【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

バドミントンのホームポジションでの構えは1つの方向をみること

バドミントンのホームポジションでの構えは1つの方向をみることフットワークが速くなる練習
バドミントンのホームポジションでの構えは1つの方向をみること
この記事は約2分で読めます。

 

バドミントンのホームポジションとは

バドミントンのホームポジションでの構えは1つの方向をみること

バドミントンのホームポジションでの構えは1つの方向をみること

バドミントンのホームポジションとは、シャトルを打って戻る場所のことをさします。

シャトルを打ってそのままでも良いのですが、そうすると、次に相手が返球してくる場所は一番遠い場所だったときに、間に合わなくなります。

 

そうならないためにホームポジションがあります。

では、なぜホームポジションがあるのか詳しくみていきましょう。

 

 

なぜホームポジションに戻るのか?

 

ホームポジションに戻ることなくその場にいると穴が大きくなります。

そうしたことが極力無い様にどこにシャトルが飛んできても間に合う様なポジションのことを『ホームポジョション』と言います。

フットワークだけではなく、しっかりとホームポジションに戻ることで、フットワークも基本に近い歩数で動きやすくなります。

 

関連記事

→ バドミントンのフットワークの歩数は3歩で良いの?

次はホームポジションに戻る意味について

⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

タイトルとURLをコピーしました