バドミントンのレシーブのコツと練習メニュー

こんにちは。スゴバドです。「レシーブが取れない」「コツってなになに?」

バドミントンのレシーブのコツと練習メニュー
バドミントンのレシーブのコツと練習メニュー

 

今回はバドミントンのレシーブのコツと練習メニューというお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

自己紹介

バドミントンをやっていくとスマッシュは速いのにレシーブができない為、ある程度のレベルになると勝てなくなる選手を見かけます。

わたしもそうですが、

  • もっとレシーブが出来ればもっと強い相手に勝てるかもしれない。
  • レシーブの返球を思っているコースに打てるようになればもっとバドミントンが楽しくなるのに。

なんて思った事ありませんか?

 

そうなんです。バドミントンではレシーブが出来るようになると断然強くなれるのです。

そして、レシーブはちょっとしたコツで上達します。

 

レシーブのコツを見ていきましょう。

 

バドミントンが上手くなる練習メニュー。レシーブの打ち方編

まず、グリップの持ち方から説明します。

グリップはフライパンを持つ様な持ち方をします。

一番面積の広い部分に親指を置きます。

いわゆる、バックハンドでグリップします。

フォアハンドで最初から構えているとバックハンドを使わないといけない場面で使えなくなります。

逆に言うとバックハンドで殆どのスマッシュがレシーブできるのです。

なので、まずはバックハンドを覚えましょう。

そうする事でレシーブ出来る範囲も大きくなるので、楽しくなると思います。

 

バックハンドでレシーブが上達するために簡単にできる2つの事

バックハンドでレシーブが上達する為に、まずはバックハンドの練習をしてください。

こちらは前の章でお話をした理由からです。

殆どのレシーブはバックハンドで対応できてしまいます。

 

次にこれだけをやるだけで上達する2つの事をお伝えします。

 

もし、あなたが肩から腕全体を使ってラケットを振っているなら、今より絶対にレシーブが上手になります。

バドミントンのコツ①レシーブで腕からは振らない。

バドミントンのコツ①レシーブで腕からは振らない。
バドミントンのコツ①レシーブで腕からは振らない。

バドミントンのスマッシュは特に返って来る速度が早いです。

その為、1球だけの返球なら腕全体を使っても返球できます。(肩を支点・中心に)

ところが相手が強くなってくると2球、3球と返球しなくてはならない場面が出て来ます。

その時に腕を振ってレシーブをしていると間に合わなくなります。

ではどうすればいいでしょうか?

肘から先でレシーブします。

肘を支点(中心)にしてラケットを振ってシャトルに当てにいきます。

腕はピタッとくっつけてしまうと窮屈になるので、脇の下にコブシ大くらいの隙間を作ると楽に振り切れます。

関連記事

バドミントンのコツ②レシーブで常に手の位置を決めよう。構え編

バドミントンのコツ②レシーブで常に手の位置を決めよう。構え編
バドミントンのコツ②レシーブで常に手の位置を決めよう。構え編

レシーブをする時に利き手の位置を必ず決めておきましょう。

利き手の位置を決めたら、その場所にレシーブしたら必ず手を戻しましょう。

そうする事で次にスマッシュが来たときでも対応が出来る様になります。
構える位置は意外におろそかになっているものです。
もう一度レシーブの構えを確認をしてみてはいかがでしょうか。

バドミントンのコツ③レシーブはただ上に上げるだけがレシーブではない。

レシーブは上げるだけがレシーブと思っている人もいますが、実はその他にもレシーブの種類があります。

  • ロングレシーブ
  • ハーフレシーブ
  • ショートレシーブ
  • アタックレシーブ
  • カウンターレシーブ

このように多くのレシーブの種類があります。

ロングレシーブは一番ポピュラーなレシーブではないでしょうか。

ハーフレシーブはロングレシーブとショートレシーブの真ん中にレシーブすることを言います。

ショートレシーブは前に落とすレシーブです。

このショートレシーブを女性が覚えるとミックスダブルスに多く活用できます。

バドミントンミックスダブルスのコツ(戦術)

アタックレシーブ、カウンターレシーブは攻撃的な要素が多いレシーブですね。

守りながら攻撃に転じたり、守っていながら攻めている人を崩すレシーブの事を指します。

 

ですから、初心者の人でもレシーブが下手でどうしたら良いですか?

と聞かれる事もありますが、ショートレシーブが上手な人も多いんです。

勿論、ロングレシーブをやれたらそれはそれでよいのですが、まず

面を合わせて返せるかどうか

これがとても重要なので、このショートレシーブから覚えていくのも自信にも繋がるし良いと思います。

レシーブはやだ!

と思わずに、楽しみながら覚えてほしいと思います。

気が向いたら、試してみたらどうでしょうか?

 

バドミントンのレシーブのコツ 練習メニュー

レシーブ練習メニューは壁打ちです。

1人で行える練習メニューです。

1人で行える練習メニュー関連記事

レシーブのコツを掴む為には壁打ちはとても大切な練習メニューです。

壁から1m〜2mくらい離れたところから壁に向かいシャトルを壁に打ち続けます。

壁打ちは続けるのが思っているよりも難しいです。

慣れてくると回数がこなせる様になります。

この練習メニューの壁打ちはバドミントンの基本の「グリップを握る」を身体にしみこませてくれる練習メニューです。

レシーブだけではなくてバドミントンの「打つ」ということに精通しているインパクトの瞬間のコツを覚えることができる練習メニューです。

なぜ、インパクトが覚えられる練習メニューなのかというと、しっかりインパクトで握ってレシーブをしないとシャトルが壁に当たった後に失速して自分の手元まで返って来なくなります。

その為に壁打ち練習メニューでは、打つ時にグリップを握る動作ができないと回数がこなせません。

 

バドミントンのレシーブのコツ 練習メニュー2

レシーブのコツを掴むための練習メニューはほかにもあります。

スマッシュ交互はやった事ありますか?

それを2本交互で行う練習メニューがレシーブ強化に役立ちます。

レシーブの2本交互の練習メニューを簡単に説明します。

半面で行うレシーブ2本交互の練習メニュー

Aロングサーブ

Bスマッシュ

Aロングレシーブ(できる限りバックハンドで)

Bスマッシュ

Aショートレシーブ(ネット前へ落とす)

Bロビング

Aスマッシュ

Bロングレシーブ(できる限りバックハンドで)

Aスマッシュ

Bショートレシーブ(ネット前へ落とす)

Aロビング

とこれを繰り返します。

初心者同士で続かない時は中級者と初心者などで組ませてやる方が上達します。

または片側のみレシーブを続けるパターン練習メニューもあります。

Aロングサーブ

Bスマッシュ

Aロングレシーブ

Bスマッシュ

Aドライブレシーブorハーフレシーブ

Bドライブorネット前に落とす

Aロビングorロングレシーブ

 

上記を繰り返すパターン練習メニューです。

 

スマッシュレシーブをクロスに返球するコツ

質問で多いのが、『スマッシュレシーブをクロスに返球したい!!』

といった内容です。

特にダブルスでの展開の場合、ストレートにしか返球ができないと前衛に詰められてしまい、そのまま攻めきられてしまう・・・

 

なんてこともあります。

そうならない為にもクロスへの返球を覚えて行きましょう。

今回は、初心者にもできることを動画にしてみました。

 

こんなに簡単なことだけでも、クロスへの返球ができるようになります。

試していただければ嬉しいです。

関連記事

バドミントンのレシーブ力を簡単上達させる構えと足の位置

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、バドミントンの【レシーブ】のコツと練習メニューについて解説をしてきました。

バドミントンでのレシーブの重要性と言うよりも、『苦手』な人が多いと思います。

 

その中で、スゴバドのような『文章』から上達される方と視覚的に動画などから上達される方が居ます。

もしも、あなたが動画などからの方がわかりやすい。

と思うのであれば、スゴバドの管理人が実際に見て良いと思ったものをご紹介させていただいております。

しかも8つの特典をつけてお届けしております。

この特典が付くのは『スゴバド』だけです。

 

あなたに合う1本を探してみてください。

日本のナショナルチームのコーチのDVDやジュニアの常勝チームの指導方法や練習方法が学べます。

バドミントン上達革命~トップ選手になりたい中・高校生へ~ 【埼玉栄男子バドミントン部コーチ 山田秀樹 監修】DVD2枚組