【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ ◯◯年ぶりにバドミントンを再開したあなた

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉トレーニングの方法
この記事は約6分で読めます。

 

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

 

今回はバドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉というお話をしていきます。

バドミントンを再開してブランクがあるときに必要なことを今回は書いて行きたいと思います。

せっかく再開したのに、怪我でまたやらなくなるひとは結構います。

そうならないようにブランクに負けない体つくりをして行きましょう。

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

 

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

 

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳

何か運動を始めようと思った時に、昔やっていたスポーツは始めやすいと思います。

ブランクはあれど、10代からやっていたから、あるいは、40,50,60の時に少しやっていたから、また再会しよう。

と思う人も多いです。

しかし、バドミントンのブランクがあるのに40歳、50歳、60歳でいきなり初めてしまうと身体を壊す危険もあります。

勿論、たった1日だけ数10分やるなら一向に構わないと思いますが、このブログを見ていると言う事は、本気度が違うと思います。

 

 

そんなマニアックなバドミントンブログに訪れてくれてありがとうございます。

 

 

勿論、40歳50歳60歳ではない人もブランクがある人、ブランクがない人にもこのブログをご覧になっていると思います。すべての人の筋肉に共通している事なので、是非、この記事も読んでもらえれば嬉しいです。

 

 

それでは早速バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉について解説していきたいと思います。

ブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

 

ブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

ブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉

バドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉は、昔だったら腹筋、背筋、腕立て伏せ、スクワットをやっていれば良い。

と言っていたでしょうが、今ではトレーニングも進化して効率的になってきました。

 

難しい事をここでは言いません。

 

 

体幹トレーニングの記事です。このブログの内容に沿って行ってもらえれば大丈夫です。

無理はしないでください。

関連記事

バドミントン体幹トレーニングメニュー。効果と鍛え方。(ストレッチ系・インナー系)

 

ブランクで衰える筋肉

 

ブランクで衰える筋肉

ブランクで衰える筋肉

あなたがもしブランクがあってその間にあまり身体を動かしていなかったら筋肉は衰えています。

バドミントンの場合、筋肉が全身に多く付いていれば強くなれる訳でもありません。

ブランクのある40歳、50歳、60歳のブランクのある身体が怪我をしない為にも必要最低限の筋肉は大切です。

この体幹トレーニングを取り入れれば、基本的なバドミントンに必要な筋肉は身に付きます。

 

ストレッチは筋肉を作る上で重要?

 

ストレッチは筋肉を作る上で重要?

ストレッチは筋肉を作る上で重要?

またストレッチも併せて載せているので、ストレッチ→インナーマッスルと言った形で筋肉を作りあげてください。

腕立て伏せや腹筋、背筋は表側だけも筋肉を育ててしまうため、本当に重要な核の部分まで筋肉を鍛える事ができません。

公園の砂場で砂山の上に木の枝をさして、棒倒しはやったことはありますか?

砂を手で掻いて、棒が倒れたら負けというルールの砂遊びです。

その棒を真っすぐに立てておくと砂を沢山とってもなかなか倒れないんです。

しかし、棒を斜めに挿してしまうとあっと言う間に棒は倒れてしまうんです。

 

つまりこの棒があなたの内側の筋肉です。

 

このインナーマッスルを育てないと、斜めに刺さった棒のようにすぐに倒れて(怪我をして)しまいます。表側を腕立て、腹筋、背筋だけをしていると外側の筋肉は頑丈でも、そうなってしまいます。

バドミントンは筋肉を魅せて点数が上がっていくスポーツではないので、こういった筋肉よりも内側の筋肉を鍛えた方がバドミントンでは良いわけです。

内側の筋肉は柔らかい筋肉

 

内側の筋肉は柔らかい筋肉

内側の筋肉は柔らかい筋肉

外側の筋肉は固くなると解説しましたが、内側の筋肉も鍛えると固くなる。

そうではありません。

内側の筋肉は鍛えてあげれば、弾力のある柔らかい筋肉(これを良質な筋肉という)が作られてきます。

このような良質な筋肉を作り上げれば、突発的に反対側に動かなければならないことが多いバドミントンで怪我をするリスクを減らしてくれます。

1日10分から始められるバドミントンのブランクを埋める方法

1日10分でも良いので、歩いてください。

そうです。散歩です。

それだけでも身体の動きが変わってきます。

バドミントンは無酸素運動なので、なかなか痩せません。

いきなりランニングをすると色々な箇所に故障がでる可能性があります。

始めはじれったく感じるかもしれませんが、ウォーキングからです。

身体が軽く感じたら数分走るもの良いでしょう。しかし、数分にしてください。

そうやってもうちょっと出来る気持ちを抑えてやることが今のあなたの40歳、50歳、60歳の身体を知る事になります。

昔やれていたイメージでやると怪我を必ずします。

急がば回れです。

ブランク明けでこれからバドミントンを楽しみたいのでしたらのんびり身体の内側と心から整えていきましょう。

お互いに頑張りましょう。

 

バドミントン診断↓

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンブランクがある40歳・50歳・60歳に必要な筋肉ということでお話をしてきました。

バドミントンを楽しく続けていくためにもブランクがある方は特に体作りが大切になってきます。

 

ブランクがあるとどうしても昔のイメージでバドミントンをしてしまいます。

その時にはあった筋力もないので、どうしてもケガに繋がりやすくなります。

 

体をもう一度作り、バドミントンを行うことで、ケガも少なくなり、結果も出やすくなります。

ぜひ、筋力をつけて楽しいバドミントンを続けてください。

 

 

→ バドミントンシニアからでもできる周辺視野・初動負荷・加圧トレーニング

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました