バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝・トレーニングラケット)

 

ジャンピングスマッシュのコツ

バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝・トレーニングラケット)
バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝・トレーニングラケット)

ジャンピングスマッシュのコツはどのような所にあるのでしょうか。

ジャンプスマッシュをする前に通常のスマッシュよりも高い打点でとらえないとならないので、早く打点の下にいる必要があります。

 

今回はバドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝・トレーニングラケット)というお話をしていきます。

ジャンプスマッシュは初心者から中級者になるくらいから『ジャンプスマッシュを打ちたい』と思うものです。

確かに格好いいですし、バドミントンの中で一番華があるショットです。

また、探究心があるのはとても良いことです。

遊びでもいいので一度ジャプスマッシュを練習してみてはいかがでしょうか。

そして、日本代表の女子でもジャンプスマッシュをする選手もできていますので、女子もチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人の自己紹介です。

自己紹介

バドミントンの上達の為のコツは、大きく分けて2つ。

ラケットの打ち方(ラケットの振り方)とフットワークが重要だと考えています。

こちらのブログではなるべく専門用語を使わないで初めてバドミントンをやる人から中級者でもわかりやすく解説していければいいと思っています。

ジャンプスマッシュにチャレンジ

バドミントンでは攻撃力NO1のショットがジャンプスマッシュではないでしょうか。

そのジャンプスマッシュにチャレンジしてみましょう。

今回の記事では基本であるスマッシュが打てている事を前提に解説します。

通常のスマッシュの打ち方からチャレンジして欲しいと思います。

関連記事はこちらからどうぞ。

 

ジャンプスマッシュの利点

  • 角度
  • 威嚇
  • 次への動作をスムーズに

という3つのメリットがあります。

背が低い選手でもジャンプスマッシュをする事で長身の選手より角度のあるショットを打つ事も可能です。

ジャンプスマッシュをする事で上から襲われる様な威嚇が可能です。

次の動作をスムーズにできるメリットがありますが、ジャンプを後ろから前へ行ったときのみのメリットです。逆に前から後ろに飛びつきながらのジャンプスマッシュは全体的に次の動作が遅れるのでデメリットになります。なので、打点より更に後ろから斜め前にジャンプスマッシュするイメージでいくのが理想です。

関連記事

バドミントンスマッシュが引き出す4つの効果

 

 

バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝への負担)

バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝への負担)
バドミントンジャンプスマッシュにチャレンジ(筋肉・膝への負担)

バドミントンのジャンプスマッシュにチャレンジする際の筋肉、特に膝への負担について解説していきます。

ジャンプスマッシュをチャレンジするにはまず膝への負担がある事を覚えておきましょう。

ジャンプスマッシュはかっこいいし、華があります。

しかし、その代償も大きいので、膝周りのトレーニングをしっかりと行いジャンプスマッシュにチャレンジして欲しいとおもいます。

膝は靭帯というもので繋がれており、その部分が断裂しやすくなります。

私も昔膝の靭帯をバドミントンで断裂しています。

半月板も膝の怪我で多いです。これまた私は靭帯と一緒に怪我しております。

なので、膝の怪我や痛みのある選手は膝周りの筋肉をつけて、靭帯をカバーするのがよいです。

膝周りが大丈夫なら怪我はしないのか?

というとそういう訳ではありません。

筋肉をつけても今度はアキレス腱や足首の怪我も可能性はあります。

ここは私が考える怪我との付き合い方は出来る限り予防して怪我をした時に最小限に止めたりする事なのではと常々思っています。

ジャンプスマッシュの練習

 

ジャンプスマッシュの練習方法としては、ある程度打点の下に居て、そこから手投げまたは、ノック形式でシャトルを出してもらうと良いです。

 

ジャンプスマッシュのタイミング

ジャンプスマッシュのタイミング
ジャンプスマッシュのタイミング

ジャンプスマッシュのタイミングは飛びついて頂点が良さそうに感じますが実は違います。

ジャンプをして少し体が落下したところでシャトルを当てると良いです。

理由は2つあります。

  • 沈むため
  • 体重が乗るため

このような効果があるので、スマッシュ自体も速くなります。

 

ジャンプした頂点でジャンプスマッシュを打つと

 

頂点または、飛び始めで頂点に達していない時に打つと・・・

  • シャトルが浮く
  • 体重が乗らないのでシャトルが軽くなる

このようなことになります。

ジャンプをして、角度が出せるのにシャトルの軌道が浮いてしまったり、

角度がなく、軽いスマッシュになってしまっては勿体無いですね。

 

 

ジャンプスマッシュの足

ジャンプスマッシュの足
ジャンプスマッシュの足

ジャンプスマッシュを打つ前の足は膝を曲げ、両足の裏に一度重心を乗せて、真上よりも前でインパクトを向かえるようにしていくと良いです。

この下にある動画がジャンプスマッシュの足の練習としても良いですし、とても参考になります。

バドミントンでのトレーニングラケット

 

バドミントンでのトレーニングラケットとは通常のラケットよりも少し重たく出来ています。

これも使い方を誤ると怪我に繋がりますので、トレーニングラケットを用いる際もなるべく過度に使用せず例えば5分使用したら、通常のラケットに戻すなどして使ってください。

慣れれば、長い使用も考えてもよいでしょう。

トレーニングラケットをなぜ使用するのかというところですが、スイングスピードも付けられる様になったりパワーも付きます。

インナーマッスルのトレーニングと併用して強化してはどうでしょうか。

 

強烈なジャンプスマッシュが打てるといいですね。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

関連記事

【保存版】バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習30の方法