バドミントンプッシュレシーブの練習法とコツ

バドミントンプッシュレシーブの練習法とコツプッシュレシーブの打ち方
バドミントンプッシュレシーブの練習法とコツ
バドミントンプッシュレシーブの練習法とコツ

バドミントンプッシュレシーブの練習法とコツ

プッシュがレシーブできない!!!

プッシュレシーブにはコツがあります。意外に簡単にできるようになります。練習法と動画もありますので、是非参考にしてみてください。

 

 

初心者最速上達法⇒ ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~ [DVD]

 

 

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンプッシュレシーブの練習法とコツについてというお話をしていきます。
2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンの上達の為に初めに覚えなくてはいけないのが、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークです。こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

フットワークの関連記事

→ 桃田賢斗のリアクションステップ!フォア奥への移動からスマッシュ

 

プッシュレシーブを強化

バドミントンのプッシュレシーブとは

プッシュレシーブを強化

プッシュレシーブを強化

バドミントンでプッシュを打たれた時にその対処法がプッシレシーブになります。基本的には相手のいるネット前に早い速度(低速もある)で下から上へ打つショットの事を指します。基本はプッシュレシーブと呼ばれているので、守りではありますが、返球コースを自在に操る事が出来る様になれば攻めにも変わるとても強烈なショットです。

 

プッシュレシーブはネット前からの攻撃が多いショットなので、打ったらすぐに返球がきます。

その時に反応が出来なければミスに繋がってしまうのです。

 

なので、プッシュレシーブが苦手な人は決め手になることも多いショットですが、相手のミスも多くなるので、安定化をつけていけると良いですね。

 

ダブルスの場合にはサイドから同じサイドにプッシュを打たれた場合に、逆側のサイドがオープンなことがあります。その時にプッシュレシーブをすればそこから攻撃になれるわけです。

初心者の人はまず、ストレートに返球できるようになりましょう。真っすぐ返すのって上級者でも難しいものです。中級者、上級者の人はどこを狙われても、こちらが思っているコースに返球できるように意識してプッシュレシーブしてみましょう。

 

プッシュレシーブのコツは?

 

プッシュレシーブのコツは

  • ラケットを大振りしない事。肘からラケットを出していきましょう。慣れたら、握りだけで返球出来る様に意識してください。
  • 目(眼球)を大きく動かさない。あまりにシャトルを追いすぎると目が追いつかなくなりミスに繋がります。
  • バックハンドでレシーブする(スマッシュのレシーブも基本は同じ)

 

このようにプッシュレシーブの意識していく場所を考えて練習していくと、レシーブ力も付いてきます。

 

ラケットを大振りしない

プッシュレシーブでラケットを大振りしない

プッシュレシーブでラケットを大振りしない

 

ラケットを大振りすると次のリターンも早いため間に合わなくなります。そのために大振りをしているとミスが多くなります。腕から振らずに肘から振っていく練習をしてみてください。

また、肘から振れている人は、手首の回内、回外運動で返球できるように意識して、よりコンパクトに打てる練習を取り入れてみても良いでしょう。

回内、回外のみで打てるメリットは肘を使い返球出来ない、追い込まれた時などに活かせます。

速度があるプッシュなどにも対応するのに、回内・回外運動でのプッシュレシーブを覚えていきましょう。

バドミントン【初心者】です。回内回外運動と筋トレ・練習法について知りたいです。

 

レシーブの時は眼球を大きく動かさない

レシーブの時は眼球を大きく動かさない

レシーブの時は眼球を大きく動かさない

 

眼球の動きは非常にミスに繋がっています。これはプッシュレシーブにのみ言える事ではなくて、全てのショットに言える事です。特に上下の動きに眼球は弱いので、極力眼球を動かさないで動くのがベストです。

多くの人の場合、視線をシャトルに合わせてしまいます。

シャトルを目で追うことにより、自分で打ったロビングを見上げてしまう場合です。

シャトルを見上げてしまったために、眼球が戻るのが遅く、レシーブでは焦点がしっかりとあっていないためにミスが増えることがあります。

このことは意識をしていくことで改善されますので、今シャトルを目で追ってしまう人はこれが原因でミスが増えているかもしれません。

一度確認していくと良いです。

関連記事はこちらからご覧ください。

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。

 

 

 

バックハンドでプッシュレシーブする

 

 

バックハンドでプッシュレシーブするのには理由があります。逆にフォアハンドでは守れる範囲が狭いのです。実際にフォアハンドでラケットを振ってプッシュレシーブすればわかりますが、利き手の半分まで約50%くらいしか守る事ができません。

しかしバックハンドに持ち変えてプッシュレシーブすると90%は守れるはずです。

プッシュレシーブを安定させる

プッシュレシーブを安定させる

プッシュレシーブを安定させる

プッシュレシーブの安定に必要な事は面をしっかり作る事です。

 

その為には、

  • 手首を使い過ぎない様にすること
  • 肘を上手に使うこと

 

などを挙げています。

 

 

バドミントンのプッシュレシーブの練習法

バックハンドからのプッシュレシーブ練習方法

プッシュレシーブは基本バックハンドで持つようにしましょう。そうすることで、殆どのショットを返球できる様になります。それでは、バドミントンのプッシュレシーブの練習法を紹介したいと思います。

 

初心者の人はまずコート外かネットを挟んだ所から上から手投げでシャトルを出してもらいましょう。初めはしっかりと目で追って構いません。ガットに当たる所までシャトルをみてください。

 

上は一般的ですがもうひとつの練習法を紹介します。

プッシュレシーブを大振りしない癖をつける練習法

プッシュレシーブを大振りしない癖をつける練習法

プッシュレシーブを大振りしない癖をつける練習法

10球位で構いません。トスしてもらう人にシャトルを持ってもらいます。ノッカーの利き手と反対に立ってもらい、上から10球パラパラとシャトルを落下させてもらいます。出来る限り大振りせずにレシーブしてみます。

 

肘から出していきますが打った後の動作も素早くしていきます。

握る事でシャトルを弾くというイメージが身に付きます。

プッシュレシーブは大振りすると遅れてしまい、最後には振り遅れて食い込まれてしまいます。そうならない為にも大振りをやめて、コンパクトに打てる様になることが大事です。

 

クロスへプッシュレシーブができるように練習

 

プッシュレシーブでストレートで続けて打たれていると、少しでも甘くなると更に打たれて結局決められてしまう。そんな場面よくありますよね。

そうならないためにも、クロスにプッシュレシーブができるようになるととても有利です。

 

ストレートにきたプッシュに対して、反対側のオープンスペースにプッシュレシーブできるようになれば、それだけで1回相手の攻撃の手を休めてもらうことが出来ます。

 

そうすれば、場合によっては、相手がロビングをあげてくれれば、こちらが攻撃に変われるチャンスにもなります。

方法としては、ストレートにプッシュレシーブが来た時、クロスのレシーブする意識を持っていること。

クロスにレシーブを振る場合、準備が整っていなければ返球出来ないことも少なくありません。

 

なので、クロスへプッシュレシーブする準備をしておくことが大事になります。

 

初心者に限らず、上級者にも良い練習になりますので、ぜひ、やってみてください。

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンプッシュレシーブの練習法とコツについてということでお話をしてきました。

 

3ヶ月で変わる初心者DVDの決定版

 

バドミントンのフォームに特化したDVDでここまでわかりやすく、細かく説明されているものもなかなかありません。

スゴバド管理人がみた中でも、これほど初心者(超初心者も含む)に向けて作り上げられているものは他にありません。

 

 

有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

DVDも3枚入っていて充実の内容になります。

初心者からフォームをしっかり覚えたい方におすすめです。

 

詳しくはこちらからご覧ください。

有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

有田浩史の“ゼロから始める!バドミントン上達テクニック” ~初心者が3カ月で劇的に変化する9つの基本フォーム練習法~

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました