【打ち方】を見なおして、今よりも2倍勝つ!9つのショット改善方法!【無料】『技』マニュアル

▲技マニュアルについて▲

ここだけでしか届かない情報を配信中!

【無料】の『技』マニュアルを見てほしいひと

✔️ 初心者でも【ズバ抜けて】強くなりたい

 ✔速いスマッシュ打ちたい

✔️ フットワークを速くしたい

✔️ 子供を上達させたいあなた

バドミントン上達するために分かりやすく9つのショット別に解説してあります。

初心者〜中級者の上達するための『ノウハウ』がつまっています。

タップして無料でもらう

カットスマッシュの打ち方!試合を有利に進めていく2つのやり方

カットスマッシュの打ち方!試合を有利に進めていく2つのやり方スマッシュの打ち方
カットスマッシュの打ち方!試合を有利に進めていく2つのやり方
この記事は約5分で読めます。

カットスマッシュが試合中に使えるようになると、カットスマッシュとスマッシュの違いだけではなく、どのようなショットが来るのかわからなくなり、とても相手としては、嫌なものになります。

 

カットスマッシュの打ち方と試合で有利に進めていくやり方を考えていきましょう。

 

カットスマッシュの打ち方とは

カットスマッシュとスマッシュの違い

カットスマッシュはスマッシュとは違い、ラケット面を切って打つショットになります。

一方スマッシュは、ラケット面を切らずにフラットに当てるショットになります。

カットスマッシュの打ち方!試合を有利に進めていく2つのやり方

カットスマッシュの打ち方!試合を有利に進めていく2つのやり方

 

ラケット面を真上からみた画像です。

左の画像では、スマッシュのシャトルが当たる瞬間です。

スマッシュの場合には、面がフラットになり、正面からシャトルを迎えることになります。

そして、カットスマッシュでは、面を切ることから、カットスマッシュと呼ばれ、シャトルが当たる瞬間には、面が切れることになります。

 

カットスマッシュの音

 

カットスマッシュの場合には、スマッシュの時と音が変わります。

当然ですが、カットスマッシュの場合には、ラケット面が切れるので擦れるような音がします。

 

スマッシュのフォームでカットスマッシュを打つ

 

カットスマッシュを打つときにだけ、フォームが変わってしまっては、カットスマッシュを打つことが相手にわかってしまいます。

スマッシュのフォームでカットスマッシュが打てる練習をしていきましょう。

 

カットスマッシュを同じフォームで打つ簡単な方法

 

カットスマッシュを打つために斜めに擦るなどするとフォームが崩れやすくなります。

しかし、それだと、フォームがスマッシュとは違ってしまったり、ミスが多くなってしまうことがあります。

なので、ここでは同じようなフォームで簡単に打てるようにする方法をお伝えします。

 

握り方を最初から変えて打つ
カットスマッシュとスマッシュの違い

カットスマッシュとスマッシュの違い

カットスマッシュを打つときに、すでに握り方を変えて打てるように練習していくようにしましょう。

カットスマッシュの時は、右利きでは上の画像のようにラケット面が斜めになるようにしていきます。

右利きの場合、真上から見るとラケット面の右側が先に出ていくイメージです。

左利きの場合には、真上から見るとラケット面の左側が先に出ていくイメージになるので、画像とは反対になります。

 

カットスマッシュの握り方

 

カットスマッシュの握り方は、グリップの8角形の細い面に親指を添えるような形でラケットを握るよ面が斜めになるので、いつもの打ち方で、ラケットの握り方だけを変えていくようにします。

 

そうすることで、カットスマッシュの握り方になります。

 

 

試合でのスマッシュとカットスマッシュのやり方(戦術)

 

試合では、スマッシュばかりを打ってるいても決まらないものです。

また、最初のうちは効果があっても、相手がスマッシュに慣れてしまうと全く通用しなくなる場合もあります。

その場合にカットスマッシュを混ぜて打つことで、相手のタイミングを崩すことができるようになります。

 

緩急をつける

 

また、スマッシュとカットスマッシュを打つことで、速度の差をつけることを緩急をつけると言います。

緩急をつけることで、相手の選手はどのショットが来るのか悩まなくてはならなくなります。

 

カットスマッシュ、スマッシュの2つだけでも緩急がつけられるようになるのです。

 

カットスマッシュがネットに引っかかる場合

 

カットスマッシュが入りにくい場合には、工夫をしなくてはいけません。

カットスマッシュが入りにくい理由もあります。

 

ラケット面がカットスマッシュの場合には、切れているため、通常のスマッシュよりも失速しやすく、落下するのが早いです。

 

なので、ラケット面が切れてしまっている分、打点を少し早めにすることで、スマッシュの時よりも高めな分、距離も少しだけ伸ばすことができるので、ネットを超えていくカットスマッシュが打てることになります。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか。

今回は、カットスマッシュを使い試合を有利に進めていく2つの方法について解説をさせていただきました。

 

カットスマッシュとスマッシュの大きな差は、

  • ラケット面の作り方
  • 速度

この2つが大きく変わることがわかりましたね。

また、カットスマッシュとスマッシュを同じ打ち方をすることで、相手にとっては、非常に取りにくいショットになります。

カットスマッシュとスマッシュの緩急が使えるようにすることで試合でも有利に展開することができます。

 

また、カットスマッシュは、球威がスマッシュに比べて遅くなるため、失速しやすく、スマッシュと同じ打点だとネットに引っかかりやすくなります。

なので、少し、スマッシュよりもクリアに近い打点でインパクトを迎えることでネットに引っかかりにくくなります。

そして、そこから調整していくことで、もう少し沈めていったり、浮かせることができます。

なんどもカットスマッシュを打って練習してコントロールができるようにしていきましょう。

 

また、スマッシュについての関連記事はこちらからご覧ください。

バドミントンのスマッシュ最速打ち方と【練習方法】

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました