バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。バドミントンの打ち方やコツ
バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントン目線でミスを減らす
バドミントンの目線の使い方でミスを減らす方法をお伝えします。 特にレシーブの時に使える方法です。 なかなか出てこない情報だと思います。 眼球の特徴と使い方をみていきましょう。 ダブルス、シングルスにも活用できます。 サイトでは細かな内容まで記事にさせていただいております。 YouTubeでは集約したものをお伝えし...

↑YouTubeでもバドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。について簡易的な説明をしています。

 

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンは眼球でミスが減る!?

バドミントンでは、眼球がミスを誘っているのをあなたは知っていますか?この話はあまり知られていないことだと思います。

 

バドミントンで眼球の使い方を覚えるとミスが減りますので、是非眼球の使い方を覚えましょう。

 

眼球の動きを別の表現で指導の時には言われています。

体勢を一定にとか、頭を上下させない様にとか

これは、頭が動いたり、体勢が上下すると目がシャトルをしっかりと捉えられないので、体勢を動かさずに取りましょう。

 

とよく聞くこと、言われていることだと思います。

 

今回の解説はこれとも少し違う眼球のクセのお話です。

眼球のクセとは?

 

 

眼球はどんなスポーツをやるにも大変必要なものだと思います。

ブラインドサッカーの様に眼球を使わない競技もありますが、基本的には殆どのスポーツは眼球を使います。

 

そして、どんなスポーツでも眼球の使い方でミスが増えたりしている場合があります。

そんな眼球にはクセがあります。

そのクセとは、動体視力や周辺視野のようなことともまた違います。

 

眼球は上下の動きに非常に弱いのです。

次は眼球の弱点は目の上下の動きについて

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました