りとは

バドミントンでの素振りはラケットの動作を覚えるために必要な練習になります。

シャトルを使わずに、シャトルが飛んでくることをイメージしながら素振りをしていくことで、実際にシャトルが飛んできた時に同じフォームで打てるようになっていきます。

上から打つための素振りと横から打つための素振り、そして下から打つための素振り、またフォア側バック側にきた時のための素振りを行なっておくと良いです。

上級者などでもバドミントンの実際の試合では試合前や試合途中に素振りでフォームの確認などを行う場合もあります。

体育館の状況などにより床が滑りやすい、滑りにくい、動きやすい動きにくいなどを確認するためにも素振りとフットワークなどを行い、試合前に体育館のコンディションをみているわけですね。

また、会場によっては、天井が広い場合もあるし、天井が低い場合もあります。

そうすると、実際にシャトルが来るまで遠近感もだいぶ違ってきます。

 

感覚をその体育館のコンディションに合わせるためにも素振りはとても大切になるのです。

 

 

バドミントンの初心者はなぜ素振りが必要?

 

バドミントンの初心者はどうしてもフォームが一定ではありません。

例えば同じように飛んできたシャトルに対しても、1球目は体の近くで打ちすぎたり、2球目は空振りしたりと方向も定まらないことが多いです。

理由としては、同じ素振りができていないことが原因と言えます。

なので、同じ素振りができるように素振りをしていくことで、狙った場所へ打つことや、空振りが減ることになります。

 

素振りをすることで得られる初心者の効果とメリット

 

素振りをすることで得られる初心者の効果とメリット

素振りをすることで得られる初心者の効果とメリット

素振りをして得られる効果とメリットはなんと言っても、ミスが減ることです。バドミントンの初心者のミスのうち素振りが安定していないために起きるものです。

もちろん素振りだけがミスの原因ではないです。

素振りを見直すことで、実際のフォームとの差が縮まってきたら安定してくることにもなります。

初心者の時にある程度固まってきた素振りでも中級者になって、素振りが雑になってしまっている場合などがよくあります。

ミスが増えたな・・・などと思ったら初心者ではなくても素振りを見直すのはとても大切なことです。

 

また、素振りが安定してきたのに、ミスが多い場合や空振りが多い場合には他の原因があるものと考えられます。

例えばフットワークです。

初心者の人は特にフットワークで体がぶれる人が多いです。

しっかり止まっているつもりでも、グラグラと体が揺れている場合があります。

 

そうすると体がブレているので、シャトルがラケットに当たる瞬間にあなたが当てようとしている場所と大きく外れて、空振りやフレームショットになってしまうことにもなります。

 

そうならないように体をしっかりと止めてからシャトルに当てられるようになると良いです。

その場合にはこちらの記事を参考にして見てください。

→ バドミントンの【重心移動】は頭1つ分!1.5倍のフットワークを体感しよう!

 

素振りのデメリット

 

素振りのデメリットは、私もよくわかっています。

  • 面倒
  • 単調
  • つまらない

この三拍子がデメリットです。

とは言え、冒頭でもお話させていただいたように、素振りを覚えないとバドミントンは安定しません。

 

素振りの回数はどれくらいが良い?

 

素振りの回数はどれくらいが良い?

素振りの回数はどれくらいが良い?

素振りの回数がどれくらい行えば良いかという明確な回数はありません。

バドミントンのフォームが安定して作れるように振れるようになるのが目標です。

 

そのためには、毎日続けられるだけの回数を行うのが良いでしょう。

例えば、50回を目標に

  • 上から打つショット(オーバーヘッドストローク)
  • 横から打つショット(サイドハンドストロークまたはサイドアームストローク)
  • 下から打つショット(アンダーハンドストローク)

を行なったりしていけば良いかと思います。

 

素振りの注意点

単純に素振りをしていてもフォームは身につかないものです。

シャトルがトンで来ているイメージをしながら、遠くに飛ばす、または打ちたい方向へ飛ばしているイメージをして素振りを行いましょう。

 

 

 

素振りを楽しくする初心者3つの練習方法

素振りを楽しくする初心者3つの練習方法

素振りを楽しくする初心者3つの練習方法

素振りがつならない。楽しく素振りする方法はないのかな?

と思っている人もいますよね。

なので、ここでは解決法としては3つ・・・

 

  • 試合をしている人の後ろで試合をイメージして素振り
  • 憧れている人・上手な人の真似をして素振り
  • ユーチューブやDVD教材などでイメージを付ける

このようなことで素振りを楽しめる練習方法に変わりますね。

 

また、バドミントンの素振りを『鏡の前』で行うのもあなたのフォームがしっかりと確認できていいですね。

あとは、スマホで動画をとって確認することも大事ですね。

素振りの確認のために人にお願いするのが恥ずかしいと言う人は100円ショップなどでスマホのスタンドを購入して自分自身で撮影して見てはいかがでしょうか。

このように素振りの練習方法を工夫するだけでも楽しく素振りができますね。

 

バドミントン上級者でも素振りはするの?

バドミントン上級者でも素振りはするの?

バドミントン上級者でも素振りはするの?

バドミントンの上級者では素振りはしない?と言う疑問ですが、試合の合間や始まる手前で素振りやフットワークなどでコートの感覚を掴むために行なっていますね。

ジャンルは違いますが、ボクシングでも試合前にリングに上がりシャドーで打ち込んでいますよね。それこそフットワークをしながら。

バドミントンも同じで素振りを試合前に行う人が多いです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントン 初心者の素振り上達方法について解説をさせていただきました。

バドミントンの初心者さんには素振りを行うことはとても重要ということがわかりましたでしょうか。

そして、その練習方法としては・・・

 

  • 憧れている人・上手な人の真似をして素振り
  • ユーチューブやDVD教材などでイメージを付ける
  • 鏡を見て素振り
  • 動画に撮る

などの方法があります。

 

その中でも参考にする人がいない・・・と言うことであればこちらのDVD教材を参考にして見てください。

文字でみていくよりも、動画をみる方がわかりやすいという人もいます。その場合にはとても参考になるバドミントンの動画のみを紹介しています。

随時新しいものはこちらでご紹介しております。

バドミントンDVD教材

バドミントンDVDを視聴して評価

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました