バドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!

 

バドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!
バドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!

 

こんにちは。スゴバドです。「相手の思い通りにはさせないぞ!」と言う時に・・・

今回はバドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

スマッシュを打たれるとついつい・・・

スマッシュ関連記事

バドミントンスマッシュ最速打ち方と練習方法(安定、打点、角度、速度、筋トレ)

 

相手がスマッシュを打つ。ロングレシーブを上げる・・・そのうち打ち抜かれて決められるんだよね。。。。

 

 

という人いませんか?

 

私もその1人です。

 

これ、なんとかしたいですよね?

 

スマッシュにはショートレシーブで対応しよう。

レシーブにはロングレシーブの他にドライブレシーブとショートレシーブがあります。

 

ドライブレシーブの記事はこちらから

バドミントンのドライブレシーブで展開を有利にする手段

 

もちろん、後ろまでロングレシーブできること、しっかり返球できることはとても大切なんです。

 

ただ、それだけでも相手に取っては「おいしいショット」になってきます。

 

 

なので、ショートレシーブを覚えていきましょう。

 

 

ショートレシーブはスマッシュを打たれたらネット前に落とすようなショットです。

 

ショートレシーブの2つのメリット

ショートレシーブをすると2つのメリットが発生します。

  • 連続でスマッシュを打たれなくなる。
  • 次の展開でロビングがくる可能性があるので、攻守が逆転する

ということです。

連続でスマッシュを打たれなくなる。

これは単純にロングレシーブを上げないので、次にスマッシュを打たれなくなります。

そして、このショートレシーブはロングレシーブの様に振り切らないで済むので、落ち着いてスマッシュが見れれば、ミスの少ないショットなのです。

次の展開でロビングがくる可能性があるので、攻守が逆転する

ネット前にショートレシーブをするので、相手がロビングをあげてくれることが多くなります。

そうすると、あなたが攻撃に回れる可能性が多くなります。

 

ダブルスの場合は、あなたのパートナーに良いロビングをプレゼントできるでしょう。

 

そうすると、パートナーはスマッシュやクリアなどが打てます。

ショートレシーブのデメリット

これはどのレシーブにも共通していますが、毎回同じコースにショートレシーブをしていると相手はわかってしまうので、特にダブルスでは、前衛が詰めてきている所にショートレシーブを打つのは危険です。

 

なので、コースの振り分けで、前衛の張っていない反対側にショートレシーブをしたりできるとよりレシーブが楽しくなります。

まとめ

ロングレシーブが苦手な人は、このショートレシーブを覚えることで、相手にとってはなかなか上げてくれないプレーヤーとなり有利になります。

ショートレシーブを覚えて自信がついたら、ロングレシーブでも返球できる練習をすると良いかもしれません。

 

ショートレシーブもロングレシーブも基本は一緒です。

 

シャトルがきたら、ラケットの面をシャトルに合わせる。

「面を作る」

これが大切です。

ただ闇雲にラケットを振ってロングレシーブをしても当たりません。

ショートレシーブで面を作ることを覚えてみてはどうでしょうか?

 

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はバドミントンでショートレシーブをコントロールするとこうなる!ということでお話をしてきました。

 

ロングレシーブをしっかりと返せることはとても素晴らしいことですが、ロングレシーブをずっと行っていては勝てません。

それよりも連続して打たせないためにはどうしたらよいかを考えていくとあなたのレシーブの幅が広がるとおもいます。

 

1つの戦法として使っていただけたら嬉しいです。

 

関連記事

バドミントン眼球の使い方。目でミスが減る。