バドミントンが上達するためのコツ

【記事の信頼性】
・バドミントンの実績を掲載
・初心者から上達する過程を知っている
・コーチングなどを通し日々上達するコツを考察

タップして無料でもらう

バドミントンのコツと試合で勝てる方法

ドライブはダブルス・シングルスでも使えるバドミントン戦術
ドライブはダブルス・シングルスでも使える
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。スゴバドです。「バドミントンの試合で勝ちたい!勝てる方法とかコツはあるの?」それではお答えしましょう。
今回は バドミントンの試合で勝てる方法  勝ち方 のコツはコレ!というお話をしていきます。

2015年に1度のみですがBWF世界シニアの日本代表になったスゴバド管理人です。

⇒ 自己紹介

 

バドミントンのコツと試合で勝てる方法

バドミントンのコツと試合で勝てる方法

 

ショットの精度をあげるのがコツ

スマッシュ安定のためのコツ

スマッシュ安定のためのコツ

スマッシュ安定のためのコツ

スマッシュを安定させたい!コツはありませんか?

このような質問をよくメルマガ読者さんからもいただいています。

 

原因は様々ですが、まずミスをしない安定させるには、100回素振りをしたら、100回とも同じフォームができれば安定してきます。

いつも違う振り方をしていればミスは増えてしまいます。

そうならないように鏡の前などでフォームのチェックをしてみてください。

 

スマッシュの安定のための練習は早いノックなどではありません。

1本1本をチェックする形で10本を1セットにして、フォームの確認をしながらスマッシュを打つ練習をしてみるのもよい練習になります。

 

関連記事

→ バドミントンのスマッシュ最速打ち方と練習方法

 

 

サーブをミスしないためのコツ

 

サーブはバドミントンの中でもとても重要なショットです。

サーブをネットにひっかけてしまうだけで、相手に1点入ってしまうのです。

 

ダブルスのサーブのコツ

ダブルスのサーブのコツとしては、相手にできる限り打たせないサーブを打つことです。

浮いてしまうとプッシュなどの強いショットがきます。

 

できる限りプッシュを打たせない。

プッシュを打たせたとしても強打させないように打てる練習をしていきましょう。

 

シングルスのサーブのコツ

男子シングルスでは攻撃的なシングルスになってきていて、バックハンドでショートサービスから始める選手も増えてきました。

女子シングルスでは世界のトッププレーヤーではフォアのロングサービスからスタートする選手が多いです。

ロングサービスではコントロールが難しくなります。

あなたが狙った場所にしっかりと打てるか確認しながら練習していきましょう。

 

関連記事

バドミントンのロングサーブ・ショートサーブの打ち方のコツと種類

 

 

ネットにかからないドロップのコツ

 

ドロップがいくらよくても、ネットに引っかかってしまっては、相手に得点を与えてしまうことになります。

コツとしては、ドロップは力がいらない弱いショットなので少しの力でもネットを越えてくれます。

 

そのためにもう少しゆるくしてみよう。すれすれを狙おうとしたときにミスが増えます。

順序としてはネットミスを減らし、そのあとに距離感覚を掴んで行くように練習するといいでしょう。

 

次は奥までクリアを飛ばすコツ
⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇⬇

コメント

  1. レイ より:

    とてもためになりました

    • スゴバド より:

      レイさん

      コメントありがとうございます。

      気になることがありましたら、『スゴバド ◯◯』とヤフーかGoogle検索していただければ見つかると思います。
      これからも『スゴバド』を見て頂ければ嬉しいです。

    • りさ より:

      私もためになりました

      • スゴバド より:

        りささん
        コメントありがとうございます。
        その他バドミントンで気になることなどありましたら、お気軽にコメントください。

  2. あっきー より:

    明日の試合にいかせそうです。^^

    • スゴバド より:

      あっきーさん

      コメントありがとうございます。

      記事が参考になれば嬉しいです。

      試合に入る前の行動はとても大事です。

      良い結果になることを願っています。

      バドミントンの試合頑張ってください。

  3. さかな より:

    中学1年の初心者です。
    リアクションステップを意識しようとしているのですが、シャトルが来たときに夢中になって忘れてしまいます。
    どうしたら自然にすることができますか?
    あと、フォア側にレシーブが来たとき、とっさにラケットの握りかえができません。どうすればいいか教えて下さい。

    • スゴバド より:

      さかなさん
      コメントありがとうございます。
      試合で突然おこなうとなかなか難しいかもしれませんが、基本などをおこなっているときに試してみると良いです。
      また、コートに入れない時に、さかなさんがコート内にいるイメージでリアクションステップをおこなってみてください。

      フォアのレシーブについてですが、おそらく構えている場所もバックハンド寄りに待っていませんか?
      右利きであれば、だいたい右の拳が右ひざと同じライン上にあればフォア側の処理もじょうずになります。
      また普段、打っていない時や、空き時間などにグリップの入替えの練習をおこなうのも上達をはやめてくれます。
      がんばってください。

  4. ジョン より:

    すごいためになりました!
    質問なんですが、自分が練習しているところはコート数が少なくダブルスの練習しかしてませんシングルを強化したいのですがシングルのフットワークでどう動けばいいか教えてもらえませんか?

    • スゴバド より:

      ジョンさん
      コメントありがとうございます。
      みんなが休憩しているときに、フットワークをさせてもらったり、場所が殆どないのであればチャイナステップなどを導入していただくと、柔軟なフットワークができるようになります。

  5. ワンピース より:

    小学校3年の子供が試合中にうまくいかなくてイライラして投げやりになります。
    どうにかして平常心を保つためにルーティーンを決めたり、イライラせずに試合をすれば結果が伴わなくても仕方ないと言い聞かせ、「イライラしなかったポイント」を貯めて本を買う、などと色々試しているのですが一向に改善の兆しが見えません。監督からも指摘されています。何かいい方法があれば教えていただきたいです。

    • スゴバド より:

      ワンピースさん

      コメントありがとうございました。
      色々と試しているとは思いますし、本人も解決方法がわからないから更にイライラするのだと思います。

      こんな質問はされているでしょうか?
      『バドミントンの最中になぜイライラするのか?』
      答え例1、「ミスしたくないのにミスをしてしまう時にイライラする」
      『ミスをしないためにはどうすればいいと思う?』
      答え例2、「ミスを減らす練習をする」
      『どんな練習がいいかな?』
      答え例3、「ノックがいいのかな?シャトルを使った練習とかはどうかな?」
      『どの部分のミスが特に気になる?』
      ・・・・

      ワンピースさんのお子さんの場合はどうなのかわかりませんが、ジュニアでは、比較的アドバイスを言われっぱなしな部分が多いかと思います。
      もちろん言われたことをやることも大切だと思いますが、自分の気持ちを伝える場所が欲しいのかもしれません。

      なので、親子であれば、本当にやりたいことなどを探るのも良いかもしれませんね。
      また、イライラする気持ちは実は『悔しく』てそうした態度に変換されているのかもしれません。

      悔しくて、泣く人もいます。笑ってごまかす人もいます。イライラしていると短所に感じる部分もありますが、表現の仕方はいくつもあります。
      仮に悔しい気持ちで、イライラしているのであれば、『負けず嫌い』という長所を伸ばして行けたら、少し先に分岐点が現れるかもしれませんね。

      大したことが言えずに申し訳ございません。
      良い方向に向かうと良いですね。
      応援しています。

  6. ドーナツ より:

    こんにちは。バド初心者の者です。私は1度負けてしまうと、今まで勝っていても、負けてしまった、というイメージが強く、イメージに縛られてしまい勝てません。気持ちの問題だと分かっているし、勝てると思わないと勝てない、とは何度も言われて、その度に絶対勝つ!と思えるのですが次の日にはやっぱり無理。と思ってしまいます…馬鹿らしいとは思いますが絶対勝てる!といつでも思えるためにはどんな事をすれば自信がつくようになるか教えて欲しいです。

    • スゴバド より:

      ドーナツさん
      コメントありがとうございます。
      絶対ということはありませんが、考え方に多くの点を作ると良いかと思います。

      バドミントンで試合に勝つためには、自分の点数を21点x2=42点以上取らなければバドミントンでは勝てません。
      当たり前のことを言っていますが、実はこれが結構辛いです。
      しかし、1点だけ取ろうと考えればどうでしょうか?
      それの繰り返しを行うことで、42点以上が取れれば試合には勝てるというのがバドミントンです。

      また、1つのショットだけでも良いので、絶対に決める!ではなく、必ずこの場所にコントロールできるショットがある!というのも自信に繋がると思います。
      何かきっかけが見つかれば良いですね。

  7. ユナ より:

    中学2年です。
    初めてダブルスを組みました。
    私は、どちらかというとメンタルが強くはないので、メンタルがやられると全く打てなくなってしまいます。
    相手からの試合中のアドバイスも「私もここで打たなかったのは悪いけどあなたもここが悪い。」というアドバイスです。
    モチベーションが下がってしまうのですが、どうすれば良いでしょうか。

    • スゴバド より:

      ユナさん

      コメントありがとうございます。
      メンタルで自分の出せるものが変わってきてしまうのは、誰しもだと思います。
      ユナさんも必死に崩れないようにしたい!!という気持ちが伝わってきます。

      そして、自分自身で崩れるのではなく、パートナーに崩されるのはとてもつらいですね。
      このような考え方はいかがでしょうか。

      たとえば、悪い=良いと変換してみてはどうでしょうか。

      「私もここで打たなかったのは悪いけどあなたもここが悪い。」
      ではなく、
      「私がここで打てたら良かったけどあなたもここが良くなればもっとふたりで点数がとれる。」

      試合中でのやり取りって本当に難しいです。
      気持ちも高ぶっているので、ピリピリしやすいですし、あまり長くも話せないので言葉が足りなくなることも多いです。

      なので、自分で変換していくように心がけてください。
      また、試合が終わってすぐではなくて、落ち着いてから話し合いをすると、意外に整理ができて、次にどのようにしていけば良いかまとまると思います。
      冷静になった状態でお互いの意見を言うこと。
      意見は次に繋がるために話し合いをすること。

      このようなことをお互いにきめて話すと次に繋がる話し合いができるかと思います。
      ユナさんひとりではなく、ふたりでそのようなこときめると良いです。
      根気よく普段から話し合いをすることで信頼も生まれるものです。

      がんばってください。

  8. みこゃん より:

    私は試合になるといつもアウトとネットの連続で上手く気持ちも切り替えられず相手に負けてしまいます。
    サイドアウトを減らすにはどうしたらいいですか?また何を意識したらいいですか?

    • スゴバド より:

      みこゃんさん

      コメントありがとうございます。
      試合のときは特にミスを1つするとあせってしまうものですよね。
      試合中にミスをした時の考え方についてスゴバド管理人はこのように考えています。

      1本ミスをしても21ポイント相手に入るわけではないので、次頑張ろう!!です。
      これは連続ミスをしたときも同じです。

      たまに対戦相手でも1本のミスだけなのにすごく落ち込んでもう終わりだぁ〜というような顔をしてプレーする方が居ます。
      これは相手にとってみればとてもラッキーだと感じます。

      なので、私が1本ミスしても相手もミスしてくれる。
      これくらい開き直ってみるのも1つの考え方だと思います。

      サイドアウトに関しては、サイドのラインをすれすれねらうのではなく、コートの内側を狙ってみてはいかがでしょうか。
      もちろん体制が崩されてしまい狙うことが難しいときもあると思います。

      そのような時に無理にサイドラインを狙えば余計にサイドアウトしてしまいます。
      なので、内側でコントロールをしていき、自分の思い通りシャトルが飛ぶようになったら、シャトル1つ分くらい外側を狙ってみてはいかがでしょうか。
      がんばってください。

タイトルとURLをコピーしました