バドミントンが強い人の3つの特徴

バドミントンが強い人の3つの特徴ジュニア育成・指導

バドミントンが強い人の3つの特徴

バドミントンが強い人

バドミントンが強い人に備わっている特徴

 

バドミントンの強い人に共通している部分を探して、上達するきっかけを考えていきたいと思います。

バドミントンの強い人の特徴を大きく分けて3つ考えていきましょう。

 

バドミントンの強い人の共通していること

 

バドミントンの強い人の共通していることは反復練習の中に基本あります。

反復練習をしているので、安定したショットや体が覚えている。

 

このようなことが言えます。

その中で3つの共通点をバドミントンの強い人から探っていきましょう。

 

強い人の3つの共通点

 

  • フットワークが良い
  • ラケットワークが良い
  • メンタルが強い

 

この3つが良いことで、試合に勝てる強い選手だと言えるかと思います。

それでは次にさらに細かくみていきたいと思います。

 

フットワークが良い

 

フットワークが良いのが強い人の特徴だということの理由には、とてもバドミントンの上達のために重要な要素が多くあるからです。

 

その上達するための重要な要素とは、シャトルに追いつくことです。

バドミントンでは、シャトルに追いつかなければ、返球できない競技なので、必ずシャトル付近にいなければならないのです。

そのために、シャトルを追える力、フットワークができることがとても重要だと言えます。

 

なので強い人はフットワークが良い人が多く、安定したフットワークでしっかりと返球できる力を備えている人が多いです。

 

 

ラケットワークが良い

 

ラケットワークとは、ラケットから繰り出すショットが無駄な力が少なく打てる人のことを指します。

強い人はラケットワークが良い人が多くて、例えば同じフォームから色々なショットを繰り出すことができる人が多いです。

 

同じフォームから色々なショットが繰り出せるようになると、どのようなショットが来るのかわからないので、相手は反応が遅れたり、思ったように返球できなくなる可能性があり、とてもやりにくくなります。

ラケットワークが良いだけでラリー的に展開も楽になることがわかりますね。

 

メンタルが強い

 

バドミントンで最終的に変わる部分の1つに、メンタルという部分があります。メンタルはフットワークやラケットワークなども兼ね備えたところで強化されることもあります。

元々の考え方でメンタルが強い人もいるでしょう。

メンタルを鍛えるという部分でも、他のフットワークやラケットワークより難しいです。

 

メンタルの強化としては、自信をつけるための努力をする。

このようなことが大切になります。

 

メンタル強化で強い人になる

メンタル強化に欠かせない自信

 

メンタル強化に必要なのは、自信もあります。

例えば、毎日フットワークをしています。これだけしているという自信や女性の場合には、男子相手に練習をしていれば、実際の女子ダブルスでは、スピードのあるショットでも男子のショットに慣れているので自信になります。

このようなことだけでも、意識して試合に挑むようにすれば、慌てないで済む場面は多くあるかと思います。

 

練習意識で身に付くメンタル強化

 

普段から練習をしてこなしていく中で、何を意識して練習に取り組んでいますか?

バドミントンでは、当然ですが、試合を想定して練習メニューも考えられています。

フットワークではシャトルを使いませんが、イメージとしては、シャトルを追うことを意識しなければ、ただ足を動かす行動をしているだけになります。

 

それでは、全く時間の無駄です。

自分の中で試合でのイメージを意識して持ち、その中でフットワークをしなければ、実際にバドミントンの試合では、メンタルは強化されません。

 

試合に強い人は、練習の段階でも取り組み方が変わります。

 

ラケットワークの練習でもメンタルトレーニング

 

ラケットワークなどの練習では、初心者さんにはぜひ素振りをして欲しいのですが、同じくこちらもメンタルトレーニングになります。

どれだけ素振りをしても同じ動きができるように意識していくことで、自信がつきます。

 

また、素振りではフットワークと同じでシャトルが飛んできませんが、シャトルを打つイメージでいることで良いイメージを強く持つことができ、メンタルの強化にも繋がります。

 

また、バドミントンの試合の時には、メンタルの強さはとても左右されるものです。

実力にあまり差がないのであれば、最後の最後にはメンタルが試合を決めてしまうことも多いです。

 

バドミントンの試合で強い人はこうした勝負強さを見せることがあります。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンが強い人の3つの特徴について解説してきました。

 

強い人の特徴として3つの共通点をあげていきました。

  • フットワークが良い
  • ラケットワークが良い
  • メンタルが強い

これだけ見ると当たり前のようにも思えてしまいます。

 

しかし、この中で練習の取り組み方などを変えていくようにすることで、3つにあるメンタルが鍛えられてきます。

メンタルの強化は1番難しい部分です。

その部分を鍛えていくためには、フットワーク、ラケットワークでの取り組み方が重要になってきます。

 

その部分を意識して、あなたもバドミントンが強い人!となるように取り組んで行ってもらえれば嬉しいです。

 

 

 

 

 

コメント

  1. なめこ より:

    僕は外周とかランニングは速いんですが、フットワークとかってなると動きが遅くなってしまいます。なので対応が遅れたり、羽に追いつかないことが多いんですが何か速く動くコツ?とかありますかね〜?

    • スゴバド より:

      なめこさん

      コメントありがとうございます。
      フットワークがおそくなってしまうのですね。

      速く動くコツとのことですが、頭の位置が高くありませんか。
      全体的な態勢が高いと、シャトルを追うときに一度態勢を下げなければいけません。
      するとそこでロスが起きるので、遅れてしまう。
      これが、少しでも態勢が低ければ、スムーズに次の1歩が出やすく、1歩で進む距離も伸びます。

      そのようなところを意識してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました