バドミントンの【テイクバック】とヘッドスピード、胸筋で速度ある得点に結び付ける

 

バドミントンの【テイクバック】とヘッドスピード、胸筋で速度ある得点に結び付ける
バドミントンの【テイクバック】とヘッドスピード、胸筋で速度ある得点に結び付ける

こんにちは。スゴバドです。

今回はバドミントンのテイクバックとヘッドスピード、胸筋で速度ある得点に結び付けるというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

バドミントンのテイクバックとヘッドスピード、胸筋で速度ある打ち方とショット力を身につける

バドミントンで速度をあるショットを打つ為にはテイクバック・ヘッドスピード、胸筋以外にも様々な場所を使いショット力は伸びますが、今回は

  • テイクバック
  • ヘッドスピード
  • 胸筋

について解説していきたいと思います。

テイクバックとは

テイクバックとはシャトルを打つ前の準備のことを指します。

テイクバックは例えるなら弓矢を打つ時に引いている状態のことをテイクバックと言います。

テイクバックをしっかり行う事で身体のひねりを使えるので、十分な体勢からの速度あるショットを打つ事が可能になってきます。

関連動画

バドミントンの【ラウンド】はコレしかない!インナーマッスル・テイクバック・腕の使い方

 

ヘッドスピードとは

ヘッドスピードとはラケットのヘッド部分のスピードを指します。

ヘッドスピードが上がればショット速度も上がります。

ヘッドスピードはテイクバックから始まる一連の流れから速度が増します。

力を抜いて、力を入れてミートして、力を抜く

この一連の動きをする事でヘッドスピードは上がります。

力をテイクバックからずーっと力んでいるとヘッドスピードは増します。

 

関連記事

上級者の打球音をバドミントンのスマッシュで出す方法

 

 

胸筋とは

胸筋とは
胸筋とは

単純に胸の筋肉です。胸筋が発達しすぎてもよくありません。

胸筋を鍛えるよりもインナーマッスルを鍛えた方がバドミントンのショットの速度も上がり、打ち方としても窮屈でなくなります。

胸筋の前にインナーマッスルの見直しも検討してみてはどうでしょう。

バドミントン体幹トレーニングメニュー。効果と鍛え方。(ストレッチ系・インナー系)

とショットの速度を高める3つのポイントをお伝えしました。

 

ヘッドスピードをあげる胸筋

 

ヘッドスピードをあげるためには、もちろんフォームや力のいれ方も大切です。

今回のテーマでもある胸筋の強化も当然必要ですが、肩まわりの筋力が極端に少ないのは怪我にも繋がってしまいます。

まずは、必要最低限の筋力はあった方が良いです。

力があればスイングスピードも上がるので、ラケットのヘッドスピードもあげることができます。

 

ヘッドスピードはラケットに性質によっても変わる?

ヘッドスピードはラケットに性質によっても変わる?
ヘッドスピードはラケットに性質によっても変わる?

上の画像のように、ヘッドスピードはラケットのシャフトと呼ばれる部分、グリップとガットの貼ってある真ん中の部分をさします。

ここの硬さ、または柔らかさが硬いシャフト、柔らかいシャフトがあります。

筋力の少ない人は、柔らかいシャフトにすることで、ムチのようにラケットのしなりを使う打つことができます。

反対に筋力のある人や柔らかいシャフトで上手に力が伝えられない人は、シャフトが硬いものを選ぶことで、棒を振るようにラケットを使えるようになります。

 

これは、試打をしたり、素振りをして確かめて行くしかありません。

 

 

バドミントン総合案内まとめ記事

下のリンクがスゴバドの総合案内になります。

バドミントンまとめ

今回はバドミントンのテイクバックとヘッドスピード、胸筋で速度ある得点に結び付けるということでお話をしてきました。