バドミントンシングルスの守備パターンはどうすれば良いの?

バドミントンシングルスの守備パターンはどうすれば良いの?

バドミントンのシングルスの守備はどうすれば良いのでしょうか。

バドミントンのシングルスでは、攻撃だけではなく、守備ができなくてはラリーを続けることができません。なので、ラリーをするための守備を覚える必要があります。

 

バドミントンでの守備の種類を見て行きましょう。

 

シングルスでの守備の種類

バドミントンでのシングルスの守備の種類としては、基本はレシーブになります。

レシーブの種類としては・・・

  • ロングレシーブ
  • ショートレシーブ
  • ドライブレシーブ

があります。

ロングレシーブ、ショートレシーブ、ドライブレシーブの特徴と使い方を確認して行きましょう。

 

 

ロングレシーブ

 

ロングレシーブの特徴としては、スマッシュなどを打たれた時に、また大きく返球するショットをロングレシーブと言います。

ロングレシーブをすることで、再び奥へ返球して前に詰めさせない狙いがあります。

しかし、逆に少し甘くなってしまったりすると、逆に決定打を打たれるきっかけにもなります。

 

その部分で使い分けが必要になってきます。

バドミントンの【レシーブ】のコツと練習メニュー

 

ショートレシーブ

 

ショートレシーブではスマッシュなどを打たれた時に、返球をネット前に落としていくレシーブを指します。

ショートレシーブで守備をすることで、相手には連続して攻撃されることを防ぎます。ショートレシーブでは、相手を後ろから前へと大きく動かすメリットもあります。

 

しかし、ショートレシーブが浮いてしまうとそのままプッシュなどで詰められて決定打になる可能性もあります。

 

ショートレシーブの浮きには注意しましょう。

バドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!

 

 

ドライブレシーブ

 

ドライブレシーブとは、相手が打って来たスマッシュが浮いている場合などに、ドライブで返球することを言います。

ドライブレシーブでのメリットは、攻撃をして来た相手の浮いて来たショットを利用して、こちらが沈められるショットを打てることと、速い切り返しをしていくことで、相手を食い込ませるショットを打てるという狙いがあります。

ドライブレシーブは速い展開が得意な人には良いです。

ドライブレシーブの注意点としては、速いショットを打つと早く次のショットもきます。なので、対応ができるように準備をしていくことが大事になります。

 

バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段

 

3つのレシーブのメリットとデメリットを理解する

 

今回はこの3つのレシーブを守備として解説しました。

その中でも、レシーブそれぞれのメリットとデメリットを理解して使う必要があります。

ただ、レシーブをずっとしていれば、攻撃できるチャンスを減らしてしまいます。

 

また、選手によっては、ラリーをすることで相手の消耗を待つタイプのプレーヤーもいるので、あなたにあったレシーブの使い方をすると良いと思います。

 

スタミナのある選手の守備方法

 

スタミナに自身があり、相手の消耗を狙い得点を狙いに行きたい選手は、守備を使い、相手の消耗を狙っていくのも一つの方法です。

大きく動かして体力を消耗させたり、同じ場所に返球を続け精神的にきつくさせていく方法もあります。

その場合には、安定した返球・守備を練習していくと良いです。

 

 

攻撃に自信のある選手の守備方法

 

攻撃に自信があるだけでなく、攻撃が好きな選手は守備をいつまでもしていても、なかなか攻撃に繋がらないです。

なので、どこかで相手に上げてもらい、守備から攻撃に切り替える必要があります。

この場合、ショートレシーブなどで、相手に上げてもらう必要があります。

ユーチューブなどでもトップ選手の試合で見かけますが、ショートレシーブをするだけでなく、打ったネット前まで少し詰めてプレッシャーをかけて、相手選手に返球でネットプレーをさせないように工夫しています。

バドミントン初心者だと難しいかと思いますが、中級者なら、こうした工夫をしていくことで、ロビングを相手選手に上げてもらうことができます。

もちろん、その後に後ろに下がるには、素早くフットワークをして、攻撃できる態勢になっている必要があります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンシングルスの守備パターンはどうすれば良いの?について解説して来ました。

今回の内容で守備することが全てではないこと、そして、あなたのタイプによってもラリーを変化させることで有利に進めることができることがわかりましたね。

あなたに合ったプレースタイルと守備を見つけていただければ嬉しいです。

 

また、今回ご紹介したことが全てではありません。

その他にも色々な守備があります。

色々と試していただき、あなたのシングルスがより良いものになることを願っております。