バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニング

 

バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニング
バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニング

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷加圧トレーニングというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンシニアからでも始められるトレーニング

一昔前ならば、筋肉をつけて、頑張ればそれでバドミントンは強くなれる!

なんて言っていたかもしれませんが、最近では、トレーニング方法も多く出てきて、非常に効率よくバドミントンに直結する結果が得られるトレーニング方法が増えてきました。

今回は皆さんもご存知かもしれませんが、私の仲間も行っているトレーニング方法の解説と感想を解説していきたいと思います。

また、多くの意見ではないので、偏った意見になるかもしれませんので、そこだけはご了承ください。

バドミントンシニアからでも始められる周辺視野トレーニング

バドミントンでいうシニアは日本の大会では大体30歳からです。

海外のシニア大会は35歳からです。

その内日本でもシニア大会は35歳からになると言われていますが、なかなかそうなりませんね。

そもそも、30歳の人達は動きからすると全然若者の様な動きをするので、そもそもシニアと呼ぶには失礼かもしれませんね。

年齢はともかくとして、バドミントンだけでなく、色々なスポーツでも注目を浴びている周辺視野トレーニング。

そもそも周辺視野とはなにかですよね。

周辺視野は一瞬で周りをみる能力とでも言えばよいのでしょうか。

例えば、バスケットボールで次に誰かにパスを出さなければならないような一瞬のシーンでパッと全体を見回して、仲間がどこにいるのか判断して、パスを出します。

その時、選択肢が1つでも多い方が良いですよね。

目の前の仲間が1人しか見えていなかったら、その人にしかパスが出来ず、パスカットをされてしまうかもしれません。

ところが、周辺視野の能力が高い選手は3人見えたりします。

ですから、選択肢として、3つ考えられる訳です。

そうする事で、相手に的を絞らせる事無く、パスが出せる様になります。

バドミントンでの周辺視野の使い方

 

では、バドミントンでは仲間にパスをする訳でもないので、周辺視野をどうやって使えば良いかを解説します。

これは初心者の人にはなかなか難しいとは思うのですが、バドミントンの基本のお話からします。

バドミントンでシャトルをラケットで打つ時に、目線はどこにありますか?

当然ですが、目線はシャトルがラケットにインパクトするまでを見ていると思います。

これがバドミントンでの基本です。

これが基本からそれて応用になるとどうなるか。

応用その1

ひとつはインパクトを迎える前に相手の立ち位置を確認します。

それからインパクトを迎えます。

応用その2

この応用が周辺視野の能力を使ったものですが、シャトルを打ちながら相手を見れる様になります。

そうする事で、相手がどこにいるか、相手はフォアハンドで待っているとか、そういったことが見えるのが、周辺視野が広い選手だと見えてきます。

ずっと相手を見ながらシャトルを打つ事は不可能なのか?

もしかしたら、周辺視野が広がったら、相手をずっと見ながらシャトルを打つ事が出来る様になるのでは?

と思い若い頃に試した事がありました。

全然できませんでした。笑

ですから、基本は基本です。

それから、周辺視野の能力が高くても見えない場所があります。

それが、ハイクリアやロビングの真下に落ちて来る様なシャトルです。

この時には周辺視野の能力が使う事ができません。

そういったシャトルを受けたときはイメージを立てます。

ロブを上げた選手はそのまま前へ残っているな?

とか

サイドバイサイドに広がったな?

とか予測をすることで、周辺視野がつかえなくとも良質なラリーを続ける事が出来る様になります。

次に周辺視野トレーニングの方法です。

周辺視野トレーニングの方法

動画を再生して周辺視野のトレーニングを行ってみてください。

毎日続けることで、周辺視野の能力がきたえることが出来ます。

小中学生とかいてありますが、あなどれません。

バドミントンシニアからでもできる初動負荷トレーニング

バドミントンのシニアの方でも多く取り入れているのが、この初動負荷トレーニングです。

どういったものかというと、例えば、腕立ての動作があります。

その沈み込む瞬間の動きを初動と言います。その初動が一番負荷がかかっていて、その後は力が抜けていき、最後は0となる理論です。

その初動を身体に染み込ませる事で、バドミントンで言えば自然な形でインパクトを捉える力が備わったりするようです。

初動負荷トレーニングはスポーツジムでも取り扱いがあまり多くありません。

また、結構会費も高いので自宅でできないものか?

と思い調べたところ、面白い動画を見つけたので、貼付けしておきます。

初動負荷の理論も簡単に説明しているので、自宅でやるヒントにしてみてはどうでしょうか。

最終雇用までメジャーで獲得したイチロー選手も行っている初動負荷トレーニングです。

参考にしてみてください。

私の仲間でも数名通っていますが、初動負荷の効果は力の入れ方と抜き方が良くなった。

筋肉が柔らかく(良好)になった。

ということが共通で上がってきます。

バドミントンシニアからでもできる加圧トレーニング

今度はバドミントンシニアからでもできる加圧トレーニングです。

加圧トレーニングは一部を加圧して、乳酸を作りやすくする。

加圧部分を外すと濃くなった乳酸を体内に駆け巡り、成長ホルモンが分泌されるトレーニングとなる。

疲れにくい、身体つくりの為に導入したりしていました。

個人的に行うには、怪我にも繋がるのでおすすめはできません。

 

バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニングまとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニングについて解説をさせていただきました。

周辺視野に関しては、スマホやパソコンがあればできるので、とても気軽に周辺視野のトレーニングができますね。

 

この他のトレーニングについては、関連記事を見ていただければ嬉しいです。

関連記事

バドミントン体幹トレーニングメニューはコレ!効果と鍛え方。(ストレッチ系・インナー系)