【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。バドミントンの打ち方やコツ
バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。
この記事は約6分で読めます。

 

 

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

↑YouTubeでもバドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。について簡易的な説明をしています。

 

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンでは、眼球がミスを誘っているのをあなたは知っていますか?この話はあまり知られていないことだと思います。

 

バドミントンで眼球の使い方を覚えるとミスが減りますので、是非眼球の使い方を覚えましょう。

 

眼球の動きを別の表現で指導の時には言われています。

体勢を一定にとか、頭を上下させない様にとか

これは、頭が動いたり、体勢が上下すると目がシャトルをしっかりと捉えられないので、体勢を動かさずに取りましょう。

 

とよく聞くこと、言われていることだと思います。

 

今回の解説はこれとも少し違う眼球のクセのお話です。

眼球のクセとは?

 

 

眼球はどんなスポーツをやるにも大変必要なものだと思います。

ブラインドサッカーの様に眼球を使わない競技もありますが、基本的には殆どのスポーツは眼球を使います。

 

そして、どんなスポーツでも眼球の使い方でミスが増えたりしている場合があります。

そんな眼球にはクセがあります。

そのクセとは、動体視力や周辺視野のようなことともまた違います。

 

眼球は上下の動きに非常に弱いのです。

眼球の弱点は目の上下の動き

これはどういうことかというと、眼球が下を見ます。今度は上を見ます。そして最後に目の高さを見ます。

 

この動きをした時に、最後の目の高さを見た時に焦点がぶれます。

 

眼球の弱点は目の上下の動き

眼球の弱点は目の上下の動き

少しすると戻るのですが焦点を合わすまでに時間が数秒かかります。

 

  • 真ん中に焦点を合わせる様に眼球が上下して微調整
  • 焦点が合う

となってようやく焦点が合うのです。

つまり、これってロビングを上げるときの話なのです。

そして、ロビングの後の相手からのスマッシュレシーブのミス

これが眼球に大きく関わっているのです。

スマッシュレシーブのミスは目線の使い方で減る

スマッシュレシーブのミスは目線の使い方で減る

スマッシュレシーブのミスは目線の使い方で減る

ロビングやロングレシーブの時の話です。

あなたは、自分の打ったシャトルを頭を上げて目線でおって見ていたりしてませんか?

ロブ・ロングレシーブをした時に打ったシャトルを目で追うと先ほどの眼球の弱点がでます。

するとレシーブの時には眼球がまだぶれているのでミスやフレームショットが多くなります。

 

では、どうすればいいのでしょう?

 

簡単な様で難しい。

 

シャトルを追わないでください。

大きくあげたロブやロングレシーブのシャトルの軌道の頂点からは、世界ランカーでさえ打てません。

大きくあげたロブやロングレシーブのシャトルの軌道の頂点からは、世界ランカーでさえ打てない

大きくあげたロブやロングレシーブのシャトルの軌道の頂点からは、世界ランカーでさえ打てません。

ジャンプスマッシュを打ってくる相手でもジャンプして届くところが、一番高い位置になります。

 

なので、ロブを打った後は打ってくる選手のラケットの面を追います。

 

そうすることで、今までミスしてスマッシュレシーブが取れるようになります。

 

最初から試合で実践は難しいと思いますので、基礎打ちや、手投げノックで目線を動かさない練習をしてみてください。

 

飛ぶ方向が心配かも知れませんが、振った方向にしかシャトルは飛ばない様にできていますので安心してください。でも慣れるまでは不安かもしれませんね。

 

日本で上位の現役選手たちのスローモーションのラリーです。

目線までは分からないかもしれませんが、顎があがっていない・頭がそんなにぶれていないのが、映像でもわかります。

彼女達もそういったことができているからこそ、日本で上位、世界でも強い存在になっていってるのだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。ということでお話をしてきました。

 

バドミントンでは、目の使い方を変えていくだけでもミスが減ることがわかりましたね。

具体的には、ロビングなどの時にシャトルを当ててから、天井までシャトルを目線で追わないことが大事です。

 

シャトルを打ったあとは、相手選手の動きを追っていくことで、シャトルに間に合っているのか、体勢が崩れているなどの情報も入りやすくなります。

 

癖でついついシャトルを追ってしまうようであれば、基本練習などの時に意識をして直してみてください。

 

関連記事

バドミントンのレシーブ力を簡単上達させる構えと足の位置

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました